日々のこと

クロダの手袋が届いています

2019年11月 9日

kuroda_tebukuro5.JPG手仕事のコーナーに東かがわ市の「クロダ」の手袋が届いています。日本の手袋生産量の9割を占める東かがわ市で、レザーグローブを中心に40年以上手袋を作る「クロダ」。世界中の優れた素材を使い、鞣し、裁断、縫製まで自社で行っています。鮮やかな色のレザーグローブから、ハラコ素材やジャージ素材などが揃っています。男性用のサイズやアウトドア用の手袋も届いています。ぜひ店頭でご覧くださいませ。

まずはレディースからご紹介です。kuroda_tebukuro2.JPG↑甲側にベビーカーフ(ハラコ)、掌側にイタリーラムを使用。裏地にはカシミヤ100%使用しています。全長を25cmと長めにして手首が隠れるミドルレンジ。細身で指を長めに型を製作し、甲側はベビーカーフのリッチなテイストで、シックな仕上がりです。kuroda_tebukuro1.JPG↑ジャージグローブ手袋。ジャージはシワになりにくく肌触りがよく暖かい素材です。裏地はやわらかく温かなマイクロボアを使用していたり、指先のスリットから指が出せるのでスマホ操作もらくらくです。

kuroda_tebukuro12.JPG↑イタリアポルトラーノ社の丁寧になめされた羊革を使用し、裏にはカシミヤ100%を使用しています。イタリア革とニットカフスの組合せでカジュアルな上品さをデザイン。細身で指を長めに型を製作し、ピケ縫いですっきりとしたルックス。(日本生産)

kuroda_tebukuro7.JPG↑クロダとまちのシューレ963のオリジナルの手袋です。イタリアラム革をつかったシンプルで飽きのこないデザインです。柔らかい風合いが特徴です。

kuroda_tebukuro13.jpg↑クロダがつくる、高級感があり、神秘的な雰囲気を思わせるシンプル&ベーシックなライン「Hera(ヘラ)」。鮮やかなカラー展開でお洋服のアクセントになる上品で楽しい革手袋。イタリア羊革で、裏はカシミヤ100%を使用しています。

男性用の手袋も届いております。

kuroda_tebukuro8.JPG↑こちらは指周りが立体的に縫製されており、カジュアルにお楽しみいただけるグローブです。

kuroda_tebukuro9.JPG↑こちらは、スマートな雰囲気でスーツに合わせていただいても素敵です。
どちらも男性へのプレゼントにおすすめです。

続いてご紹介するのは、クロダのアウトドアラインのPELLEK(ペレック)です。
PELLEKは、様々な機能素材を用いて<キャンプ><バイク(自転車)><ウォーキング>のアウトドアカテゴリーで使用することを想定してつくられています。スマートフォンへの対応や革素材を使用し、"アウトドアだけでなく、タウンユースでも着用いただけるようファッションアイテムの1つとして提案しています。kuroda_tebukuro3.JPGkuroda_tebukuro6.JPG↑寒さと雨風を防ぐアウトドア用グローブです。本格的なキャンプに使用できます。保温・撥水機能の素材 PRIMALOFT と耐水性が強く、卓越した通気性の素材 HIPORA をインナーに使用。手首のベルトによって寒気を遮断し、温かさをキープするスリーフィンガーミトンです。

kuroda_tebukuro10.JPG↑火器の使用や木の枝、資材、刃物などを扱う際に手を保護してくれるグローブです。防護服などに使用される素材ケブラーを使用し、ステッチも全てケブラー糸(耐熱)を使っています。

kuroda_tebukuro11.JPG↑薪をくべる時。熱い鍋を掴む時。小枝を集める時。ロープを張る時。アウトドアで手をまもるためのグローブです。キャンプ意外にも、庭仕事などの日常でも気軽にお使いいただけます。

店頭ではラッピングも承っておりますので、プレゼントのご相談もぜひお気軽にどうぞ。

かがわの、アトリエから。Ⅱ 期開催中です。

2019年10月19日

「かがわの、アトリエから。Ⅱ期」がはじまりました。
シューレでもおなじみのメンバーや、新しく香川の仲間入りをした作家や、修行のあとに香川に帰ってきた作家など、見ごたえのある展示になっています。

