日々のこと

山形張子

2018年5月28日

山形県の郷土玩具、岩城勇二さんがつくられている山形張子が届きました。まり猫、玉乗兎、月山玉兎と、今回はじめてお願いした招き猫の白と黒です。まり猫、玉乗兎は、いつもは定番の赤のみなのですが、今回お箱から出すと、オレンジやピンク、青といろんな色のものが。
せっかくなので、手仕事ブースに山形張子のコーナーをつくりご紹介しています。ぜひ覗いてみていただければと思います。
ひとつひとつ丁寧に作られています。


山形張子の代表格まり猫。
yamagatahariko1.JPG
年賀切手のモチーフにもなった「玉乗兎」。はっぴの色が赤と青あります。
yamagatahariko2.JPG

山形張子の招き猫は一風変わっています。思わず手を握りたくなります。招いている手もとても丁寧に作られています。

yamagatahariko3.JPG
満月といえば、餅をつく兎を想像するのは日本人だからでしょうか。
満月のようにまんまるい月山玉兎。
背中には晴れた夜空に浮かぶ満月を思わせる絵が描かれています。

yamagatahariko4.JPG

まり猫、玉乗兎の、赤以外のお色は、
基本的には今回限りで、なくなり次第終了となります。