新着情報

さつまもの

2012年6月16日

satumamono.gifさつまもの
2012年7月6日(金)〜7月29日(日)  
11:00〜19:30 ※17日(火)のみ休廊



プロダクトからインテリアまで、シンプルかつモダンなデザインで定評のあるランドスケーププロダクツ。
同社代表の中原慎一郎さんが、故郷である鹿児島で出会った魅力的なモノを集めて紹介するイベントが、まちのシューレ963にやってきます。
鹿児島の古き良きものから、若手作家のプロダクトまで。
陶磁器、家具、木工作品、竹工芸品などのほか、黒砂糖や醤油など、
鹿児島の食材も届きます。

なお、初日の6日は、★印の作家が在廊いたします。
関連イベントとワークショップもございますので、ぜひご参加くださいませ。
(ワークショップ詳細は、別記事にて公開致します)

★araheam(植物)
 Crate  盛永省治(ウッドボウル)
★Chin Jukan Pottery(陶器)
★Roam  松田創意(家具、スツール)
 ONEKILN 城戸雄介(磁器)
★INDUBITABLY 西ひろみ 有村リカ
  (アンティーク生地を使ったエプロンとノート)
★アキヒロジン(木のカップ、プレート)
 秋廣琢(木のアクセサリー、時計)
 FUQUGI 榮大貴(木の器)
 宋艸窯  竹之内琢(陶器)
★JUDD 清水隆司(フリーペーパー)
★Humming Bird 二野慶子(アクセサリー)
★甫立優子(JEWERLY)
 山口利枝(磁器)
 OWL(生活道具)
 江夏ジュンイチ(絵・雑貨)
 三島知美(切り絵-zine-)
 Lanka (椿油・石鹸)
 富永竹工芸(竹かご・竹細工)
★RHYTHM 飯伏正一郎 (革小物)
 松下瑞樹(写真)
 syn- 西田麗美 (七宝焼アクセサリー・ステンドグラス)
 nomad cafe(無農薬ジンジャーシロップ)
 しょうぶ学園(陶器、木の器、裂き織りなど)
 鹿児島の食材 (黒砂糖、醤油など)
 民芸品(西郷さん人形、姫だるま) 
 etc...


<関連イベント>
岡本仁トークイベント「ぼくのまち案内」

『ぼくの鹿児島案内』と『続・ぼくの鹿児島案内』の著者、岡本仁さんをお迎えします。
鹿児島や、岡本さんのフィルターを通して見た香川についてを、スライド形式で辿っていきます。
どうぞ、お楽しみに。

日 時:7月6日(金)17:00〜18:30
場 所:カフェ963
参加費:2,000円(飲み物付き)
定 員:40名(先着順)

※ご予約は、6/25(月)AM11:00よりお電話または店頭にて承ります。

岡本仁(おかもとひとし)
マガジンハウスで『BRUTUS』『relax』『ku:nel』などの編集に携わった後、
ランドスケーププロダクツにて編集とプランニングを担当。
現在は『暮しの手帖』『HUgE』に連載執筆中。
近著に『ぼくの鹿児島案内』『続・ぼくの鹿児島案内』など。


シューレのお料理教室:オリーブ農家のオリーブオイル教室

2012年6月 2日

orive.jpg
6月のシューレのお料理教室は、小豆島のオリーブ農家 井上誠耕園の幸崎誠司さんによる、オリーブオイル教室です。

ご存知の通り、小豆島は日本随一のオリーブの生産地です。
また近年は日本国内だけではなく、世界各国のコンテストにて、小豆島のオリーブオイルが大変高い評価を得ています。
今回は、わたしたちの身近にあるオリーブについての基礎知識を楽しく勉強しながら、料理をより一層おいしくするオリーブオイルの使い方のコツや、簡単なレシピを学びます。
なお今回は、平日のお仕事帰りにも気軽にお立ち寄りいただけるよう、夜の教室も設けました。
みなさまのご参加を、お待ちいたしております。


日 時: 2012年6月21日(木)
  ①12:00~13:00 ②14:30~15:30 ③18:00~19:00

会 場:まちのシューレ963 ①②は店内キッチン、③のみカフェ963にて開催

講 師:井上誠耕園 幸崎誠司さん

内 容:オリーブオイルの基礎知識、テイスティング、オリーブオイルを生かしたお料理レシピ

定 員:各回15名(お電話にて先着順の受付となります。)

