新着情報

めし碗展 / ごはんのとも展

2018年10月11日

_DAD8054.jpgめし碗展 / ごはんのとも展
2018年11月17日(土)〜12月3日(月)
※11/19(月)定休日
11:00-19:00 
まちのシューレ963 
共催:うつわ祥見


米をたべるためのうつわ、「めし碗」。
身近にあって、だれもが日々のなかで使う道具です。
だからこそ「掌(たなごころ)」を大事に、
自分だけの一客を使いたいと思います。
ほんとうに美味しいその年の米とともに、
めし碗ばかりをあつめた展示です。
さらに、梅干しや塩辛、
香の物のための皿などをあつめた
「ごはんのとも展」も同時開催しますので、
どちらもお楽しみに、お越し下さい。

出展作家
伊藤環  上野剛児  尾形アツシ  岡本純一   小野哲平  工房あめつち 
境道一  境知子  島るり子  須藤拓也  田宮亜紀  田村文宏
八田亨  服部竜也  藤塚光男  村木雄児  山田隆太郎 


【関連イベント】
_DAD8079.jpg「めし碗でたべる。--ご飯とおかず-- 」   
めし碗で、香川県産を中心に美味しいご飯の食べ比べと、お米に合わせたおかずを食べていただく料理会を開催します!その中でトークイベントとして「うつわ祥見」主宰の祥見知生さんによる、めし碗の選び方や楽しみ方のレクチャーと、お米を選んでいただいた溝口食糧さんによる、お米の深いお話しをしていただきます。
お料理は、地産地食をモットーに徳島県神山町で活動を開始した、農業の会社 「㈱フードハブ・プロジェクト」の食堂「かま家」の料理長・細井恵子さんです。香川県産の野菜や肉をつかい、お米との美味しいマッチングを目指します。
「飯」を味わいつくすイベントに、ぜひお越しください。
※本イベントは「さぬきダイニング」の事業として開催いたします

日時:11月23日(金祝)18:00〜20:00    
場所:カフェ963にて
お話し:祥見知生(うつわ祥見主宰)・溝口雄介(溝口食糧)
料理:細井恵子( Food Hub Project「かま屋」料理長)
参加費:5,000円(1drink付き)※2drink以降は実費となります
定員:30名( 要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。それ以降はキャンセル料をいただきます。

【同時開催】
「おこめフェア 」
高松市多賀町のお米屋さん「溝口食糧」さんから、香川県産を中心とした珍しくておいしい新米が届きます。
今回は料理会でもご一緒する、徳島の農業法人フードハブプロジェクトのお米やごはんのおともも並びます。
あわせて、ごはんにぴったりなお漬け物や瓶詰めのおかずなど、
ごはんのおともを全国からお取り寄せします。
ほんとうにおいしい秋の恵みを、ぜひお楽しみ下さい!

日時:11月9日(金)〜 11月25日(日)   
場所:店内食品ブース



めし碗展 × Food Hub Project 連動企画

◯ めし碗展@神山 POP UP SHOP
2018.11.24 sat ~12.3 mon
まちのシューレ963のギャラリーを飛び出し、めし碗展を「かまパン&ストア」にて出張開催します! お隣の「かま屋」でFood Hubのお米と料理を堪能した後は、ぜひストアでうつわを選んでみてください。

◯ めし碗でたべる。-ご飯とおかず-@神山「かま家」
日時:11月24日(土)
①16:00~ 「うつわのお話」
祥見知生×真鍋太一(Food Hub Project支配人)
②18:00~ 食事会「神山の新米とごはんのおとも自慢大会!」
参加費:2,500円(ご飯、おともなくなり次第終了)
〒771-3311 徳島県名西郡神山町神領字北190-1
かま屋 05020242211(担当:清家) 
かまパン&ストア 0886761077(担当:細井)
URL: foodhub.co.jp/     
定休日:月・火(祝日の場合は営業)

シューレの庭マルシェ 秋

2018年10月 2日

庭マルシェ.jpg
2018年11月4日(日) 11:00~15:00ごろまで
@シューレテラス
(雨天の場合はテラス軒下と店内で開催)


