日々のこと

古道具の会 はじまりました

2019年8月21日

8/21(水)より「古道具の会」がはじまりました。

hurudougu2019_2.jpg
AKIZU(岡山) ironmonger(香川) Womb brocante(岡山) コユメヤ(徳島) 4店にご協力いただき、ギャラリー内にたくさんの古道具が集まりました。椅子やテーブル、本棚、ガラスのケビント、照明などの家具をはじめ、かご、陶器、布、木工などの小物が並んでいます。

hurudougu2019_1.jpghurudogu2019_3.jpgまた今回はbook pick orchestra の川上さんに、「古道具の会」にあわせて本を選書していただきました。
hurudogu2019_5.jpghurudogu2019_4.jpghurudogu2019_6.jpgこちらもたくさん届いていますので、合わせておたのしみください。

8/24(土)14:00-19:30 には川上さんによる「古道具 TO BOOKS」を開催します。
川上さんが、ひとりひとりのお話を聞きながら、あなたのための本を選ぶイベントです。
自分だけではみつけられない、新しい本との出会いをお楽しみください。

古道具の会
2019.8.21 (水) - 9.4 (水) ※会期中無休
11:00-19:30
まちのシューレ963ギャラリー

夏のせとうちフェア開催中です

2019年8月18日

石丸弥蔵.JPG

食品売場では25日までせとうちフェアが開催中です。
前回に引き続き、フェア商品をご紹介いたします。

◎石丸弥蔵商店(愛媛)
天かす.jpg

確かな目利きで選ばれた素材を使った海産物の加工品を提供されている石丸弥蔵商店。
お酒のおつまみやごはんのとも、ふだんのお料理にもおすすめしたい商品が揃っています。

食べる水族館.JPG本気の天かす.jpgわかめせんべい.jpg

-食べる水族館
キビナゴ、アジ、エビ、カニ、イワシを甘辛く和えた小魚ミックス。種類豊かにポリポリと食べられるのが魅力です。
-濃厚チーズさきいか
チーズがイカに溶け込んで、どこまでも濃厚なおいしさです。食感もソフトで食べやすく、ワインによく合います。
-本気の天かす
風味が抜群のいか入り天かす。うどんやお好み焼き、天むすなど、使い勝手のよい天かすです。
-わかめせんべい
薄い乾燥わかめに香ばしいゴマで味付けをしたスナック感覚でたべられるわかめチップスです。

◎ヤマトフーズ(広島)
レモスコ レモスコドレ.JPG

レモスコ(右)
レモンの果汁と皮、酢、唐辛子、藻塩を絶妙なバランスでブレンドした、「すっぱい・辛い・旨い」があわせて楽しめる新感覚調味料です。パスタ・サラダ・揚げ物など、何にでも合わせられる調味料です。

レモスコシーザードレッシング(左)
レモスコのすっぱ辛さと隠し味のセロリ・アンチョビが自家製マヨネーズと程よく絡み、ここにしかないドレッシングに仕上がりました。

IMG_0499.JPG
レモニオンソース
化学調味料不使用で、食材そのものの味わいを追求したお肉にぴったりなソース。玉ねぎとレモンの果肉入りで、食感もあわせてお楽しみください。

◎よしの味噌(広島)
レモンのサラダ酢
まろやかなお酢と広島レモンに塩糀をプラスした、ノンオイルのお酢。そのままかけてお使いいただける万能調味料です。ピクルスや酢の物、マリネやサラダにいかがでしょうか。
レモンのサラダ酢.JPG

◎久利フードサービス(香川)
酒粕塩.jpg酒粕塩横.jpg

瀬戸の酒粕塩
香川の銘酒「金陵」の酒粕と瀬戸内産の海塩をブレンドした酒粕塩です。酒粕は栄養価も高く、「旨味」成分を含んでいるため様々な料理に活用されています。魚やおにぎり、お刺身など幅広くお使いいただけます。

この他にも瀬戸内の素材を使った商品を数多く揃えております。
また、24日(土)は熊野蒲鉾店・熊野さんにご来店いただき、
さかなのリエットとかまぼこ・天ぷらの試食販売を行います。

まだまだ暑い日が続きます。
シューレに涼みに、まるちゃんに会いに、とっておきを探しに、ぜひご来店くださいませ。

夏のせとうちフェアがはじまりました

2019年8月11日

商品全体2.JPG

食品売場では8日より「夏のせとうちフェア」を開催中です。
春のせとうちフェアから引き続いての、
愛媛・石丸弥蔵商店の海産物や
小豆島・亜味撰の佃煮や生のりなどに加えて、
暑い夏にこそ美味しい、さっぱりとするレモンを使った商品や
柑橘ジュースなどを取り揃えております。

