新着情報

AJI PROJECT 2016

2016年7月 3日

ajiproject2016image-01.jpgajiproject2016image-02.jpgAJI PROJECT 2016
2016.7/30(土)〜8/16(火)
at.まちのシューレ963

11:00-19:30
※会期中無休

香川県高松市の八栗五剣山で産出される「庵治石」。他の花崗岩(かこうがん)に比べて硬く丈夫できめが細かいため、細かな細工を施し、長く保存することができます。山麓の牟礼・庵治町には多くの石工とよばれる職人たちが住まい、その技術を伝えつづけてきました。
「AJI PROJECT」は、そんな庵治石と石工たちの技術で、暮らしによりそうプロダクトをつくりだしています。今回は鍋敷きやブローチなど新しいシリーズに加え、これまで発表してきた製品の両方を展示販売いたします。 ぜひお越し下さい。


関連イベント
①「Cycling for AJI / MURE

tyrellevent_A5.jpg

香川発のバイクブランド「Tyrell(タイレル)」に乗って AJI PROJECTゆかりの牟礼庵治周辺をめぐるツアーです。
瀬戸内海の風を感じながらのサイクリング、石屋さんの立ち並ぶ風景を見たり、職人の話を聞く など盛りだくさんの内容です。
自転車はタイレルから貸し出しで、瓦町駅からはサイクルトレインに自転車 を乗せて現地まで行くので、
サイクリングツアーはじめてという方でも、ぜひご参加ください。
日時:2016年8月11日(木祝) 
定員:10名
料金:4,000円(ことでん乗車券、保険料、昼食代込み)
申込:お電話または店頭にて受付開始
ご応募の受け付けは終了いたしました。

【サイクリングスケジュール】
9:00 まちのシューレ963集合
10:00 出発
10:26 瓦町駅 サイクルトレイン乗車
10:45 八栗駅 サイクルトレイン降車
採石場などをみながらサイクリング
11:20 岡田石材工業 到着 職人・岡田さんのお話しをきく
12:00 庵治観光交流館にて昼食
ながめがいい城岬公園へ!写真撮影など
14:25 八栗駅にて解散


Tyrell(タイレル)
2004年に設立された香川発のバイクブランド。デザイン性、機能性、独創性を高いレベルで融合したミニベロのデザ イン・製造を通じて、バイクライフの楽しさや喜び、感動を多くの人々に伝えることが基本理念。


②「石工さん在廊
AJI PROJECTは複数の石材屋さんがあつまって、さまざまなラインをつくっています。
伝統の技を持ち、新しい製品づくりに挑む職人さんたちの「生」の声を聞くことができます。
日時:➀7月30日(土) ➁8月6日(土) 両日共13:00〜15:00
※事前の申込は不要ですので、上記お時間に直接会場にお越し下さい。


Tyrellevent.jpg

同時開催
「Tyrell 展示会」
今回サイクリングツアーを協賛していただく「Tyrell(タイレル)」の商品をシューレに展示します。普段 専門店でしか見ることができないバイクを、ぜひ見にいらしてください。 ※当日の試乗はできませんので、あらかじめご了承下さい。
日時:2016年8月6日(土)・8月7日(日) 両日共11:00~19:00 



ヤオイタカスミ+大桃沙織

2016年5月13日

yaoitakasumiomomosaoriblog.jpgヤオイタカスミ+大桃沙織
2016年6月17日(金)〜6月26日(日)
 ※6/20(月)定休日
11:00〜19:30
at まちのシューレ963 ギャラリー


麻をつかった、着心地の良いワンピースやチュニックをつくるヤオイタカスミ。
真鍮やアルミニウムを、さまざまな技法でアクセサリーや道具にする大桃沙織。
2人の「モノつくり」がうみだす、愉しい夏のマーケットです。
今回は、ヤオイタカスミとアーティスト・小木曽瑞枝がコラボレーションしたお洋服「titta! titta!」もご紹介します。


新潟フェア同時開催!
会期中、お2人が活動の拠点としている新潟の美味しいお味噌や、お米を使った食材などが届きます。また、「BOOKS f3」から、新潟やお2人をイメージした書籍も届きます。ぜひお立ち寄りください。



■作家プロフィール■
ヤオイタ カスミ  YAOITA Kasumi
東京生まれ
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科卒業
新潟県長岡市在住
2004年から主に麻の素材を使って服の制作活動開始
ギャラリーを中心に個展・グループ展
http://www7.plala.or.jp/yaoitakasumi/

大桃 沙織  OMOMO Saori
1979  新潟県新潟市生まれ
2003  長岡造形大学造形学部産業デザイン学科・工芸デザインコース 鍛金 卒業  
2010  第49回日本クラフト展  入選
2011 第50回日本クラフト展 入選
2012  工芸都市高岡2012クラフトコンペティション コンテンポラリー部門グランプリ
http://ysomomo.jimdo.com/