マコト(ガラス)
シューレのはじめのころからお付き合いのある、ガラス作家・蠣マコトさん。ガラスへのさまざまなアプローチにより、多彩な作品を生み出し続けている作家です。
クリアでスッキリとした見た目ながら、日常生活にふさわしい適度に堅牢さもそなえたグラスやコンポートなど、たくさんの作品を並べていただきました。
アトリエⅡ期_kakizakimakoto.jpg

アトリエⅡ期_kakizakimakoto2.jpgうつす影の美しい人気のランプシェード。作家が愉しんでつくる姿がうかぶような、有機的で自由な形です。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお越しください。

境知子(陶)
常設でも人気の高い、境知子さんの作品。磁器や釉薬のもの、焼締めなど、さまざまな作品が並びました。
エキゾチックでやわらかなフォルムの茶器。どんな料理をのせようか、と嬉しくなる皿や茶碗。
人気のポットは数が少なくなりましたが、台湾茶などにぴったりの茶杯や茶器がまだございます。ぜひお早めにお越しください。
繊細さと力強さが同居する、境さんの作品世界にぜひ触れてみてください。

アトリエⅡ期_sakaitomoko.jpgアトリエⅡ期_sakaitomoko3.jpgアトリエⅡ期_sakaitomoko2.jpg



さとうゆき(布)
シューレでもおなじみの布作家のさとうゆきさん。もともと造形を志したアーティストならではの、ダイナミックで個性的な形と、彼女のもつ独特な色あわせのバッグ、エプロン、ブローチなどがならんでいます。
代名詞のぐるぐるバッグは、初日から何色にしようか、と迷われる方が多い、さまざまな色合いのものを持ってきていただきました。
新しい作品の水玉のバッグは、A4サイズがすっぽり入る機能性と、持ち手のステッチ、水玉のはっとする色あわせが綺麗です。男性がお持ちになってもよさそうですよ。
人気のエプロンは、限定色ではありますが受注も受け付けておりますので、お気軽にお声がけください。

アトリエⅡ期_satoyuki.jpgアトリエⅡ期_satoyuki2.jpg



田淵太郎(陶)
シューレではひさびさの展示となりました、陶芸家の田淵太郎さんの作品も並びました。
白磁を薪窯で焼成することにより生まれる、独特の色と風合い。「白磁窯変」と名付けられたその作品をもとめに、初日からたくさんのファンの方がいらしていただいております。
最後は自然の炎にまかせる難しい仕事のため、なかなか納得のいく出来上がりが難しいとのこと。陶芸という道に真摯に向き合う情熱を、その色と佇まいから、ぜひ身近に感じていただければと思います。
アトリエⅡ期_tabuchitaro.jpg

アトリエⅡ期_tabuchitaro3.jpgアトリエⅡ期_tabuchitaro4.jpg



山地裕之(木工)
東かがわ市五名で、国産木材をつかった家具や小物にとりくむ山地裕之さん。シューレのオリジナル家具の作り手でもあります。
洋家具づくりから民芸家具の修行を経て、和でも洋でもない、独自の美意識で作り出す作品。木工の道具は、生活で使うごとに良さが増していく、と山地さんはいつも語ってくれます。
シューレでも好評をいただいている、お盆や小皿にもなるコースター。新作の小型のテーブルは、現代の生活にあわせたサイズ感が秀逸です。ぜひ手で触れて、木と、作家の鉋使いを体感しにいらしてください。アトリエⅡ期_yamajihiroyuki4.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki3.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki2.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki.jpg


森康一朗(ガラス)
昨年から香川に工房を構え、意欲的な作品づくりをされている森康一朗さん。ケーンワークとよばれる色ガラス棒をもちいた技法で、グラスや花器、プレートなどを作られています。
日があたるときらきらと色ガラスの表情が現れます。異なる色のガラスが隣りあい、どこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。
大切な方への贈り物だけではなく、自分へのごほうびとして、身近に置いておきたくなるガラスです。アトリエⅡ期_morikouichirou4.jpg

