新着情報

「TABERU」関連イベントのお知らせ

2012年1月11日



 ライブロゴ.jpg


うつわ祥見企画「TABERU」の関連イベントとして、
祥見知生さんの「日々を愛する器」のトークイベントと
TABERUのテーマソングを作られた高松出身のギタリスト 小倉博和さんのLIVEを開催致します。

音楽とともに「 TABERU」をもっと愉しくする時間。
ぜひご参加下さい。


「TABERU」 祥見知生×小倉博和 トーク&ライブ

2月26日(日) 16:00~17:30 
場所:まちのシューレ963カフェにて
料金:2,500円  (ドリンク付・要予約)

2月1日(水)AM11:00より、お電話または店頭にてご予約を承ります。  

→ 満席となりました。ありがとうございました。

<祥見知生プロフィール>

器を伝えるひと。
うつわ祥見(鎌倉)主宰。
ごはんのうつわ展、美しいめし碗展など、テーマ性のある器の展示会を各地で開く。
器も本も音楽も人のそばにあるもの、との思いから音楽ライブ、本の編集も手がける。
2011年 食べる道具である器の美しさに着目した展覧会「TABERU」をディレクション。

大貫妙子・高野寛などトップミュージャンによる記念ライブを行なうなど、器と本、器と音楽、さまざまなアプローチで器を伝えている。
著書に『うつわ日和。』『セツローさん』『DVDブック うつわびと小野哲平』(ラトルズ)、『日々の器』(河出書房新社)、『器、この名もなきもの』(里文出版)など。編集の仕事に早川ユミ『種まきノート』『種まきびとのものつくり』(アノニマ・スタジオ)、イチカワヨウスケ『「なると屋+典座」の野菜をいただく』等がある。

うつわ祥見ホームページ 
ブログ『器を愛する』 
TABERU特設ページ 



<小倉博和プロフィール>

香川県高松市生まれ。90年桑田佳祐に才能を見いだされ「稲村ジェーン」音楽に参加。91年佐橋佳幸とギターデュオ「山弦」結成。これまでに5枚のアルバム、そしてLIVE DVD、アナログボックスをリリース。05年より小林武史、Mr.Childrenの櫻井和寿を中心に結成されたBank Bandのメンバーとして、毎年静岡県つま恋にて開催される「ap bank fes」に参加。その他、桑田佳祐、大貫妙子、福山雅治、槇原敬之など数多くのアーティストからの信望も厚く、スタジオ・ミュージシャン、作・編曲家・プロデューサーとして活躍する傍ら、08年フジロックフェスティバルに単身参加するなど、ソロアーティストとしても勢力的にLIVEを行い観客を魅了するなど活動の場を広げている。
2010年 統合に伴い新しく開校された高松市立新番丁小学校の校歌を作詞/作曲をした。


小倉博和 Official site




 

Recent Entry

Category

Archive