新着情報

オビカカズミ 4月はじまりカレンダー

2017年3月12日

今年も、香川県在住のイラストレーター オビカカズミさんの「4月はじまりカレンダー」が届きました。

obikakazumi01.jpg今年のモチーフは瀬戸内海の男木島(おぎじま)でとれる魚や野菜、果物、お花。
オビカさんらしい色使いで、これからの1年を明るく彩ってくれるようです。

obikakazumi02.jpgシューレオリジナルの木のフレームにもぴったりです。

obikakazumi03.jpgカレンダーとして使い終えた後は、ポストカードとして使えるようになっていますので、プレゼントにもおすすめです。

このカレンダーの原画展を今年男木島と小豆島で開催されるそうですので、そちらも大注目です。


オビカカズミ 4月はじまりカレンダー
税込 1,080円

http://obika-kazumi.com/

森羅 石粉塗のプレートが届きました

2017年3月10日

ishiko_01.jpg森羅Sinraによる「石粉(いしこ)塗り」が届きました。
石粉とは、高松原産の「庵治石」の細かい粉のことです。おもに墓石などに使用される庵治石は「花コウ岩のダイヤモンド」とよばれるほど硬く、丈夫です。そんな庵治石の粉を漆にまぜて塗ることにより、金属カトラリーを使っても傷が目立ちにくく、指紋がつきにくいという漆器ができあがりました。他の漆器と同じくお手入れも簡単。ぜひ店頭にお越しいただき、お手にとってその新しい感触を確かめてください。

ishiko_02.jpg7寸鉢   12,960円(税込)
9寸皿   15,120円(税込) 

ishiko_03.jpgishiko_04.jpg

soe farmさんより季節のビン詰め商品が届きました。

2017年3月 9日

岡山県、宇野港のほど近くで日本みつばちを飼い、自然によりそうことをおもしろがる農を営まれている「soe farm(ソエファーム)」さんより旬の果物や野菜をつかった、ジャムや調味料が届きました。

IMGP1769.jpg

soe farmさんは自給した素材で作るごはんや小さな瓶詰め、ハチミツや漬物の量売り、蜜蝋を使ったワークショップなど主にイベントと宇野の魚市場などで出張販売されています。


IMGP1771.jpg

今回届いたのは、豊島産農薬不使用のレモンをきび糖で炊いた「レモンジャム」(左)や、国産は珍しい岡山県玉野産のブラッドオレンジを使ったジューシーなジャム(右)

IMGP1744.jpg

みつばちに受粉を手伝ってもらったマスタードシードと玉野産ハチミツを使った「ハニーマスタード」(右)、前回入荷時に人気だった「パクチー胡椒」(中央)や自然栽培のたまねぎと大豆で仕込んだ玄米味噌を使った「たまねぎ味噌」(左)なども届いております。

IMGP1747.jpg

ラベルのデザインも素敵なsoe farmさんの小さな瓶詰めを、ぜひ店頭でご覧くださいませ。

岩田圭介さんよりコロ椀、片口、ぐい呑みが届きました

2017年3月 3日

iwatasannyuka2.jpg
陶芸家 岩田圭介さんから
コロ椀、片口、ぐい呑みが届きました。
ひとつひとつ表情が違っており、見ているだけで嬉しくなる岩田さんの器たち。
ぜひ日常で使っていただきたいと思います。

RIRI TEXTILE よりストールやクロスが届きました

2017年2月23日

梅のつぼみがほころぶ季節。
まだまだ寒さが厳しく、春の訪れが待ち遠しいですね。

手仕事ブースに優しくて爽やかなストールとテーブルマットが届きました。
埼玉県在住の染織作家 RIRI TEXTILEさんの、手染め手織りの作品です。


緯刺し子織のストール。
パターンを織りつつ組み合わせていく「緯刺し子織」。
同じパターンの組み合わせになることは無いため、模様も少しずつ違っております。
こちらも手染めされ、すべて手織りで作られております。
riritextile4.jpgriritextile5.jpgriritextile6.jpg緯刺し子織ストール藍ベース 税込30,240円
緯刺し子織ストール 税込27,000円


こちらは同じ緯刺し子織のクロスです。
riritextile2.jpg
riritextile3.jpgSサイズとLサイズのご用意がございます。
S(430mm×430mm)税込 3,456円
L(430mm×610mm)税込 3,996円

riritextile8.jpgRIRI TEXTILEさんの作品はすべて染料や糸、布などにもこだわり、自然のものを使用して作られています。
優しい雰囲気の中に、綺麗な織りが美しく、思わずうっとりしてしまいます。


_________________

作品に使う糸や布、染料は、自然のものを使い、
ひとつずつイメージに合わせて素材や技法を選びながら作品をつくっています。

染めること、織ること、縫うこと、紡ぐこと、
そうしてできた作品をだれかに選んでもらうことは、
わたしにいろいろなことを教えてくれます。

それは「つくる」という作業の中の直接的な意味だけにとどまらず、
私自身の考え方、在り方に関わるようなこと。
すこし大げさかもしれませんが、ものづくりを続ける理由はそんなところにあるのかもしれません。


暮らしのなかで使うものをつくるということは、使う人の日常に寄り添うことだと考えています。

だれかの暮らしのなかにさりげなく佇んで、
そのうちに、人や日常に気持ちよくなじんでいってくれるものであるように。
できれば長い時間を共にしてもらえるものであるように。
 
そんな思いを大切に制作しています。


RIRI TEXTILE
http://riritextile.wixsite.com/riri-textile
_________________



‹ 前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15