アトリエⅡ期_morikouichirou2.jpgアトリエⅡ期_morikouichirou.jpg

森知恵子(ガラス)
森知恵子さんは、森康一朗さんのパートナーとして一緒に香川で工房を構えられています。
知恵子さんはクリアで、端正なフォルムのグラスや片口、ピッチャー、花器などを作ってくださいました。
一見すると透明なグラスには、とても繊細な文様が施されており、飲み物を入れたときに、そっと浮かび上がります。
緻密なお仕事ですが、使う人を包み込むような、やさしい佇まいのガラスです。アトリエⅡ期_morichieko.jpg

アトリエⅡ期_morichieko2.jpgアトリエⅡ期_morichieko3.jpg


「かがわの、アトリエから。Ⅱ期」は10月27日(日)までの開催です。

かがわのおやつフェア開催中です

2019年10月14日


おやつフェア全体.jpg食品売場では、10/10よりかがわのおやつフェアを開催しております。
今回シューレに美味しいお菓子を届けていただいている方々をご紹介します。

〇焼菓子工房ボンボニエール
屋島にあるボンボニエールさんは良質な素材を使い、食べていただく方の笑顔を思いながら真心をこめてひとつひとつ手作りで作られています。保存料などは一切加えていません。


ボンボニエール マフィン.jpg
ボンボニエール クッキー.jpgボンボニエール パウンド.jpgボンボニエール スコーン.jpg
ボンボニエール カヌレなど.jpg

〇おかし工房Botan
観音寺市の山の奥深く、緑に包まれた場所におかし工房Botanさんがあります。今回は栗や鳴門金時、りんごと秋のものをたっぷりと使ったお菓子が届いております。

Botan クランブル パウンド.jpgBotan.jpg

〇fig* 
乳製品・卵・白砂糖不使用ですが、ちゃんと甘みなど味があるお菓子を作られているfig*さん。手に取って見ても、食べた時も思わず笑顔がこぼれるほっこりする優しいお菓子です。お子様にも安心して食べていただけます。

Fig クッキー.jpgFig パイナップルケーキ.jpgFig タルト.jpg

〇Rue de la Pomme
こだわりの素材をつかった菓子を提供する、完全予約制の菓子店・Rue de la Pomme(リュドラポム)さん。秋の素材を使ったクッキーやまちのシューレ963限定の和三盆かご入りが届きました。

Rue de la Pomme.jpg

〇川東菓子店

高松市観光町の川東菓子店さんからは丸い栗のケーキやかわいいお花型のサブレが届きました。
ひとつひとつに心をこめておいしさの追求にこだわっています。

川東 ケークマロン.jpg川東 サブレ.jpg

〇Nora (10/12のみ限定販売)
仏生山のお店でいただける野良ごはんやケーキは食べる人のことを考えながら丁寧につくられていて、食べたあとはいつも幸せな気持ちになります。今回の限定販売にあわせて店頭で販売している食品を使ったマフィンなどの焼菓子やグラノーラを届けてくださいました。
※全て完売いたしました

Nora マフィン.JPGNora グラノラ.JPGNora パウンド.jpg

なお、上記でご紹介している商品はすでに店頭で売り切れている場合もございます。
味や種類も変更する場合がございますので、是非店頭にてご覧くださいませ。


おやつフェアは20日(日)まで開催中です。
今週末の18,19日はCOPOLI DOUGHNUTSのドーナツを数量限定販売いたします。(12:00~なくなり次第終了)
19日には神山のかまパンストアのパンも販売いたします。

フェア商品以外にもオリーブの新漬けや、スープなどの新商品、秋の素材を使った商品など種類豊かにございます。ご来店お待ちしております。

かがわの、アトリエから。Ⅰ期がはじまりました。

2019年10月 3日

かがわのアトリエⅠ期6.jpg「かがわの、アトリエから。Ⅰ期」がはじまりました。
香川県在住の作家たちの作品を、10月の約1ヶ月間かけて紹介、販売いたします。
2011年、シューレで初めての企画展がこの「かがわの、アトリエから。」でした。あれから8年がたち、新しく香川の仲間入りをした作家や、修行のあとに香川に帰ってきた作家など、新しいメンバーを加えて、今回再びの開催となりました。


