日々のこと

季節のおすすめ(ギャラリー手仕事)

2018年5月17日

最近は夏日のようなお天気が続いています。
ギャラリー手仕事では、イブルや保多織のシーツが動く季節となりました。
どちらも1年中活躍するアイテムですが、特に今からの季節はさらっとして気持ちがよいのでおすすめです。

iburuzyosetsu.jpgbotaorisitsu.jpgツムギさんとシューレでつくったオリジナルの保多織のお洋服も好評です。
ワイドパンツやスカートが人気です。先行してボトムスが揃っておりますが、シャツを今つくっていただいておりますので、たのしみにしていてください。

tsumugiandoschule.jpg

他にもこれからの季節におすすめのアイテムがございます。

丸亀うちわ「瀬戸の夕凪」税込3,456円
見た目の涼しげなフォルムと、骨が透けるほど薄く漉かれた極上の土佐和紙から生み出される風。
一本一本、すべての工程が手作りです。まごころのこもった優しい風を感じてください。シューレのオリジナルでつくっていただいています。

setonoyunagi.JPG

「スペック染めの扇子」税込4,860円
デニム時のような味わいのあるムラ感がカジュアルな印象です。普段のスタイルにも自然に取り入れやすい扇子です。
糸をゆったりとした輪にして束ねた「かせ」の状態で染める「スペック染め」という方法で染められています。一般の染め方より手間がかかる分、なんとも言えない糸本来の風合いがあるのが特長です。付属で扇子入れもついています。父の日にもおすすめです。

speckzomesensu.JPG
「丸亀うちわ」税込1296円
こちらは、うちわ工房三谷さんがつくる丸亀うちわ。2013年の瀬戸内国際芸術祭で生まれたデザインです。シューレではお土産の定番品として人気です。5月〜夏にかけて種類を取り揃えております。
marugameuchiwa.JPG

最後は音のなるオブジェ「竹音琴」税込5,400円
竹音琴で「ちくおんきん」と読みます。竹の枝の一番下のパーツをつまんで、上へと引き上げて指を離すと、竹の枝がカラカラと音たてながら、舞い降りてきます。その姿、音がなんとも心地が良いです。
こちらは、松本秋則さんの作品です。ひとつひとつナンバリングされており、石が異なります。
現在在庫が少なくなっていますが、また入荷を予定しておりますのでおたのしみに。

chikuonkin.jpgchikuonkin2.JPG

chikuonkin3.JPG