横山拓也陶展

2016年4月26日


yokoyamatakuyaten1.jpg

横山 拓也 陶展
2016年6月3日(金)〜6月13日(月)
※会期中無休
11:00〜19:30
作家在廊日:6/3、6/4、6/5


白い貫入のうつわと、漆黒のうつわ。

織部の緑。

静かな佇まいに、強烈な「自己」がのっている。

これ以上はない、と思う愉しみ。



横山 拓也  YOKOYAMA Takuya
1973 神奈川県生まれ
1998 立教大学社会学部卒業
2000 多治見市陶磁意匠研究所を終了後、同地にて独立

yokoyamatakuyaten2.jpg関連イベント

①日本酒BAR
日本酒好きの横山さんにちなみ、1日だけの日本酒バーが開店します。
香川に地酒メーカーおすすめの日本酒と、
香川のお野菜などをつかった美味しいおかずの店です。
香川の酒造メーカーの杜氏さんがバーの店主となって日本酒を使ったサングリアなど、新しい楽しみ方を提案するほか、
徳島神山で新たに活動を開始した「Food Hab Project」による、香川の地産地食の料理が並びます。
日時:2016年6月4日(土)  18:00〜19:30 
会場:ギャラリー店内
料金:4,000円(香川の地酒飲み比べ+お料理)
定員:30名(先着順)


②シューレの茶会「芒種」
横山さんの道具をつかった茶会をいたします。
新しいお道具との出会いを、ぜひお楽しみください。
日時:2016年6月5日(日)
① 13:00〜 ② 14:00〜 ③ 15:00〜 ④ 16:00〜 ⑤ 17:00〜
定員:各回 10名
席主:中條 晴之・原 大策
料金:1,000円(お菓子付)

evam eva 展 2016 spring & summer

2016年4月20日

2016SSevameva.jpg
evam eva 展
2016 spring & summer


2016.5.13 fri - 5.22 sun
11:00〜19:30 (5/16定休日)

旅先で出会う乾いた大地の質感

日常とは異なる鮮やかな色彩

素材の持つ質感の違いと、色の重なりを自由に纏う


コットンやリネン素材を中心に、春夏のアイテムがそろいます。
今回は青をテーマにした藍染めのお洋服もご紹介します。
どうぞお楽しみお越し下さいませ。

■会期中evam eva商品を税込15,000円以上お買い上げのお客様、先着40名様に限定ショッピングバックを差し上げます。

■evam evaのお洋服がつくられている、山梨県より、焼き菓子の詰め合わせや桃のシロップ漬け、甲州味噌など、おいしいものも届きます。

小野哲平陶展 Ⅱ期「解放する、もの。」

2016年3月29日

うつわを通して伝えようとしていること。
つながりあい、そして解放されること。

春の瀬戸内で、 高知の陶芸家 ・小野哲平の陶芸作品を2期にわけてお伝えする展示会です。
今年は瀬戸内国際芸術祭2016の開催年にあたります。
生活とアートを「真に」つなぐ、 骨太でまっすぐなうつわがそろいます。
ご期待ください。

小野哲平陶展Ⅱ期image.jpg
小野哲平陶展 Ⅱ期「解放する、もの。」
2016.4/2(土)〜4/17(日)
11:00〜19:30 ※会期中無休
at.まちのシューレ963 ギャラリー



ー道具としてのうつわから解放されるもの。
土からうまれ、哲平さんの手と、火の力でかたちづくられたうつわ。
そこに込められたものを感じ、慈しみ、愉しむ。
日常の道具としてだけではなく、人のそばに寄り添い、つつむ強さにあふれています。
花器、壷、蓋のあるものなど。
スケールの大きな作品が並びます。
かけがえのない、出会いがありますように。



onoteppeitouten2ki.jpg
小野 哲平 ONO Teppei
1958 愛媛県生まれ
1978 備前にて弟子になる

1980 沖縄・知花にて弟子になる

1982 常滑の鯉江良二さんの弟子になる
1984 アジアの弟子になり、タイ・ラオス・インド・ネパール・インドネシア・マレーシアを子連れで回る
1985 常滑の小さな山の中にて窯と仕事場をつくる
1987 タイ・バンコクのシラバコーン美術大学にて制作+展覧会、インド放浪をして8ヶ月を過ごす
1991 マレーシア・マラ工業大学にて制作+展覧会

1997 タイ・ナコーンラチャシマ県のダァンクェーン村の亀の窯にて制作

1998 高知の山のてっぺんの棚田の真ん中に移住
2001 3年がかりで薪窯をつくり、薪窯の弟子となる






‹ 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

Recent Entry

Category

Archive