かがわのアトリエⅠ期1.jpg上野剛児(陶)
シューレではおなじみの陶芸家・上野剛児さん。
今回の展示では、彼の代名詞である南蛮手焼締めのうつわはもちろん、さまざまな種類の釉薬をつかった意欲的な作品が勢ぞろいしました。
使う人のとなりに、常にあるうつわを目指す彼の作品。
使い勝手だけではなく、使う喜びのある姿形が特徴です。

かがわのアトリエⅠ期8.jpg金子まゆみ(ガラス)
こちらは久々の登場となる、ガラス作家の金子まゆみさん。
「種」をガラスで表したオブジェが代表作です。今回は新作として「雪の種」を表したものが並んでいます。
雪の結晶は、湿度などの環境によって形がさまざま。その多様な美しさを、ガラスという硬質な素材で表現していますが、実物はとても「あたたか」に感じます。ぜひ実際に手にとってご覧ください。

かがわのアトリエⅠ期7.jpg境道一(陶)
常設でも人気の境道一さん。「織部釉」を使った緑のうつわや、境さんのアトリエにあるミモザの木からできた釉薬のうつわなどが並んでいます。
軽やかでありながら、存在感のあるうつわ。どんな料理やお茶の時間も、楽しくさせてくれるものばかりです。

かがわのアトリエⅠ期5.jpg須藤拓也(陶)
人を笑顔にしてしまう、ユーモラスな絵付けの磁器をつくる須藤拓也さん。全国規模で人気の作家さんのため、なかなか手に入らないと評判です。今回はお忙しいなか、無理をいって作品をつくっていただきました。
須藤さんは香川県好き?が高じて、昨年より香川に居を構えられました。
ゆったりとした田舎暮らしをへて、またどんな自由な絵がうまれてくるのか。これからも楽しみな作家さんです。

かがわのアトリエⅠ期2.jpg土井桂一(木工)
シューレではおなじみのオリジナルの木のフレームや、木の時計などを作っていただいている木工家の土井桂一さん。
香川県産の木材を使用した、木目の美しい生活道具を作っています。
画像の背もたれの丸いイスは、桐を使用しているため、女性でも片手で持つことができるほどの軽さ。さまざまな木材を使用したお皿は、家族それぞれに樹種をかえて、毎朝のパン皿にしてもいいですね。

かがわのアトリエⅠ期3.jpg中山秀斗(竹)
今年から本格的な作家活動をはじめられた竹工芸作家の中山秀斗さん。香川県漆芸研究所の卒業生でもあります。
香川には竹で編んだかごに漆を塗り重ねる「籃胎漆器(らんたいしっき)」というものがありますが、中山さんは竹の素地そのものの美しさを生かした、茶箱やバスケットを作ります。
竹で編んだ清々しい存在感はそのままに、現代的な感性でつくるかご。特に水筒やペットボトルを入れられる「竹筒」は、ぜひ手にとっていただきたい一品です。
10/13(日)には、中山さんが「竹の指輪」を教えてくださるワークショップも開催しますので、そちらもぜひご参加ください。

「かがわの、アトリエから。Ⅰ期」は10月14日(月祝)までの開催です。

イブルフェア開催中です

2019年9月26日

イブルフェア20195.JPG

こんにちは。9月ももうすぐ終わりますね。朝晩はずいぶんと心地よくなりました。

さて、9/20より店内ギャラリーでは「イブルフェア」を開催しております。前回のフェアになかった新色や、ヘリンボーン柄刺しゅうのイブルも登場しています。またテンセル素材、オーガニックコットンのイブルもございます。

用途はベットの敷き用、掛け用以外にも、ラグやソファカバーとしてもお使いいただけます。しかも丸洗いできて、すぐに乾くのでとってもお手入れも簡単です。この機会に買い足される方も多くいらっしゃっています。

10月1日まで開催しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

イブルフェア20192.JPGイブルフェア20194.JPGイブルフェア20191.JPG

フェアに合わせ、金沢のPAYSANさんより、おいしいハーブティが届いています。イブルのリラックスタイムと一緒にぜひどうぞ。

イブルフェア20193.JPGイブルの生産地である韓国のスッカラやポシャギもございます!

1  2  3  4  5  6  7  8