日々のこと

讃岐かがり手まりフェア はじまりました

2018年2月20日

讃岐かがり手まりフェア2.JPG
本日より、手仕事売り場にて「讃岐かがり手まりフェア」がはじまりました。
讃岐かがり手まりは、讃岐地方に伝わる昔ながらの郷土玩具です。
女性の手から手へと、受け継がれてきました。

たくさんの手まりを並べると、そこに春がきたような明るい雰囲気が漂いました。

今回ぜひ注目していただきたいのが、シューレで初めての販売となる「草木染かがり糸」です。
讃岐かがり手まり保存会さんの工房にでは、手間隙をかけて丁寧に丁寧に木綿糸を染めています。
自然の植物から採った染料で一綛一綛丹念に、優しい色に染め上げました。染料の分量や媒染により、無数に色のバリエーションが生まれます。

讃岐かがり手まりフェア3.JPG茜、蘇芳(すおう)、藍、黄系(玉ねぎ、刈安、ざくろ他)、茶系(阿仙、くるみ、五倍子他) 、ログウッド、緑系(藍、ざくろ、楊梅(ヤマモモ)、刈安他)、紅花、コチニール、白・生成の10種類そろっています。お裁縫に、もちろん手まり作りに、ぜひ取り入れてみてください。

また、こちらの手まりブローチも初めて登場しました。

讃岐かがり手まりフェア4.JPG
草木染めの良さがでた、かわいらしいブローチです。

この他にも、「完成手まり」、「讃岐手まり箱」、「おいり小箱」、「香手まり てまり小箱」、「にほひ手まり」、「ストラップ」、「にほひ手まりストラップ」など届いております。

本日より3/12(月)まで開催しております。こんなにたくさんの商品が揃う機会はなかなかありませんので、ぜひお立ち寄りください。
また、3/11(日)、3/12(月)にはワークショップを開催します。ただいまご予約を承っていますので、ご興味がございましたら、ぜひご参加下さい。お待ちしております。ワークショップの詳細はこちらをご覧ください。


讃岐かがり手まりフェア
2018年2月20日(火)~3月12日(月)
11:00〜19:30 ※会期中無休
at. まちのシューレ963 手仕事ブース

せとうちフェア開催中です

2017年8月15日

食品ブースにて、せとうちフェア開催中です。

8/12はsoe farmのそえださんに来ていただきました。
「ハニーマスタード」とミニトマトの和え物をご試食に作ってきてくださいました。
またこの日限定で「塩バジルのオリーブオイル漬け」を販売。こちらも好評でした。
soe farmさんの商品は引き続きフェアで販売しております。

soefarm20170813.jpg
soefarm2017081302.JPG
8/13は、高松市錦町 ジャンキーノンキーさんのベーグル・パンの出張販売を開催。
オープンよりたくさんの方にお求めいただき、あっという間に完売となりました。
スコーンやクッキーの焼き菓子もたくさんご用意くださっていました。
ジャンキーノンキーさんのお店はシューレからもほど近い場所ですので、
ぜひお店の方にも遊びにいかれてみてくださいね。

IMG_0987.jpg
そしてこの日のお昼からは、熊野蒲鉾店さんが来てくださり、フェアで販売中の「瀬戸内の鮮魚100%でつくったリエット」のご試食会をしてくださいました。レモンの風味がさわやかで上品なお味でとってもおいしいです。引き続きフェアで販売しておりますので、ぜひおすすめです。

kumanokamaboko20170813.jpg
リエット.JPG
せとうちフェアは8/31まで開催いたします。
 8月19日(土)は11時より、「Nöraの焼き菓子販売」を行います。
シューレで、はじめての販売となるNöraさんのおやつ、とっても楽しみです!


