新着情報

MONPEフェア

2017年5月30日

monpe.jpg「MONPEフェア」
2017年7月12日(水)〜8月2日(水)
※7/18(火)定休日 11:00〜19:30    
まちのシューレ963雑貨ブース



久留米絣を現代風に仕立て上げ、カジュアルな日常着にした
「うなぎの寝床」の"MONPE"。
もんぺ、というと腰回りのゆったりした農作業着のイメージがありますが、
普段履きしやすい様に、腰回りをすっきりさせ細身にしています。
吸水性がよく乾きも早いので、日常着にはもちろん、海や山へのレジャーに、
また農作業に大活躍します。
夏の日常をたのしくするMONPEをぜひ、お楽しみください。

高知フェア

2017年5月21日

kouchi_2017_02.jpg高知フェア
2017年6月15日(木)〜7月3日(月) ※6/19は定休日
11:00〜19:30 at.食品ブース


早川ユミさんの、ちくちくツアー2017
「たねまき生活の衣服たち」展、
小野セツロースケッチ展
「セツローさんからのおくりもの」に合わせて、
高知のおいしいものがたくさん届きます。
どうぞお楽しみに!

◯黒潮町缶詰製作所
カツオやマグロのおかず缶詰

◯KOCHI GOOD FOODS
「まぜまぜジンジン」(酢飯のもと)
文旦ジュースなど

◯四万十やまのうえ商店
四万十川のほとりで栽培された落花生

◯drie
植物性の素材のみを使用して作る、シンプルで素朴な焼き菓子

◯土本観光果樹園
果物のジャム
梨のドレッシング

◯まるふく農園
ハーブの香るクッキー
スコーン(6/16,23販売、数量限定)

◯mongo mongo
洋菓子
パン(6/17,24販売、数量限定)

◯フルヤジオーガニックス
畑のラー油、季節のジャム
自家産小麦粉のクッキー

◯山﨑酒店
「ふもとのいずみ」(特別純米酒)
小夏や生姜のリキュール            など

早川ユミちくちくワークショップ「 たねまきエプロンをつくる」

2017年5月21日

161119-047.jpgたねまきする季節には、たねポケットのある衣服を着ます。
たねをあちこちのポケットにしまい、畑にたねをまきます。
たねポケットは、なにかしら手のよりどころになるのです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。

日時:①6月16日(金) 13:00~15:00
     ②6月17日(土) 11:00~13:00
場所:まちのシューレ963 ギャラリー内
参加費:4,300円(飲み物、おやつ付)
持ち物:糸切りばさみ
定員:各回15名(先着順・要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降のキャンセルは¥3,000をいただきます。

作家プロフィール
早川ユミ Yumi Hayakawa
1957年生まれ。夫である陶芸家・小野哲平の窯たきを手伝いながら、アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布などちくちく手縫いして、衣服をつくっている。あちらこちらで展覧会をひらいている。

早川ユミ ちくちくツアー 小野セツロースケッチ展

2017年5月21日

01.jpg早川ユミ ちくちくツアー2017
「たねまき生活の衣服たち展」
2017年6月16日(金)〜7月3日(月) ※6/19(月)定休日
11:00〜19:30 まちのシューレ963 ギャラリー
作家在廊日:6/16・6/17

つくることは、くらすこと。
くらすことは、つくること。

高知の山のてっぺん谷相(たにあい)で、夫である陶芸家の
小野哲平さんと暮らし、旅や谷相の暮らしのなかで得たものを、
ちくちく針仕事で表現する早川ユミさん。
畑しごとなど、たねまき生活にかかせない、
たねポケットのついたもんぺ、カレンシャツ、メオ族農民服、
ネパール農民服、絵日記スモックなどがならびます。
最新エッセイ『ちいさなくらしのたねレシピ』(PHP研究所)
の販売も行います。ぜひお越し下さい。

作家プロフィール
早川ユミ Yumi Hayakawa
1957年生まれ。夫である陶芸家・小野哲平の窯たきを手伝いながら、アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、
泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布などちくちく手縫いして、衣服をつくっている。あちらこちらで展覧会をひらいている。

関連イベント
ワークショップ
「たねまきエプロンをつくる」
たねまきする季節には、たねポケットのある衣服を着ます。
たねをあちこちのポケットにしまい、畑にたねをまきます。
たねポケットは、なにかしら手のよりどころになるのです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。

日時:①6月16日(金) 13:00~15:00 ②6月17日(土) 11:00~13:00
場所:まちのシューレ963 ギャラリー内
参加費:4,300円(飲み物、おやつ付)
持ち物:糸切りばさみ
定員:各回15名(先着順・要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降のキャンセルは¥3,000をいただきます。



02.jpg小野セツロースケッチ展
「セツローさんからのおくりもの」
2017年6月16日(金)〜7月3日(月) ※6/19(月)定休日
11:00〜19:30 まちのシューレ963 ギャラリー

谷相に来てからも、セツローさんはほぼ毎日身の回りにある
野菜や草花のスケッチを描きつづけてこられました。
淡い色彩のなかにある、セツローさんのまっすぐなこころ。
描きためてきた植物のスケッチ、端正こめた祈りの人形、
かんざしを展示販売いたします。
セツローさんからの、やさしいおくりものを
ぜひ見にいらしてください。

作家プロフィール
小野セツロー Setsuro Ono
1929年生まれ。洋画家。自らの美のものさしで、
かんざし、匙、草花のスケッチを制作している。
2005年 『セツローさん』祥見知生著(ラトルズ)
2006年 『セツローさんのスケッチブック』(ラトルズ)
2008年 『セツローのものづくり』(アノニマスタジオ)

SHOES LIKE POTTERY フェア

2017年5月17日

shoes_ol.jpg「SHOES LIKE POTTERY フェア」
2017年6月9日(金)〜 6月26日(月)
 ※6/19(月)は定休日です。
at.まちのシューレ963ギャラリー 

シンプルなデザインと靴底の青色が特徴のスニーカーSHOES LIKE POTTERY(シューズライクポタリー)。
SHOES LIKE POTTERYは福岡・久留米に140年続く履物メーカーが作ったスニーカーです。その名のとおり、窯で焼き物のように仕上げる「ヴァルカナイズ製法」で作られており、ソールがしなやかで、美しいシルエットを保つことができます。
今回は常設で取り扱いのない、ハイカットシューズや、フットベッド(中敷)がコルクの、Doek(ズック)シリーズも並びますので、
この機会にぜひ、お越しください。

SHOES LIKE POTTERY
http://www.shoeslikepottery.com/
‹ 前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15