日々のこと

瀬戸内生活工芸祭 本とワッペン

2012年11月12日

11/23・24に開催の瀬戸内生活工芸祭まで、いよいよあと10日ほど。
まちのシューレでは、関連書籍の先行販売がはじまりました。

IMG_1065.jpg「道具の足跡 生活工芸の地図を広げて」
アノニマスタジオ刊(税込1,995円)

瀬戸内生活工芸祭のディレクター、三谷龍二さんと石村由起子さんが
つくり手と使い手、両方の視点からみた生活工芸についてを
深澤直人さん、堀井和子さん、大西静二さん、皆川明さんらにインタビュー。
その他、高松の建築や民芸品を紹介するフォトクリップや
桜製作所のこと、讃岐民具連のことなど。
とても読み応えのある内容となっています。

また、書籍の横に並んでいるのは、
今回の瀬戸内生活工芸祭のモチーフとなっている旗のかたちのワッペン(3枚セット 税込 1,000円)。

瀬戸内生活工芸祭のオリジナルグッズとして香川県内の刺繍工場でつくられたもので、
さまざまな布製品にアイロンで簡単に貼り付けることができます。

IMG_1068.jpg自然な風合いでとてもかわいらしいので、
Tシャツやエコバッグ、ハンカチなどに貼ってお楽しみください。


◎WEBSTOREには掲載がありませんが、通信販売も可能です。
メールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。
お支払い方法は、銀行振込(先払い)、郵便振替(先払い)、代金引換のいずれかとなります。
配送料等の条件については、当店WEB STOREに準じます。
詳しくはこちらをご覧ください


瀬戸内生活工芸祭チケット

2012年10月 3日

nyuuzyoukenn_lDSC_01611-800x531.jpg

11/23・24に開催される「瀬戸内生活工芸祭」。
いよいよ、開催まで2ヶ月を切り、各会場の入場券が発売となりました。

今回、会場は「玉藻公園会場」と「女木島会場」の2箇所に分かれ、会場ごとに入場券が必要となります。
入場券は当日も販売されますが、当日は会場入口のチケット売場の混雑が見込まれるため、事前購入をおすすめしています。

まちのシューレ963でも、入場券のお取り扱いをはじめました。
購入をご希望の際は、スタッフまでお気軽にお申し付けくださいませ。

◯玉藻公園会場(23日 or 24日のいずれか)  税込500円
◯女木島会場(23日・高松港〜女木港往復フェリー代込) 税込1,000円
◯女木島会場(24日・高松港〜女木港往復フェリー代込税込1,000円
※玉藻会場チケットは23・24日共通券です。(両日入場したい場合は、玉藻会場チケットが2枚必要です)
※女木島会場は購入時に日程を決めていただく必要があります。
※中学生以下のお子様は、入場券を購入する必要はありません。玉藻会場は公園入園料のみ、女木島会場はフェリー代のみかかりますので、当日各受付にてお支払いください。(いずれも高校生以上は大人料金です)


今回、第1回目となる「瀬戸内生活工芸祭」。
全国から選ばれた公募作家88名の作品の展示販売のほか、
招待作家として、赤木明登さん、辻和美さん、内田鋼一さん、安藤雅信さん、三谷龍二さんの展示があります。

さらには、公募展の選考委員となっている永見眞一さん、中村好文さん、 皆川 明さん、山口信博さん、三谷龍二さん、石村由起子さん、一田憲子さんの展示販売ブースも。
香川の食や音楽、大道芸を楽しめるマルシェもオープンします。

楽しいイベントになりそうです。
11/23・24はぜひ香川へお越しください。


瀬戸内生活工芸祭2012 ホームページ
http://kougeisai.com/


1

Recent Entry

Category

Archive