秋をむかえたシューレのテラスで、1日限りのマルシェを開催します。
作り手とゆっくり語らいながらお過ごしくださいませ。



【出店者ご紹介】

・おかし工房Botan(観音寺) キッシュ、焼菓子など

・グリュースゴット(三木) ドイツ菓子(クッキー・シュトーレンなど)、ドイツデリカ(惣菜)、ドイツソーセージの自家製パイなど

・コモンハンズ(まんのう) 琴南のきれいな水と空気で、農薬や化学肥料を使わずに育てた新鮮野菜

・しまど(愛媛・大三島) 自然農法で作られた大三島の柑橘を皮ごと丸ごと搾ったみかんジュースや柑橘など

・soe farm(豊島) 日本みつばちの蜂蜜と小さな瓶詰め

・旅ベーグル(丸亀) ベーグル、旅スパイス、自家製パテドカンパーニュを使ったベーグルサンド、自家製アイスクリーム

・ミヤモト惣菜店(高松) 自家製スモーク、コンフィ、季節のやさいのおかず



※出店者、出店内容は一部変更になる場合がございます。


「from West-人とモノが集う場所-」に出店いたします。

2018年9月28日

from_west_2018_vol1_front.jpg
from West-人とモノが集う場所-

2018
9/29(土)・9/30(日)
10:00〜16:00
会場:岡山RSKバラ園
入場料:200円(中学生以下の方は無料です)


第3回目となる岡山蚤の市を開催いたします。
モノの大切さを楽しみながら感じられる場所を作りたいという想いから、2018年9月29日・30日、岡山RSKバラ園にて全国から総勢約100店舗のアンティーク・クラフト・植物などを専門で扱うSHOP・作家さんが一同に集まるイベント『from West~人とモノが集う場所』が始まります。 暮らしの中で大切にしたモノとの出会いの場にしたい。モノを通じて人がつながり、笑顔が広がる場所を作りたい。 そんな想いが『from West~人とモノが集う場所~』につまっています。 来場者・出展者、ここに集まる人全てが楽しめるイベントです。

9月29、30日開催のfromWestですが、
30日は台風接近のため中止となりました。

まちのシューレ963が参加する、
9月29日は予定通り開催いたします。
ぜひお越しくださいませ。

from West-人とモノが集う場所-
特設HP http://from-west.net/

evam eva 展

2018年9月14日

evameva2018aw.jpg
evam eva 展
2018年10月25日(木)〜11月5日(月)
11:00-19:00 
まちのシューレ963 会期中無休



あるがままの美しさ

少しだけ手を加え 纏うものへ

コットンにウール リネンにウール 肌あたりがさらりとしたウール
秋冬の素材も組み合わせや糸の作り方、使い方により季節に寄り添う風合いに。
気候の変化にあわせて呼吸する素材を、ローブやシャツなどに仕立てました。
ニットなどの定番商品から シーズンのアイテムまで、幅広くご覧いただけます。
ぜひ肌に触れて感じてみてください。

フィンランドの伝統手芸で ブレスレットをつくるワークショップ

2018年8月30日

takkuws_schule2.jpg


ヘイディ・フースコさんをお招きして、サーミブレスレットを作るワークショップを開催します。ヘイディさんは故郷フィンランドで学んだ手工芸を伝えています。 サーミブレスレットは、北欧のサーミ族の人々に、古くから受け継がれてきた伝統的なもので、トナカイ革にピューター製の糸状ワイヤーを編み込んでつくります。北欧では、身につけていると幸せが訪れるといわれています。
この機会にフィンランドの文化に触れてみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしております。


日   時:2018年10月20日(土)
     ①11:00~13:00 ②14:00~16:00
     ③16:30~18:30
会   場:まちのシューレ963
定   員:各10名(要予約・先着順)
参 加 費:6,500円(ケーキとコーヒー付)
講   師:Takku ヘイディ・フースコさん

●好きな色をお選びの上教えて下さい。
白/ナチュラル/キャメル/水色/ ネイビー/赤/黒

【ご予約は店頭またはお電話にて承っております】
まちのシューレ963 TEL 087-800-7888
(受付11:00-19:30)

キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。
※以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の50%(3,250円)いただきます。




heidi+huusko+takku.jpg
ヘイディ・フースコ
幼い頃から手芸に興味を持ち、オクスフォード・
アムステルダム・京都で、衣類の構成や布を学ぶ。
ファション業界とデザイン業界を経験した後、
現在はワークショップを中心に、フィンランドの手芸についての執筆や、アクセリー・インテリア用品のデザインも手がける。

Takku
‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11