MONPEフェアはじまりました

2017年7月12日

雑貨ブースにて、うなぎの寝床「MONPEフェア」が始まりました。

久留米絣を現代風に仕立て上げ、カジュアルな日常着にした「うなぎの寝床」の"MONPE"。吸水性がよく乾きも早いので、日常着にはもちろん、海や山へのレジャーに、また農作業に大活躍します。
夏の日常を楽しくするMONPEフェアにぜひ、お越しください。

MONPEフェアは7/12(水)〜8/2(水) ※7/18(火)定休日

monpe_01.jpgmonpe_02.jpgmonpe-thumb-250x354-12957.jpg1.jpg4.jpg

高知フェア 明日よりはじまります

2017年6月14日

早川ユミさんのちくちくツアー2017、小野セツローさんのスケッチ展にあわせて、食品売場では6月15日(木)から「高知フェア」をおこないます。
高知の生産者やおいしいものをご紹介・販売しますので、皆様のご来店をお待ちしております。



前回の高知フェアでも人気だった、
drie、フルヤジ、まるふく農園の焼き菓子。
お菓子.jpgフルヤジ.jpgdrie.jpg
姉妹で営む香南市のカフェ、mongo mongoからは焼き菓子と、日にち限定でパン2種を販売します。


mongomongo.jpg
四万十やまのうえ商店の甘くてコクがある落花生(マーブルとブラック)

ピーナッツ.JPG
香美市にある山﨑酒店より、高知のお酒
(右:早川さんおすすめの特別純米酒 ふもとのいずみ)


亀泉.jpg
土佐清水の名産品・宗田節や、文旦・小夏をつかった商品もいろいろ届いております。


だし.jpg

土本観光果樹園の新高梨をつかったドレッシング。

ドレッシング.jpg

ムロットのコンフィ.jpg
菜種油や塩麹・柚子皮などでつくられた、黒潮町缶詰製作所の缶詰め。

かんづめ.jpg
土佐大月海産からは、新商品の鰤そぼろが届きました。
ご飯がますます美味しくいただけます。


ぶりそぼろ各種.jpg
ぶりそぼろ.jpg

ぜひお楽しみください。

chahat展にあわせて、おすすめの食材を販売しております。

2017年4月 3日

「chahat インドの布 展」に合わせて、食品ブースではインドのスパイスや、エスニック料理などにおすすめの食材を販売しております。


002.jpg001.jpg

◯アナン(鎌倉)アナン.jpg1958年にインドから来日したメタ・アナンさんと、バラッツさん父子の営むアナン株式会社は鎌倉にあります。インドのスパイス文化や本格的なインドカレーを長年にわたり紹介し、高品質なスパイス類を使用しながらも、独自の配合で日本人の食生活にあわせて作られた数々の商品は、香り高く、とてもおいしいです。こちらのスパイスを使用し、只今シューレのカフェランチでタンドリーチキンをお出ししております。


◯ガラムマサラ(京都)
ガラムマサラ.jpg創業34年の歴史を大切にしながらも日々新たな味に挑戦している、永原律子さんが営む「ガラムマサラ」は伝統を踏まえた創作的で新しいインド料理を目指されています。今回、京都の老舗あられ職人さんが手焼きで1枚1枚焼いて、ガラムマサラオリジナルのブレンドカレー粉とホールスパイスを練りこんだ特製手焼きカレーあられや、マサラピー(カレーピーナッツボール)、マサラチャイの八ッ橋を販売しております。


◯保存食LAB(京都)
保存食lab.jpg京都北部・京丹後にある自家菜園で大切に育てた野菜や果実を手作業で加工されています。
旬の食材にひと手間加えて作り置く保存食。家庭の味にひと匙足して、忙しい毎日をほんの少し豊かにしてみませんか。
自家製いちじくマスタードや練り柚子塩、自家栽培のピーナツを使用した旨辛いピーナツハリッサなど色々な保存食がございます。


◯LONG TRACK FOODS (鎌倉)
longtrackfoods.jpg鎌倉にある「LONG TRACK FOODS」はフードコーディネーターの馬詰佳香さんとスタイリストの岡尾美代子さんが主宰するデリカテッセンのお店です。2015年4月からは鎌倉市農協連即売所の中に店舗を構え、作り手の顔が見えるホームメイドにこだわった商品づくりを続けています。
今回chahat展にあわせて、グラノーラ(カレー、チーズ&ハーブ)やラー油、ジンジャーシロップを販売しております。


フェアは4月16日(日)まで開催しております。
ぜひ店頭でご覧くださいませ。