25日までの期間中でフェア商品をご紹介いたします。
まずは、今回新しくシューレに届いた商品のご紹介です。

◎カネミ農園(愛媛・興居島)
カネミ農園さんはみかんの産地として知られる興居島(ごごしま)でご家族で営われている農園です。
今回「ひだまり果汁シリーズ」より3種類のみかんジュースとレモン果汁を届けてくださいました。

カネミジュース3種縦.jpgカネミにがいよ.jpg

にがいよ
あえて伊予柑を皮ごと搾り、きりッとした苦みを残しました。
苦みのなかにすっきりとした伊予柑の風味。
のどごしがとても爽やかな、大人のあじわいの伊予柑ジュースです。


カネミタグタグ2.jpg
カラ・マンダリン
実がなってから樹の上に11か月。いろいろな柑橘の中で最も樹になっている期間が長い品種です。
深い甘みが特徴で、みかんの味が濃縮されているような味わいです。

天草・はるみっくす
酸味が少なく甘さの強い「天草」と香りよく甘みの爽やかな「はるみ」をミックスしたジュース。
バランスのとれたジュースで呑みやすさ抜群です。

レモン果汁
レモン果実を一個ずつ切ってから搾った手間と時間をかけた、100%のレモン果汁です。
ギュっとレモンが濃縮された果汁は、ドリンクとして、お料理になど幅広くお使いいただけます。
包装紙として使われている興居島を描いた「GOGOSHIMAP」もあわせてお楽しみください。

カネミレモン果汁.jpgカネミごごしまっぷ.jpg

◎みしまや(広島・生口島)
尾道老舗の饅頭店・みしまや。元祖チョコレートコーティングのレモンケーキが有名です。
小ぶりで食べやすいサイズ感ながら、レモンの風味とホワイトチョコが抜群の組み合わせで上品な味に仕上がっています。

みしまや.JPG


◎Rue de la Pomme(香川・屋島)
こだわりの素材をつかった菓子を提供する、完全予約制の菓子店・Rue de la Pomme(リュドラポム)さん。
今回はフェア用に3種類のおやつを作ってくださいました。

琥珀糖
さわやかな色合いで、見た目にも可愛らしい琥珀糖。
瀬戸内レモン、高知の桐島畑さんの生姜、天然のミントオイル、甜菜糖、国産寒天を使った、こだわりの素材を使用しています。外はシャリっと、中はとろりとした不思議な食感をぜひお試しください。
ポム琥珀糖.jpgポム琥珀糖横.jpg

最中のヌガー
さっくりとした最中に、ヌガーを流し込んだお菓子です。甘いセットと甘くないセットの2種類ございます。

ポム最中ヌガー.jpgポム最中ヌガー中身.jpg

(甘いセット)
-かぼちゃの種&黒糖
-アーモンド
-黒ごま

(甘くないセット)
-讃岐藻塩
-山椒
-チーズ&胡椒

大羽いりこのおとなおやつ
伊吹産の大羽いりこだけを使い、甘くスパイシーな不思議な味わいのいりこのおやつ。
コーヒーと砂糖を絡めたナッツも合わせているので、お茶やコーヒーとあわせてどうぞ。

ポムいりこ.jpg

夏のせとうちフェアは25日まで。
本日10日と明日11日は香川のいりこ屋・やまくにさんのいりこ焙煎、
24日には熊野蒲鉾店・熊野さんの試食販売がございます。

フェア商品以外にもちょっとしたギフトはもちろん、毎日でも食べたいおすすめ商品が豊かに揃っています。
みなさまのご来店お待ちしております。

ao 展 はじまりました

2019年8月11日

こんにちは。8/9(金)より、店内ギャラリーにて「 ao 展 」が始まっています。

ao_2019_2.JPG会場には、見るからにふんわりと気持ちの良い服が並んでいます。

aoがつくっているのは「"洗いざらし"のよさを感じるガーゼ服」。
吸湿がよく速乾性もあり、通気性がよいガーゼの洋服は空気をまとっているような「軽さ」とやわらかい風合いが魅力です。

