新着情報

おかしのうつわ展

2017年5月30日

okashinoutsuwa.jpg
おかしのうつわ展
2017年7月15日(土)~7月31日(月)
※7/18(火)定休日 11:00~19:30   
at.まちのシューレ963ギャラリー 
共催:うつわ祥見


-------------------------------------------------------------------------------
「おかしのうつわ展」初日の7/15には、
うつわ祥見主宰の祥見知生さんと、
陶芸家の須藤拓也さんが在廊していただくことになりました。
うつわのことを直接うかがえる貴重な機会ですので、ぜひ会いにいらしてください。
-------------------------------------------------------------------------------


おかし、とは御菓子であり、「をかし」でもあります。
おいしい菓子をのせる、をかしなうつわを展示します。
菓子は食事ではない、嗜好品、ある意味「余暇」「余興」です。
それゆえに豊かな時間をつくるもの。
菓子のために器をえらぶというのは、とても贅沢ではありますが、
心を満たす時間を拵える素敵な出来事になると思います。ぜひお越し下さい。


参加作家

阿南維也(陶)
荒川真吾(陶)
蠣﨑マコト(ガラス)
寒川義雄(陶)
黒川登紀子(ガラス)
須藤拓也(陶)
田村文宏(陶)
巳亦敬一(ガラス)
山地裕之(木工)
横山拓也(陶)
吉田直嗣(陶)
Lue 菊地流架(真鍮)


●関連イベント 1
菓子茶事「御菓子丸のあわい」

京都を中心に、独創的で美しい和菓子を創作している工房「御菓子丸」。
その菓子をいただく茶会です。
「あわい」とは、モノとモノ、コトとコトの時間的なあいだ。
今回は茶席のなかで菓子が出来上がっていく様を、また、
「おかしのうつわ」にのる様を、お客さまに楽しんでいただきます。
お愉しみください。

日時:7月15日(土)
①13:00〜 ②14:30〜 ③16:00〜 ④17:30〜
場所:まちのシューレ963
菓子制作:杉山早陽子(御菓子丸)
席主:中條晴之
参加費:2,000円(薄茶、菓子付)
定員:各回10名(要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。それ以降はキャンセル料をいただきます。

プロフィール
杉山早陽子|御菓子丸
1983年生まれ。京都の老舗和菓子店にて修業。鑑賞から食べるまでを一つの作品として、和菓子を制作。10年間和菓子ユニット「日菓」として活動し、現在は「御菓子丸」を主宰して、さまざまな展示への参加、コラボレーションなどを行っている。




●関連イベント 2
菓子懐石「香菓 カグノコノミ」

フレンチレストラン出身のパティシエがつくる、お菓子だけの懐石です。
香川県産の柑橘やキウイ、ベリーなどの果物、野菜なども使い、
コースに仕立てた菓子を、日本茶のペアリングとともにお出しします。
もちろん、うつわは本展に出品する作家のものです。
菓子とうつわの濃密な時間を、ご堪能ください。
※本イベントは「さぬきダイニング事業」の一貫として開催いたします。

日時:7月22日(土)
   ①13:00〜 ②15:00〜 ③17:00〜 
場所:まちのシューレ963 店内
菓子制作:松岡順二
参加費:3,500円(飲み物付)
定員:各回10名(要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降はキャンセル料をいただきます。

Recent Entry

Category

Archive