参加費:2,000円(税込) 試食あり・お土産付き

持ち物:筆記用具、メモ用紙 ※デモンストレーション形式のため、エプロン等は不要です。  

お問合せ先:まちのシューレ963: TEL 087-800-7888(営業時間:11:00〜19:30)

キャンセルについて:キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。
 ※それ以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の50%(1,000円)を頂戴いたします。


<幸崎誠司さん プロフィール>
大阪府出身。2004年に小豆島へ移住し、農業を学びながら日本料理の技術を習得。現在は、井上誠耕園でオリーブ・柑橘を使った製造工場の管理業務を担いながら、島内の学校でオリーブの食育活動にも尽力。
また毎週日曜にサンポートで開催中のさぬきマルシェにキッチンカーを出店するなど、高松市内でも積極的に活動中。



シューレの茶会 うるし茶会

2012年5月30日

urushi.jpg
今回のシューレの茶会は、「用の漆」展に関連したお茶席です。
漆は、茶事にとって欠かせない存在です。
漆器のよさを、茶の湯とともにゆっくりと味わっていただければと思います。
当日は漆芸家も茶会に参加しますので、
漆について語り合うひとときをお楽しみください。


日 時:6月22日(金)

席主:中條晴之 原大策(茶楽)

時 間: ①12:00〜 ②13:00〜 ③14:00〜 ④15:00〜
           ⑤16:00〜 ⑥17:30〜 ⑦18:30〜
※一席のお時間は30〜40分程度です。椅子式でお出しいたします
ので、茶の湯の経験のない方もお楽しみいただけます。

料 金:1,000円

お申し込み方法:お電話または店頭での受付となります。

まちのシューレ963
 TEL  087-800-7888(営業時間11:00〜19:30)


漆で、たべる。

2012年5月30日

nakano.jpg
6/9(土)からはじまる、「用の漆」関連イベントのお知らせです。


ケータリングやお料理教室を中心に活躍されている、
ラ・サルーテ 中野誠司さんのイタリアンを漆のうつわでいただく、
ビュッフェ形式の気軽なお食事会です。

また、普段の暮らしの中で漆のうつわを使うコツなどを
漆芸家がレクチャーいたします。
みなさま、ぜひご参加くださいませ。



「漆で、たべる。」
日時:6月15日(金)18:00〜19:30
場所:まちのシューレ963内 カフェ963
料理:中野誠司(La Salute)
会費:税込 4,500円(お食事+1ドリンク付)
定員:25名(要予約/先着順)
お申し込み方法:お電話または店頭での受付となります。

まちのシューレ963
 TEL  087-800-7888(営業時間11:00〜19:30)



用の漆

2012年5月22日

morning_set_blog.jpg
「用の漆」
2012年6月9日(土) 〜 6月24日(日)   
11:00〜19:30
(※6月18日(月)のみ休廊


漆を英語で「japan」というように、古くから漆器は世界が認める日本の産品でした。

漆器の産地である香川には、蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)、彫漆(ちょうしつ)、象谷塗(ぞうこくぬり)、後藤塗の5つを中心とした技が、今もなお伝えられています。

受け継がれてきた技を活かし、今を生きるわたしたちの生活によりそう漆器をつくる-- 。

まちのシューレ963では、ベテランから若き漆芸家までが集まる
「漆の家」メンバーを中心とした漆器展を開催いたします。
古くて新しい香川漆器を、ぜひ手にお取りください。

北岡省三・大谷早人
池田朝重・岩澤佳代子・宇野里依子 ・大西章寛・大西貴政・小笠原幹・
神垣夏子・後藤孝子・坂本征志・佐々木博・土田百合香・中田陽平 ・
中村芳弘・松本光太・真鍋民生


※「漆の家 Maison de Urushi」
瀬戸内国際芸術祭2010にあわせて始動したプロジェクト。男木島の古い木造家屋を漆によってリノベーションし、日々作品づくりに取り組んでいる。




‹ 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

Recent Entry

Category

Archive