日々のこと

fog linen work へ行ってきました

2019年2月21日

3月23日(土)から開催の「fog linen work exhibition」にむけて、下北沢の店舗に行ってきました。
foglinenwork2.jpg自然光が差し込む気持ち良い店内。ここが東京だということを忘れてしまうような、穏やかな落ち着いた時間が流れていました。

foglinenwork1.jpg奥に並んでいるのが、企画展に届けていただく予定のお洋服です。
fog linen work のお洋服は、これまでもシューレの店頭でご紹介させていただいていますが、企画展ではワンピース、シャツ、パンツ、スカートなど幅広くご覧いただける機会となります。

fog linen work の雑貨も素敵なものばかり。
今回はお洋服中心ですが、定番のキッチンクロスをはじめインドで作っているワイヤーのバスケットなど雑貨類も合わせて届く予定です。
foglinenwork3.jpgfog_schule05.jpgfog_schule06.jpgどうぞお楽しみに。

fog linen work exhibition
2019.3.23 (土) 〜 4.1 (月)
まちのシューレ963
11:00〜19:30 会期中無休

初日の3日間は、夏の新作先行受注会を行います!
3/23(土)〜25(月)の3日間限定で、
夏のお洋服をいち早くオーダーいただけます。

大橋 歩 a. 春夏コレクション はじまります

2019年2月 7日

いよいよ明日、2/8より店内ギャラリーにて「大橋 歩 a. 春夏コレクション」が始まります。
adot2019ss10.jpg

adot2019ss2.jpgなめらかなポリエステル地が大人っぽい『ギャザーブラウス(紺)』

adot2019ss1.jpgadot2019ss7.jpg2019の春夏は新作のフォーマルウェアや、ふんわりシルエットがかわいいワンピース、カジュアルにもよそゆきにもなるパンツなど、着回しのきくアイテムが豊富です。

A.のユニセックスな半袖Tシャツとパンツ。adot2019ss8.jpg一枚で様になり、インナーや羽織ものを合わせれば春先から着ていただけるふんわりワンピース。

adot2019ss3.jpg今回は、これまでの展示で登場したアーカイブとイオグッズも届けていただきました。
adot2019ss6.jpg
adot2019ss5.jpgadot2019ss4.jpgadot2019ss9.jpg

カフェ963では本展に合わせて
期間限定のおやつをご用意しました。
ぜひ合わせておたのしみください。

大橋歩 a. 春夏コレクションは2月8日〜2月11日までの開催です。
2019年春夏をもちまして「a.コレクション」は
受注販売を終了することとなりました。
長らくのご愛顧をありがとうございました。
最後となるこの機会にぜひお越しください。

大橋歩 a. 春夏コレクション
2019年2月8日(金)〜2月11日(月祝)
11:00〜19:30
まちのシューレ963ギャラリー

九州のモノとヒト展 ありがとうございました

2019年1月12日

九州のモノとヒト展20190108.jpg1/8をもちまして「九州のモノとヒト展」は無事終了いたしました。
会期中ご来店いただきましたみなさまありがとうございました。
年末年始の時期に楽しい展示になったと思います。
九州のものづくりはまだまだ深いです。
また機会がありましたら、
ぜひまた違う形でご紹介できればと思います。

次回は1/18より「あたためる展」が始まります。
どうぞおたのしみに。

九州のモノとヒト展 開催中です

2018年12月22日

12/21より、店内ギャラリーにて「九州のモノとヒト展」がはじまりました。初日は平日にもかかわらず、展示をめがけて多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

九州のモノとヒト5.JPG入り口には、しょうぶ学園より届いた 素敵な絵を。
九州のモノとヒト7.JPG
ギャラリー内には、12名の出店者から届いた素敵なアイテムが揃っております。
商品数、クオリティ共に、大変見応えのある展示となっています。

うなぎの寝床_もんぺ.JPGうなぎの寝床_katatシャツ.JPG・うなぎの寝床(福岡八女)
久留米絣もんぺ、もんぺの型紙もんぺした、yohaku×うなぎの寝床「KATA Tシャツ」、ヘルメット潜水株式会社のやわらか湯たんぽ(肩用・たまご型)

尾崎人形_schule.JPG・尾崎人形(佐賀)郷土玩具
干支 亥 や 兵隊さん 赤毛の子守 長太郎 など

jicon_schule.JPGjicon_schule01.JPG・今村製陶 磁今 jicon(佐賀有田)陶器
ペンダントランプ
花彫皿 渕錆
マグカップ
浅リム皿 渕錆
花瓶(しのぎ/瓶子/四面取り)
ピッチャー
足付酒盃(すぼみ/ひらき/ほそみ)
箸置き(剣/二葉/沢
など


九州のモノとヒト121.JPG九州のモノとヒト13.JPG・宝島染工(福岡)天然染料による洋服
シャツ・ワンピース・ショール・コート・バッグ・手ぬぐい など


miyataorimono_schule.JPG・宮田織物(福岡)袢纏(はんてん)
長袖、奴型(ちょっと袖のあるはんてん)やベストタイプ、子供用の袢纏
無地・柄ものなど揃っております


