新着情報

早川ユミちくちくワークショップ「 たねまきエプロンをつくる」

2017年5月21日

161119-047.jpgたねまきする季節には、たねポケットのある衣服を着ます。
たねをあちこちのポケットにしまい、畑にたねをまきます。
たねポケットは、なにかしら手のよりどころになるのです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。

日時:①6月16日(金) 13:00~15:00
     ②6月17日(土) 11:00~13:00
場所:まちのシューレ963 ギャラリー内
参加費:4,300円(飲み物、おやつ付)
持ち物:糸切りばさみ
定員:各回15名(先着順・要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降のキャンセルは¥3,000をいただきます。

作家プロフィール
早川ユミ Yumi Hayakawa
1957年生まれ。夫である陶芸家・小野哲平の窯たきを手伝いながら、アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布などちくちく手縫いして、衣服をつくっている。あちらこちらで展覧会をひらいている。

早川ユミ ちくちくツアー 小野セツロースケッチ展

2017年5月21日

01.jpg早川ユミ ちくちくツアー2017
「たねまき生活の衣服たち展」
2017年6月16日(金)〜7月3日(月) ※6/19(月)定休日
11:00〜19:30 まちのシューレ963 ギャラリー
作家在廊日:6/16・6/17

つくることは、くらすこと。
くらすことは、つくること。

高知の山のてっぺん谷相(たにあい)で、夫である陶芸家の
小野哲平さんと暮らし、旅や谷相の暮らしのなかで得たものを、
ちくちく針仕事で表現する早川ユミさん。
畑しごとなど、たねまき生活にかかせない、
たねポケットのついたもんぺ、カレンシャツ、メオ族農民服、
ネパール農民服、絵日記スモックなどがならびます。
最新エッセイ『ちいさなくらしのたねレシピ』(PHP研究所)
の販売も行います。ぜひお越し下さい。

作家プロフィール
早川ユミ Yumi Hayakawa
1957年生まれ。夫である陶芸家・小野哲平の窯たきを手伝いながら、アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、
泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布などちくちく手縫いして、衣服をつくっている。あちらこちらで展覧会をひらいている。

関連イベント
ワークショップ
「たねまきエプロンをつくる」
たねまきする季節には、たねポケットのある衣服を着ます。
たねをあちこちのポケットにしまい、畑にたねをまきます。
たねポケットは、なにかしら手のよりどころになるのです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。

日時:①6月16日(金) 13:00~15:00 ②6月17日(土) 11:00~13:00
場所:まちのシューレ963 ギャラリー内
参加費:4,300円(飲み物、おやつ付)
持ち物:糸切りばさみ
定員:各回15名(先着順・要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降のキャンセルは¥3,000をいただきます。



02.jpg小野セツロースケッチ展
「セツローさんからのおくりもの」
2017年6月16日(金)〜7月3日(月) ※6/19(月)定休日
11:00〜19:30 まちのシューレ963 ギャラリー

谷相に来てからも、セツローさんはほぼ毎日身の回りにある
野菜や草花のスケッチを描きつづけてこられました。
淡い色彩のなかにある、セツローさんのまっすぐなこころ。
描きためてきた植物のスケッチ、端正こめた祈りの人形、
かんざしを展示販売いたします。
セツローさんからの、やさしいおくりものを
ぜひ見にいらしてください。

作家プロフィール
小野セツロー Setsuro Ono
1929年生まれ。洋画家。自らの美のものさしで、
かんざし、匙、草花のスケッチを制作している。
2005年 『セツローさん』祥見知生著(ラトルズ)
2006年 『セツローさんのスケッチブック』(ラトルズ)
2008年 『セツローのものづくり』(アノニマスタジオ)

STOCK OUT

2017年4月23日

stockout_ol.jpg「STOCK OUT」
2017年5月19日(金)〜5月21日(日)
at.まちのシューレ963ギャラリー 

サンプル品や旧品、訳あり品などをお安くお出しする
stock outを開催いたします。ぜひ、お越しください。

chiclin展

2017年4月23日

chiclin17sDM_ol.jpg「chiclin展」
 2017年5月26日(金)〜6月5日(月)※期間中無休
at.まちのシューレ963ギャラリー 

シンプルなデザイン、着心地の良い素材と着た時のシルエットがとてもきれいなchiclinのお洋服。
今回はリネンやコットンを使った、カーディガンやシャツ、ワンピースなど、これからの季節にぴったりの、カラフルで着心地のよいお洋服がたくさん届きます。どうぞお楽しみにお越しください。

LABORATORIO 展

2017年4月 7日

labo_dm.jpg「LABORATORIO展」
2017年4月21(金)〜5月8日(月) ※期間中無休
at.まちのシューレ963ギャラリー 
作家在廊日:4/21・4/22


長野県松本市にある「LABORATORIO」。
昭和8年に建てられた古いビルを改装したお店です。
今回は、ラボラトリオ主宰で木工家の井藤昌志さんのオーバルボックスや木の道具、信州のおいしい食材や工芸品、信州の作家たちの作品がシューレにやってきます。さらに、ラボラトリオと関係の深い全国のブランドやお店から、洋服やバッグ、雑貨などを出品していただきます。新緑の頃、にぎやかにみなさまをお迎えしたいと思います。
ぜひ、お越し下さい。

2K9G2556.jpg
◯IFUJI BOXMAKER
oval box、table wear、furniture
◯ラボラトリオ
オリジナルてぬぐい・前掛け
信州の食材
信州堂のジャム、ジュース、ワタナベカリー店のカレー粉・ガラムマサラ・チャイ、ハーバルノートのハーブティ、信州のはちみつ、信州の醤油など
信州の作家のもの
和田麻美子(陶)、吉田佳道(竹かご)、金井三和(陶ブローチ等)、田路恭子(ヒツジのオブジェ)、柏木圭(木)、柏木千絵
(陶)、大久保ハウス木工舎(木)、RITOGLASS(ガラス)、ende(アクセサリー)、漆の弁当箱  など

出展ショップ・ブランド
かぐれ(靴下、衣類、コスメ) 
SWIMSUIT DEPARTMENT(雑貨)
COOVA(クロスなど)
TARV(ニット)
dieci(雑貨) 
BIRDS' WORDS(雑貨)
fourruof(バッグ)
MITTAN(洋服) 
raregem(バッグ)
ゆかい社中そらぐみ(司製樽のおひつなど)

labo_rogo-01-01.jpg

関連イベント

7309.jpgLABORATORIO CAFE ラボラトリオカフェ 

ラボラトリオカフェが1日限定オープン。人気のマフィンや焼き菓子をお出しします。展示をご覧いただく合間に、ゆっくりとお過ごしください。

日時:4/21(金) 12:00-16:00ぐらいまで
場所:店内キッチンスペース
※入場無料。ご予約は不要ですので、直接会場へお越しください。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11