新着情報

木太聡LIVE

2018年8月14日


IMG_6129.jpg

木太聡LIVE
新しいアルバムの発売を記念して、ピアノライブを行います。
ただいまギャラリーにて開催中の
「古道具の会」会場内でも、BGMとして流れております。
ぜひみなさまお越しくださいませ。

日時 : 8月19日(日) ➀13:00〜 ➁15:00〜
料金 : 投げ銭制
場所 :大ギャラリーにて

profile
木太 聡 Kita Akira
鍵盤奏者。mina perhonen2015S/S、
日曜美術館等、楽曲提供。
ワタリウム美術館での演奏等、
現代アートの場でも活動。
HP: http://akira-kita.tumblr.com/
トイピアノを中心に演奏活動をつづける


古道具の会

2018年7月27日

furudougu_01.jpg
古道具の会
2018年8月11日(土祝)-8月26日(日)
※8月20日(月)は定休日
11:00-19:30
まちのシューレ963 ギャラリー

今年も「古道具の会」を開催いたします。
日々の生活に取り入れやすい、
雑貨から机や椅子、小棚などの家具まで。
そして今回は夏らしいガラスのものも揃います。
4つの古道具店から、なつかしくて新しいものがたくさん届きますので
みなさまぜひお越しください。

出展者
akizu(岡山)
ironmonger(香川)
コユメヤ(徳島)
Womb brocante(岡山)


【関連イベント】
IMG_5072.jpg
「ろうそく夜のかき氷屋台」
徳島の人気喫茶店「ろうそく夜」から、かき氷屋台がやってきます。昭和の手回しかき氷機を使い、自家製シロップをかけていただく、かき氷。1日だけの限定オープンですので、ぜひお越しください。

日時:8月18日(土) 12:00~16:00
場所:店内キッチンスペースにて
※売り切れ次第、終了

ヒムカシ展

2018年7月 3日

himukashi_2018_dm_ol.jpgヒムカシ展
2018.7.28 sat - 8.8 wed
11:00-19:30
まちのシューレ963 ギャラリー

強撚糸で作られたサラリとした肌触りのトップスや、
軽量で涼しい素材のパンツやスカート。
シルエットの美しさと着心地の良さ。
ヒムカシのお洋服には、毎日を楽しくする、魅力が溢れています。
今回は、夏を楽しくするカラフルな色あいのお洋服も揃います。
ぜひお楽しみにお越しくださいませ。

ヒムカシ
東出結城、麻里子による製作。
2010年、目黒にてアトリエ兼ショップを構え「ヒムカシ」をスタート。
製作は産地に赴き素材を作るところから始まり、
服飾設計(パターン)の技術を基本に組み立てる。
素材の特徴を引き出す目的から生まれる簡易構造と
楽しく映るデザインはまるで折り紙の様で、
洋服のみならず眼鏡、靴、靴下まで幅広く展開している。

ツムギ×まちのシューレ963 シャツが入荷しました

2018年6月 7日

高松の伝統的織物「保多織」をつかって衣服をつくられている
「ツムギ」とまちのシューレで、オリジナルのお洋服をつくりました。

ツムギとシューレ.jpg

昨日あたらしくシャツが届きましたのでご紹介します。




ヒヨクシャツ 税込 18,360円 (グレー、白)
サイズ:フリーサイズ

スタンダードなシャツをつくっていただきました。
ちいさめの襟と大きめの胸ポケットがポイントです。

tsumugi_schule_シャツ8.JPG
tsumugi_schule_シャツ7.JPG

IMGP3079.jpg


フレアーシャツ 税込 18,360円(白)
サイズ:フリーサイズ

身幅のある女性らしい一着をつくっていただきました。
両サイドにポケットがついています。丈感もやや長めになっています。

tsumugi_schule_シャツ3.JPG
tsumugi_schule_シャツ4.JPG
tsumugi_schule_シャツ5.JPG


ぜひ店頭でご覧ください。


【保多織】
保多織(ぼたおり)とは、江戸時代に香川で生まれた織物で、「多年を保つ」丈夫な織物として「保多織」と名付けられました。かつては絹糸を使用していましたが、明治維新後に綿中心に変わり用途も増え、県民に親しまれる織物となりました。現在では、岩部保多織本舗さんだけで織られている貴重な織物です。ワッフル状の凹凸が特徴で、通気性と保湿性を兼ね備えているため、冬は暖かく、夏は涼しく、一年中活躍します。

つちや織物所より届きました

2018年5月19日

本日、つちや織物所より、つの袋(ハチオリ、土袋)やコースター、テーブルマット、ティッシュケースが届きました。
つの袋は大中小あり、お色も取り揃えております。ぜひご覧ください。

tutiyaorimonozyo051901.JPG「つちや織物所」は、奈良市内、平城宮跡北の緑豊かな場所にあります。
素材である糸を大切に、可能な限り日本で作られているものを使い、工房で手紡ぎをしています。
布の風合いがいきるかたちを見出し、つくられた作品です。ぜひお手にとってご覧ください。

tutiyaorimonozyo051902.JPG


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Recent Entry

Category

Archive