日々のこと

せとうちフェア 明日はいりこの焙煎

2015年7月25日

「せとうちフェア」最終日の明日は、
観音寺のまじめないりこ屋、やまくにさんがいりこの焙煎をしてくださいます!

baisen3.jpg
シューレでも大人気の「パリパリいりこ」はこうして、手作業でひとつひとつ、頭と内臓、汚れを手作業で取り除いていきます。
非常に手間がかかりますが、だからこそ濃厚な旨味がありながら、クセや雑味の無い上質な味わいが引き出せるのです。


baisen2.jpg下処理されたいりこは、弱火でじっくり時間をかけて焙煎します。冬場は3時間以上かかることもあります。


baisen.jpgお出汁用にお使い頂いても上品なだしが取れますが、まずはそのまま、パリパリとお召し上がりください。「いりこがこんなに美味しいとは知らなかった」というお声をたくさんいただいています。また、かやくご飯や、サラダ、ピザのトッピングにするのもおすすめです。カルシウム豊富な、化学調味料無添加の自然食品「パリパリ焙煎いりこ」。

明日はできたてを食べられる貴重な機会です。
煎りたてのパリパリいりこはひと味ちがいます!ぜひご賞味ください。



せとうちフェア うずのくに

2015年7月25日

店内食品、雑貨コーナーとカフェにて「せとうちフェア」を開催中です。
食品ブースでは、フェア限定のおいしい商品がならんでいます。


今日は「うずのくに」さんのご紹介です。
uzunokuni.jpgうずのくに(淡路島南あわじ市 道の駅「うずしお」内)は、淡路島のおいしい旬の食材をいかした商品が揃い、あわじ島バーガーなど全国的にも有名なご当地グルメも生み出しています。

ba-nyakauda.jpg◯淡路島産バジルバーニャカウダ
天然素材にこだわったバーニャカウダ。果実を搾っただけのオリーブジュース100%オイルの「キヨエ」を使用しています。生野菜やおんやさい、バゲッドに、またお肉やお魚ともよく合います。

税込 1,515円


tamatoma.jpg
◯たまとケチャップ
淡路島産の玉ねぎとイタリア産トマトを使用したケチャップ。玉ねぎの甘みとトマトの酸味がほどよく合い、さまざまなお料理にお使いいただけます。玉ねぎの食感が楽しめる、まろやかな味です。

税込 753円


この他にも、特産の玉ねぎを使ったチップス、カレーなど、淡路島のおいしさが詰まった品がシューレに集まっています。
「せとうちフェア」は明日までの開催です。ぜひお試しください。

せとうち暮らし 最新号が届きました

2015年7月24日

香川のちいさな出版社ROOTSBOOKSさんより、
せとうち暮らしvol.16が届きました。

せとうち暮らし.jpg今回のテーマは「大人の夏休み」。
島の自然豊かな暮らしに、ユニークな宿、おいしい食べ物、、
夏休みにおもいきって島へ出かけたくなる1冊です。

今回シューレの庭マルシェに出店してくださった「HOME MAKERS(小豆島)」さんや、
せとうちフェアに食品を出品してくださっている「うみねこかしや」さん、大島のろっぽう焼きの「カフェ・シヨル」さんもご紹介されています。

せとうち暮らし2.jpg
せとうちフェア開催中の食品コーナーにも並べておりますので
ご来店の際は、ぜひご一緒にお楽しみください。

せとうちフェア Awabi ware FAIR

2015年7月24日

7月18日(土)より開催のせとうちフェアに合わせて、淡路島で、受け継ぐ器をコンセプトに日常づかいのうつわをつくられている「Awabi ware(あわびウェア)」さんの作品を、展示販売しております。

シンプルで使いやすいオーバル皿をはじめ、色とりどりのうつわが揃っています。

awabi1.jpg初日の7/16(土)にはAwabi ware (あわびウェア)の岡本さんがご在廊くださいました。
Awabi ware名前の由来は、淡路島の「あわ」と美しいの「び」、wareは「製品」「器もの」で「淡路島の美しいうつわ」。

awabi3.jpgもともと古いもの好きという岡本さん。ちょうど店内で古道具展をしていましたので、ご覧になられた岡本さんは「将来僕のうつわが「これは200年前に淡路島で作られていたAwabi wareっていううつわなんだよ」という風に、未来に受け継がれていればいいなぁと思うんです。」とおっしゃっていたのが印象的でした。お子さまから孫やひ孫の世代まで、みなさんのご家庭でAwabi wareが届きますように。

awabi2.jpgAwabi ware FAIRは7/26(日)までの開催です。
完売していたオーバル皿なども先日再入荷いたしました。ぜひこの機会にご覧ください。

せとうちフェア ぽんぽこらんど

2015年7月24日

ぽんぽこらんど.jpg只今店内食品、雑貨コーナーとカフェにて「せとうちフェア」を開催中です。
食品ブースでは、フェア限定のおいしい商品がならんでいます。

今日はぽんぽこらんどさんのご紹介です。
ぽんぽこらんど(愛媛県岩城(いわぎ)島)は、しまなみに浮かぶ、橋のかかっていない信号機もない岩城島。そこで2008年に、古崎公一さんによって立ち上げられた「ぽんぽこらんど」では、島のレモンをはじめとする柑橘、芋菓子、農・水産物などを取り扱っています。今回はオリジナル商品3種が揃いました。


◯レモンの島の究極のコクドレ(写真左)

「レモン果汁でマヨネーズが作りたい」という思いから生まれたドレッシングです。無添加であることはもちろん、レモンの産地だからできるレモンを丸ごと使用し、レモン果汁、レモンの皮のコンフィも入ってます。

税込864円



◯レモンの島の生ドレッシング(写真中央)

岩城島の玉ねぎとレモン果汁を100%使用した無添加ドレッシング。岩城島のレモンはマイルドな酸味で、一つ一つ手搾りで果汁を取っています。サラダはもちろんフライやステーキなどのソースとしてもおいしいです。

税込648円


◯レモンの島のレモンソルト(写真右)

岩城島産の外皮も美味しいレモンと瀬戸内の伯方の塩を独自ブレンドしています。丁寧に手作りし、1ヶ月以上漬け込んでいます。
熟成が進むと塩味がマイルドになり、更に深みのあるレモン塩になります。パスタや塩焼きそば、おにぎり、煮物、揚げ物の付け塩などにもお楽しみいただけます。

税込1,620円



やさしい酸味で定評の或るレモンをふんだんに使いこだわりの材料で仕上げたおいしさをぜひお試しください。