今回は数量限定色のギャザーカシュクールドレスやパンツもご覧頂けますので、aoファンの方も必見です。

ao_2019_1.JPG暑い時期にぴったりのTシャツやパンツの他に、秋ぐちから楽しんでいただける軽い羽織りや長袖のワンピースもございますので、ぜひゆっくりとご覧になってください。

ao_2019_4.JPG

aoと北海道・東川のライフスタイルショップ「SALT」とのコラボアイテム「ビッグストール」は、ビッグサイズなのにとても軽いのが魅力。

ao_2019_3.JPG4角に付いたタッセルがポイントです。ぐるぐると巻くだけで程よいボリューム感が出るので秋冬にもぴったり。ショールとして使えば包まれた感じにほっとするはずです。ひとり分のシーツとしても。ぜひお試しください。

そしてaoといえば、ベビーシリーズも人気です。会場に「おくるみストール」や「アニマルビーニー」などが届いております。ラッピングも承っておりますので、出産のお祝いをお探しの方もぜひご相談くださいませ。

ao_2019_5.JPG今回の展示に合わせて別注のタッセル付きハンカチをつくっていただきました。数量限定で販売中です。

5A073161-31D6-49F9-BE68-D2251CEADC63.JPG

ao展
2019.8.9fri-8.18sun ※会期中無休
11:00-19:30
まちのシューレ963ギャラリー

小野哲平 早川ユミトークイベント「暮らしが仕事。仕事は仕事。」

2019年7月31日

去る7月19日「土がある。布がある。それぞれの旅。」の関連イベントとして、小野哲平さん、早川ユミさんのお話を聞く会を開催しました。
作品や書籍などを通してお二人のことをご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、直接ご本人からものづくりのこと、生活のこと、仕事のことなどを聞く貴重な機会、ということで会場いっぱいの参加者にお越しいただきました。
IMG_7538のコピー.jpgお二人の間に入って司会としてご登壇いただいたのが、徳島県神山の農業の会社「Food Hub Project」を率いる真鍋太一さんです。運営している食堂「かま屋」では、哲平さんの大皿で料理が提供されています。
4年前、東京で開催された個展のお仕事をきっかけに、真鍋さんは哲平さんユミさんと交流を続けてこられました。IMG_7540のコピー.jpgまずは3人で「暮らしが仕事。仕事が仕事。」というテーマになった経緯について、お話くださいました。このテーマはもともと、柳宗悦や濱田庄司たちとともに民藝運動に関わった陶芸家・河井寛次郎の「暮らしが仕事  仕事が暮らし」をもとにしています。哲平さんのお父さまで画家の小野セツローさんが、この寛次郎の言葉を描いた版画を送られたのがきっかけでした。

IMG_7541のコピー.jpgユミさんはちくちく針仕事をしながら畑で野菜をつくったり、ごはんをつくったりと文字通り「暮らしが仕事 仕事が暮らし」の方です。一方、哲平さんは陶芸の仕事と毎日真剣にむかいあう日々のなかで、徐々に「仕事は仕事だろう」という気持ちになってきた、という経緯をお話しくださいました。
お二人の暮らしや仕事、作品、向き合ってきたヒトやモノ・・・。さまざまなエピソードを交え、時には哲平さんのするどい指摘や、ユミさんの反撃!など、真剣でたのしい時間となりました。IMG_7551のコピー.jpgIMG_7552のコピー.jpgそして今回は特別にFood Hub Projectが運営する「かまパン&ストア」から、哲平さんユミさんもお気に入りのパンが参加者にふるまわれました。パンは小野家の朝食担当の哲平さん流に、蒸し器で蒸してもちもちに!かまパン職人の笹川さん自らお客さま一人一人にサーブしてくださいました。IMG_7563のコピー.jpgそのあとの質疑応答では、さまざまな世代の参加者から、自分のしたいことにどう向きあうのか、経済的にどう折り合いをつけるのか、など現実的な投げかけもあり、さらに会場の熱気があがりました。
哲平さんユミさん、たくさんの貴重なお話しをありがとうございました。
お二人の間にたって、四苦八苦しながら、二人の引き出しを開けてくださった真鍋さんにも、心から感謝いたします。


小野哲平 早川ユミ二人展「土がある。布がある。それぞれの旅。」は8月6日(火)までの開催です。まだまだ素敵な作品がありますので、ぜひご来店ください。

あわせて同イベントを徳島県神山のFood Hub Project「かま屋」でも、8月4日(日)まで出張開催しておりますので、こちらにも足を運んでみてください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11