日々のこと

シューレの時間 vol.9 シューレのお料理教室:お菓子編 フォトレポート

2011年6月30日


matsuoka1.jpg6/28(火)、
「カフェレストMIMOCA」「五風十雨」のパティシエ、
松岡順二さんをお迎えしての初のお菓子教室を開催いたしました。

matsuoka7.jpg今回のメインは、旬のさくらんぼを使ったロールケーキ。
生地の混ぜ方、砂糖を加えるタイミングなど、とても丁寧に教えていただきました。
美しく焼きあがった生地を前に、会場からは思わずため息...。


matsuoka2.jpgロールケーキの中身は、アメリカンチェリー、国産さくらんぼ、
そして缶詰のサワーチェリーをシロップで炊いたもの、
3種のさくらんぼを贅沢に巻き込んでいます。
中心部には、ガナッシュという固めのチョコレートクリーム。
プロならではの組み合わせです。

「ご家庭でつくられる場合は、お好きなフルーツでお試しください。
 生地と生クリームだけでも十分においしいですよ」と松岡さん。


matsuoka6.jpg
そしてもう1品、プルーンとショコラの焼き菓子も教えていただきました。

matsuoka4.jpgプロならではの技を間近で見ようと、
みなさま席を立って真剣に作業の様子を見つめていました。
「あまりの美しい手さばきに、癒されました」というお客様も。


matsuoka3.jpg最後は待望のロールケーキの試食。
フランボワーズのソースと粉糖をあしらった、とてもかわいらしい盛り付けです。



matsuoka5.jpgプルーンとショコラの焼き菓子は、お土産として、
皆さまにお持ち帰りいただきました。


たくさんの工程があるにも関わらず、
1つ1つの作業のコツを丁寧に、正確に教えていただき
お客様からも「わかりやすかった」の声をたくさんいただきました。
松岡さん、素敵なお料理教室を、ありがとうございました。


次回のお料理教室は、7月末頃を予定しております。
詳細が決まりましたら、店頭やホームページの新着情報ページで
ご案内させていただきますので、どうぞお楽しみに。



旅行のお供にどうぞ。ちぎれる石鹸「one awa」が届きました

2011年6月29日

旅行やちょっとした外出先で役立ちそうな、ちぎれる石鹸「one awa」が届きました。

oneawa.JPGone awa soap 6.5g 税込 378円/6.5g×5 税込 1,575円


材料は天然素材のものを使用。しっとりとした使い心地のオレンジとペパーミントの香りが爽やかな石鹸です。
オリジナルのネットもついていて極め細やかな泡が簡単に作れます。


oneawa_2.JPG

朝ちぎって、洗顔に。夜またちぎってボディクレンジングに。
生活スタイルに合わせてさまざまな使い方ができるとても便利なアイテムです。

「旅行先でもスキンケアには気を使いたい、かと言って、石鹸を持っていくのは荷物になる...」
そんな時のお供にどうぞ。

パッケージもおしゃれなので、お土産にもおすすめです。


シューレのお茶会 第3回 フォトレポート

2011年6月18日

「異国の器を楽しむ茶会VOL.2」は、紫陽花の季節、梅雨空の下
で開催されました。


DSC_0001.jpg異国の器とあわせて特別にご用意したのが、現在、高松市美術館で
開催中の『人間国宝 三代徳田八十吉展』と関連した、四代八十吉の
器と水差しです。
今の季節にあった、涼し気で美しい佇まいに、ご参加くださった皆さん
からも、ご好評をいただきました。

DSC_0036.jpgお菓子は「水無月」。暑い季節に、天皇へ献上するため氷室から出して
きた氷を模した、涼しげなお菓子です。
季節を感じさせる茶席の演出は、日々の生活の中にも取り入れて
いただけることと思います。

DSC_0040.jpg茶席を初めて体験される若い方から、着物をおめしの方まで、
多くのお客様にお越しいただきました。

DSC_0024.jpg次回の茶席のテーマは「氷点てのお茶」。
7月15日金曜日の開催です。
暑い季節にぴったりの、冷たいお茶をご用意して
皆さまのお越しをお待ちしております。



くるみの木オリジナル靴下「絹と綿」入荷しました

2011年6月13日


生活雑貨に新しい仲間が入りました。

RIMG0080.jpg


くるみの木のオリジナル靴下「絹と綿」です。

内側が絹100%、外側が綿100%で作られています。絹は体内の老廃物を汗と一緒に吸い出すと言われています。
夏はさらさらで心地良く、冬はあたたかい。絹と綿のよさを感じることができる一足です。

「冷えとりガールのスタイルブック」で話題にもなった「冷え取り」にも活用できます。

「冷えとりガールのスタイルブック」
http://www.shufu.co.jp/books/00004582.html




RIMG0079.jpgRIMG0084.JPGS丈 税込1,470円/L丈 税込1,680円


サイズはワンサイズで23〜25cmの方に。

長さは2種類あり、S丈はくるぶしまで、L丈はふくらはぎの真ん中くらいまでの長さです。

グレー、オフホワイト、グリーン、イエロー、ブルーの5色のバリエーションがあり、重ね履きして色の組み合わせを楽しむのもおすすめです。

私も早速、購入してみましたが、靴下によくあるゴムの締めつけ感が全く無く、とても履き心地がよく気に入っています。
お店にお越しになった際はぜひ手に取って見てみてください。




くるみの木オリジナル靴下「絹と綿」入荷しましたの続きを読む

シューレの時間 vol.7 金継ぎワークショップ フォトレポート

2011年6月10日

大人の学びの場・シューレの時間。
今回は金継ぎワークショップを開催しました。
講師は古道具店「MARUTE」店主の小笠原哲也さんです。

marute_owner.jpgのサムネール画像金継ぎとは、割れたり欠けたりした焼き物などを漆で接着し、
繕った部分に金を装飾していく修理方法のことです。
今回は金の他に、銀継ぎもご用意しました。

まずは、割れた部分などに接着剤とベンガラを混ぜたもの
を塗り、固定させます。
乾いた後は、余分なところを磨き落とし、漆を塗ります。

IMG_1528.jpg
IMG_1504.jpg
IMG_1534.jpg

ちなみに漆は水分が蒸発して乾燥するのではなく、成分が
内部で変化して乾燥するのだそうです。
この漆の乾ききらないうちに、素早く金・銀粉を付着させると
できあがりです。余分な粉を落として定着させると、金や銀
の美しい線が現れて、まるで初めからそうであったかのような
文様がうかび上がります。

IMG_1542.jpgIMG_1524.jpg
その仕上がりに、参加してくださったお客様は大変よろこばれ
ていました。お客様からは「欠けてはいたが捨てられない食器
が気になっていたのでうれしい」「永年の夢がかなった」などの
お声をいただきました。

IMG_1510.jpg小笠原さんの丁寧なご指導もあり、お客様からは定期的
に金継ぎをやってほしい、とのご要望もいただきました。

また来月にも引き続き、金継ぎを予定しております。
HPなどでお知らせいたしますので、お楽しみに。

‹ 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12