九州のモノとヒト15.JPG・創作竹芸とみなが(鹿児島)真竹の竹かご
お弁当かご、わんかご、みがきかご、竹製のへら など

九州のモノとヒト8.JPGonekiln_schule.JPG・ONE KILN CERAMICS 城戸雄介(鹿児島)陶器
PETIT CUP
CULTIVATE PLATE
RICE BOWL
DRIPPER
MUG
ROUND BOWL

九州のモノとヒト109.JPG九州のモノとヒト106.JPG九州のモノとヒト112.JPG・OWL(鹿児島)生活雑貨
焼酎グラス
桜島のスノードーム
BROWN CANVAS BAG
EASY CLIPPER
ROLL MEASURE
ピルケース
など

九州のモノとヒト18.JPG・RHYTHMOS(鹿児島)革小物
Zip 財布(L / S)
Round Tray
Key Ring
Code Clip

roam_スツール.JPGroam_鏡.JPG・Roam 松田創意(鹿児島)木工
3本脚のスツール
キャスタースツール

箸置き
鍋敷き
工具箱

九州のモノとヒト12.JPG九州のモノとヒト174.JPG
・盛永省治(鹿児島)木工
樫ボウル、プレート など

小ギャラリーでは、しょうぶ学園(鹿児島)のご紹介をしております。
九州のモノとヒト130.JPG九州のモノとヒト27.JPG九州のモノとヒト29.JPG九州のモノとヒト187.JPG

九州のモノとヒト31.JPG
九州のモノとヒト34.JPG九州のモノとヒト28.JPG九州のモノとヒト50.JPG刺繍などをおこなっているnui projectからバッグやアクセサリー、和紙のシリーズ、木工品、そしてotto&orabuのCDや、しょうぶ学園の書籍・DVDにいたるまでたくさんの作品を持ってきていただいております。ぜひ彼らのパワーを体感しにいらしてください。

 

そして食品ブースでも、九州で出会ったスタッフおすすめの食品を集めてご紹介しております。

九州のモノとヒト135.JPG
九州のモノとヒト140.JPG

九州のモノとヒト144.JPG九州のモノとヒト142.JPG
写真はほんの一部です。どれもおすすめのものばかりですので、ぜひご来場くださいませ。
「九州のモノとヒト展」は1/8までの開催です。

めし碗でたべる。ごはんとおかず 開催しました

2018年11月24日

11/23(金祝)18:00より、カフェ963にて「めし碗でたべる。ごはんとおかず」を開催いたしました。11/17よりギャラリーで開催中の「めし碗展 ごはんのとも展」に合わせ、めし碗を実際につかって、おいしいお米とお米に合うおかずを食べていただくイベントです。

はじめに祥見さんにうつわのお話をしていただきました。
ずらりと並ぶ17名のめし碗。作家それぞれに違っていて、こうして食卓に並ぶとまた違った雰囲気を感じます。

mesiwandetaberu8.jpgmesiwandetaberu10.jpgmesiwandetaberu11.jpgお米は、高松市多賀町の溝口食糧の溝口雄介さんが、イベントにあわせておすすめのお米を選んでくださいました。溝口さんよりお米のお話もお伺いしました。
mizogutisyokuryou01.jpg溝口さんは、昭和5年より続く家業の米屋を継がれ、お米マイスターでもあります。お米の生産者・生産地との繋がりを大切にし、また生産者と消費者の架け橋となり、丁寧にお米を販売されています。幅広い知識と、いつもにこやかで真面目な溝口さんのお人柄が、普段何気なく食べるお米についてちょっと立ち止まるきっかけを作ってくださっているように思います。
今回は、イクヒカリ米のおむすびと、合鴨米とはぜかけ米の土鍋ごはんを食べ比べしました。みなさんはっきりと分かる味や食感の違いに驚いていました。普段なかなか、お米の食べ比べってできないのでいい機会になりました。というお声もいただきました。
mesiwandetaberu02.jpg
おかずは、徳島県神山の「かま屋」の料理長 細井恵子さんが作ってくださいました。かま屋といえば、大皿に盛られた おばんざい 。食べ応えのある老若男女から愛されるお料理、とってもおいしいです。今回は、香川の食材をたっぷりと使ったお料理を作っていただきました。
mesiwandetaberu03.jpgmesiwandetaberu05.jpgmesiwandetaberu9.jpgmesiwandetaberu7.jpgmesiwandetaberu15.jpgmenu
人参とさつまいもの梅和え
たくあんのきんぴら
ごぼうと菊芋、春菊のきんぴら
旬魚と水菜のゆず南蛮
麻婆南京
オリーブ鶏の味噌漬け焼き 新生姜漬け

新米むすび
土鍋ごはん 2種食べ比べ
かぶのすり流し 白味噌仕立て
柿と白玉ぜんざい


料理会の後は、ギャラリーにて作家のうつわをゆっくりとご覧いただきました。
馴染み深い道具と食材について改めて考え感じるイベントとなりました。
ご参加いただきましたみなさま、細井さん、溝口さん ありがとうございました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11