日々のこと

かがわの、アトリエから。Ⅱ 期開催中です。

2019年10月19日

「かがわの、アトリエから。Ⅱ期」がはじまりました。
シューレでもおなじみのメンバーや、新しく香川の仲間入りをした作家や、修行のあとに香川に帰ってきた作家など、見ごたえのある展示になっています。

マコト(ガラス)
シューレのはじめのころからお付き合いのある、ガラス作家・蠣マコトさん。ガラスへのさまざまなアプローチにより、多彩な作品を生み出し続けている作家です。
クリアでスッキリとした見た目ながら、日常生活にふさわしい適度に堅牢さもそなえたグラスやコンポートなど、たくさんの作品を並べていただきました。
アトリエⅡ期_kakizakimakoto.jpg

アトリエⅡ期_kakizakimakoto2.jpgうつす影の美しい人気のランプシェード。作家が愉しんでつくる姿がうかぶような、有機的で自由な形です。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお越しください。

境知子(陶)
常設でも人気の高い、境知子さんの作品。磁器や釉薬のもの、焼締めなど、さまざまな作品が並びました。
エキゾチックでやわらかなフォルムの茶器。どんな料理をのせようか、と嬉しくなる皿や茶碗。
人気のポットは数が少なくなりましたが、台湾茶などにぴったりの茶杯や茶器がまだございます。ぜひお早めにお越しください。
繊細さと力強さが同居する、境さんの作品世界にぜひ触れてみてください。

アトリエⅡ期_sakaitomoko.jpgアトリエⅡ期_sakaitomoko3.jpgアトリエⅡ期_sakaitomoko2.jpg



さとうゆき(布)
シューレでもおなじみの布作家のさとうゆきさん。もともと造形を志したアーティストならではの、ダイナミックで個性的な形と、彼女のもつ独特な色あわせのバッグ、エプロン、ブローチなどがならんでいます。
代名詞のぐるぐるバッグは、初日から何色にしようか、と迷われる方が多い、さまざまな色合いのものを持ってきていただきました。
新しい作品の水玉のバッグは、A4サイズがすっぽり入る機能性と、持ち手のステッチ、水玉のはっとする色あわせが綺麗です。男性がお持ちになってもよさそうですよ。
人気のエプロンは、限定色ではありますが受注も受け付けておりますので、お気軽にお声がけください。

アトリエⅡ期_satoyuki.jpgアトリエⅡ期_satoyuki2.jpg



田淵太郎(陶)
シューレではひさびさの展示となりました、陶芸家の田淵太郎さんの作品も並びました。
白磁を薪窯で焼成することにより生まれる、独特の色と風合い。「白磁窯変」と名付けられたその作品をもとめに、初日からたくさんのファンの方がいらしていただいております。
最後は自然の炎にまかせる難しい仕事のため、なかなか納得のいく出来上がりが難しいとのこと。陶芸という道に真摯に向き合う情熱を、その色と佇まいから、ぜひ身近に感じていただければと思います。
アトリエⅡ期_tabuchitaro.jpg

アトリエⅡ期_tabuchitaro3.jpgアトリエⅡ期_tabuchitaro4.jpg



山地裕之(木工)
東かがわ市五名で、国産木材をつかった家具や小物にとりくむ山地裕之さん。シューレのオリジナル家具の作り手でもあります。
洋家具づくりから民芸家具の修行を経て、和でも洋でもない、独自の美意識で作り出す作品。木工の道具は、生活で使うごとに良さが増していく、と山地さんはいつも語ってくれます。
シューレでも好評をいただいている、お盆や小皿にもなるコースター。新作の小型のテーブルは、現代の生活にあわせたサイズ感が秀逸です。ぜひ手で触れて、木と、作家の鉋使いを体感しにいらしてください。アトリエⅡ期_yamajihiroyuki4.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki3.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki2.jpgアトリエⅡ期_yamajihiroyuki.jpg


森康一朗(ガラス)
昨年から香川に工房を構え、意欲的な作品づくりをされている森康一朗さん。ケーンワークとよばれる色ガラス棒をもちいた技法で、グラスや花器、プレートなどを作られています。
日があたるときらきらと色ガラスの表情が現れます。異なる色のガラスが隣りあい、どこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。
大切な方への贈り物だけではなく、自分へのごほうびとして、身近に置いておきたくなるガラスです。アトリエⅡ期_morikouichirou4.jpg

アトリエⅡ期_morikouichirou2.jpgアトリエⅡ期_morikouichirou.jpg

森知恵子(ガラス)
森知恵子さんは、森康一朗さんのパートナーとして一緒に香川で工房を構えられています。
知恵子さんはクリアで、端正なフォルムのグラスや片口、ピッチャー、花器などを作ってくださいました。
一見すると透明なグラスには、とても繊細な文様が施されており、飲み物を入れたときに、そっと浮かび上がります。
緻密なお仕事ですが、使う人を包み込むような、やさしい佇まいのガラスです。アトリエⅡ期_morichieko.jpg

アトリエⅡ期_morichieko2.jpgアトリエⅡ期_morichieko3.jpg


「かがわの、アトリエから。Ⅱ期」は10月27日(日)までの開催です。