日々のこと

シューレの茶会「芒種」を開催いたしました

2016年6月 6日

6/5(日)、横山拓也さんのお道具をつかったお茶会「芒種」を開催いたしました。

「芒種(ぼうしゅ)」とは24節気のひとつで、6月5日ごろのことを言いいます。
芒(のぎ)」のある穀物、穂の出る稲や麦などの「種」をまく季節ということから、芒種といわれています。
現代ではもっと早くに種は植えますが...カエルが鳴き始めたり、梅の実が色づいてきたり、蛍がみられる季節です。

シューレ茶会芒種06052016_05.jpg
シューレ茶会芒種06052016_01.jpg横山さんの織部の茶碗。
奥に見えるのが、台皿です。

シューレ茶会芒種06052016_04.jpg
シューレ茶会芒種06052016_02.jpg茶菓子は「若鮎」。鮎漁の解禁は6月のはじめであり、夏の季語でもあります。

黒と茶の茶碗。こちらも横山さんのものです。

シューレ茶会芒種06052016_03.jpg
ごつごつとした感触で、荒い土で作られている、横山さんのあたらしい試みの作品です。
本展には3個だけ届いております。ぜひご覧ください。(残り1点となりました)

全5席、とても和やかで楽しい雰囲気でした。
ご参加いただきましたみなさま、中條さん、原さん、ありがとうございました。

シューレの茶会は、香川のお茶文化を気軽に親しんでいただける場として不定期で開催しております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

雛の茶会を開催しました

2015年3月15日

3/15(日)にシューレの茶会「雛の茶会」を開催しました。

chakai3-15.jpg3月の茶会のテーマは「ひなまつり」。
ひなまつりは、紙の人形で体をなでて
穢れをはらい、川や海に流す風習からきた春の行事です。


円山派の画が飾られ厳かな雰囲気。

chakai3_15_1.jpg
chakai3_15_2.jpgお菓子もひなまつりをイメージしたものです。

chakai3_15_3.jpg
シューレの茶会は椅子に座って
席主とおしゃべりしながらの気軽な茶会です。

茶会というと難しいイメージを持たれがちですが
なごやかではじめての方でも入りやすい茶席です。

ぜひ次回の茶会にご参加ください。

シューレの茶会「初釜」を開催しました

2015年1月24日

炉に今年始めの炭をおこし、新年をことほぐ茶会「初釜」。
華やかな茶事にふさわしい、しつらえがシューレにそろいました。

お軸は「祥聲(しょうせい)」。武者小路千家当代家元の賛に若宗匠の画(羊)です。
あおあおとした「日陰のかずら」がおめでたい雰囲気をそえています。
花は椿(雪ぼたん、曙)に三つ又、結び柳。
三つ又は和紙の原料で、今年の歌会始の御題「本」にちなんだものです。
同じく三つ又の枝を、今回は結界がわりに点前に置きました。

hatugama1.jpg

hatugama2.jpghatugama3.jpg
お菓子は「都の春」。
柳と花を表した緑と紅色のきんとんがあざやかな春の菓子です。
菓子.jpg
中條さん.jpg
お話もはずみ、楽しいお茶会となりました。
ご参加くださったみなさま、中條さん、原さん、本日はありがとうございました。




1