新着情報

干支もの「戌」の販売について

2017年10月20日

早いもので来年の「干支もの」のお問い合わせもいただくようになりました。

来年は戌です。年末年始に向けて、今年もいくつか郷土玩具をお願いしております。
なにゆえ全て手作業でお一人もしくは少人数でつくられているものばかりですので
どうかゆっくりお待ちいただけると幸いです。

一足先に届いたさわはん工房さん(岩手)の干支「犬もあるけば」。

sawahankoubou2018inu02.JPG
sawahankoubou2018inu03.JPG
sawahankoubou2018inu01.JPG
さわはん工房さんからは、これまで定番でつくられてきた「福犬」も並びます。

11月から順次販売を始めたいと思います。
なお、申し訳ございませんが、入荷数によって店頭のみでの販売とさせていただきます。予めご了承くださいませ。

どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

白木屋傳兵衛商店から箒が届きました

2017年10月20日

houki.JPG
kobouki.JPG
白木屋傳兵衛商店から箒が入荷しました。
欠品していた、白竹と棕櫚の短いタイプや肩払い箒が揃いました。
最近お問い合わせも増えておりましたので、お探しの方はぜひお越しくださいませ。

弘前こぎん刺し 追加がありました

2017年10月20日

弘前こぎん刺しの「判子入れ」と「ポーチ」が久しぶりに入荷しました。

配色や柄、いろいろとございます。

koginzasi101702.JPG
koginzasi101701.JPG

こぎん刺しとは、青森県津軽地方に300年以上前から伝わる伝統工芸品です。
この地方ではかつて、自家製麻布を藍で染め、白綿糸で刺繍をし、それを衣類に仕立てて着用するという風習がありました。娘たちは誰もが5〜6歳の頃からこの刺繍を習い14〜15歳ともなれば、一流の刺手となり、競って美しいこぎんを刺すために努めたといいます。

こぎん刺しの細やかな文様は、今も温もりに満ち、「人の手の仕事」を感じさせてくれます。

koginsashi101801.JPG
人気の「くるみボタン」も追加がありました。

ブックカバーや手つきの小さなバッグも現在お願いしております。
出来次第届く予定です。どうぞお楽しみに。

小野哲平 鉄化粧のうつわが届いています

2017年10月18日

onoteppei20171017.JPG
陶芸家 小野哲平さんから、鉄化粧のうつわが届きました。
おなじみの丸湯のみ、茶碗、取り皿です。
同じ鉄化粧でも、毎回色や形がすこしずつ違います。
ひとつひとつ轆轤(ろくろ)をひいている哲平さんの姿が目に浮かびます。
こちらも少量ずつの入荷ですので、お探しの方はぜひお早めにお越しください。

大谷哲也 平鍋が届いています

2017年10月17日

陶芸家 大谷哲也さん平鍋がひさしぶり届きました。

ootanitetsuya2.JPG2015年にシューレで個展を開催した時にも人気を集めた平鍋。
個展の後もお取り扱いさせていただいております。

大谷哲也さんがつくる、シプルな形の土鍋は、
直火にかけることができますので、カレーなどは肉や野菜を炒めてから煮込むことができます。
平鍋はすき焼きや炒め物、煮魚にもご利用できますし、
ハンバーグなどは焼き色をつけてからオーブンにいれることもできます。
タルトタタンやプリンなどのデザートもいいですね。
テーブルがシャキッと引き締まるような、綺麗な平鍋です。
これからの季節活躍すること間違いなしです。

サイズによっては数が少ないものもございますので、
ぜひご覧くださいませ。

ootanitetsuya1.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11