新着情報

シューレの時間 vol.03 について

2011年3月27日

先日より、『シューレの時間  vol.03:おいしく、きれいに、健やかに オリーブオイルをたのしもう』の参加募集を開始させていただきましたが、定員に達したため、受付を一旦終了とさせていただきます。

今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

4月の休業日のお知らせ

2011年3月25日

日頃より、まちのシューレ 963 をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

まちのシューレ 963 は、4月18日(月)に棚卸しのため、誠に勝手ながら終日お休みとさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

シューレの時間 vol.04:菓子木型でつくる和三盆の干菓子 春のモチーフを、あずき味でいただく

2011年3月15日

さぬきの暮らしをテーマにした「まちのシューレ963」がお届けする大人の学びの時間。第4回のテーマは「和三盆」です。

201103-16-58-c0227958_17481214.jpg
香川県には「讃岐三白」の言葉があります。
綿、塩、そして砂糖。讃岐の砂糖は和三盆糖と呼ばれる、独特の風味を持つ希少品です。和三盆の干菓子は日持ちするため、長く食べられるものですが、つくりたての美味しさはまた格別です。口のなかで、ほろほろと溶けていく柔らかさと口当たりは、ぜひ一度は味わっていただきたい贅沢さです。

今回は和三盆にあずきを細かいパウダーにしたものを入れて、あずき風味の和三盆も併せてつくります。和三盆のやさしい甘みとあずきのコクがほどよく溶け合います。また香川で唯一の菓子木型の伝統工芸士、市原吉博さんの木型から、春のモチーフを選んでつくる春の和三盆、木型の美しさも実感していただけると思います。


日時:4月6日(水) (1)14:00~15:00 (2)15:30~16:30(二交代制)
場所:まちのシューレ963(丸亀町参番街東館2F/中国銀行前のビル)
講師:豆花 主宰 上原あゆみ さん
参加費:1300円(お飲み物付き、和三盆持ち帰りあり)
定員:前半の部 10 名(先着順)(後半の部は定員に達したため、受付を終了いたしました。)
お申込方法:お電話で先着順での受付となります。
電話番号:087-800-7888(まちのシューレ 963)
※お掛け間違いのないようにお願いいたします。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

シューレの時間 vol.03:おいしく、きれいに、健やかに オリーブオイルをたのしもう

2011年3月 9日

讃岐の暮らしをテーマにした「まちのシューレ963」がお届けする大人の学びの時間。第3回のテーマは「オリーブオイル」です。

olive1.jpg古代エジプトの時代から薬やアンチエイジングに用いられていたオリーブオイル。日本で初めてオリーブ栽培に成功したのは、ここ香川県小豆島です。今回は、小豆島からカタドール(オリーブオイル鑑定士)の荒井信雅さんを招いて、オリーブの木の話や、オリーブオイルの上手な見分け方、使いなど、オリーブオイルとの上手なつきあい方をお聞きします。

olive2.JPG講師 荒井信雅さんに関して:
荒井さんは全国でも数少ないカタドール(オリーブオイルの鑑定士)の資格を持つオリーブオイルのスペシャリスト。小豆島の数々のオリーブ園で技術指導にもあたられ、その実力を見込んだ日本政府からも数々のプロジェクトへのラブコールを受けて活躍されています。

荒井さんの作るエメラルドグリーン色の希少なオリーブオイルは、地元でも入手困難な酸度 0.09% という世界最高鮮度。そのオリーブオイルのテイスティングもあります。からだに良いだけでなく、知れば知るほど奥深く、また、使い方も広がるオリーブオイル。この機会にぜひ足をお運びください。


日時:4月2日(土)13:30~15:00  
場所:まちのシューレ963(丸亀町参番街東館2F/中国銀行前のビル)
講師:荒井信雅さん(カタドール・(株)アライオリーブ代表)
参加費:1500円(お土産付)
定員:20名(先着順)
お申込方法:定員に達したため、一旦受付を終了させていただきます。
電話番号:087-800-7888(まちのシューレ 963)
※お掛け間違いのにないようにお願いいたします。


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

讃岐かがり手まりワークショップについて

2011年3月 9日

先日より、讃岐かがり手まりワークショップの参加募集を開始させていただきましたが、本日定員に達したため、受付を一旦終了とさせていただきます。

今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
‹ 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14