新着情報

讃岐かがり手まりワークショップ

2013年1月27日


2013.02.19.jpg香川の伝統工芸「讃岐かがり手まり」。その手仕事の美しさにふれてみませんか。
仕上げた手まりは、桃の節句の飾りとして華をそえてくれます。
ふっくらとしたお花が可愛らしい柄を、わくわくするような春の色でかがってみましょう。
収穫されたばかりの木綿や、糸を紡ぐお話を交えた、楽しいワークショップです。

日時:2月19日(火)
時間:13:00 〜 16:00   
講師:讃岐かがり手まり保存会のみなさん
定員:10名
料金:4,800円 (キット代込・飲み物付き)
持ち物:糸切りはさみ・針山・筆記用具・メモ用紙
お申込:お電話または店頭での受付となります。
      TEL087-800-7888 (営業時間 11:00〜19:30)
キャンセルについて:キャンセルをされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。

いちご農家のいちごのおやつ教室

2012年12月29日

DSC_0156.jpg瀬戸内海に浮かぶ「豊島(てしま)」は、いちごが特産の小さな島。
豊島のいちごを使ったジャムやいちごソースは、甘味と酸味のバランスが抜群で、とてもおいしく、シューレの店頭でも大変人気の商品です。

1月のシューレのお料理教室は、こちらの商品をつくられている豊島のいちご農家・多田農園さんにお越しいただき、いちごコンポートといちごソースのつくり方を学びます。
また、多田農園さんが営まれているお店「いちご家」のメニューより、
コンポートやソースをアレンジしたおやつの作り方を教えて頂きます。
ジャムや保存食づくりの基本とも言える、ビンの脱気方法なども合わせてご紹介いたします。
いちごが一番おいしい季節に合わせての開催です。
みなさまのご参加を、お待ちしております。

日 時: 2013年1月17日(木) ①12:00~13:00 ②14:30~15:30
会 場:まちのシューレ963 店内キッチンにて
講 師:多田農園(いちご家)多田初さん、多田紀美子さん
内 容:いちごコンポートといちごソースの作り方と、そのアレンジ方法
定 員:各回15名(お電話にて先着順の受付となります。)
参加費:1,500円(税込) 試食あり・お土産付き
持ち物:筆記用具、メモ用紙
 ※デモンストレーション形式のため、エプロン等は不要です。 
お問合せ先:まちのシューレ963: 
TEL 087-800-7888(営業時間11:00〜19:30)

キャンセルについて:
キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。
※以降のキャンセルは、 キャンセル料として参加費の50% (750円) を頂戴いたします。


<多田初さん プロフィール>
1964年東京都生まれ。1996年、かつて祖父母が住んでいた豊島に移住し、1999年からいちご栽培に取り組む。
2009年、いちごを使ったおやつを提供するお店「いちご家」をオープン。奥様、長男、次男、長女の5人暮らし。
http://teshima158.com

Re:S 藤本智士トークイベント「キセキの出会いのヒミツ」

2012年9月21日

res_talk_bn3(schule).jpg
10/6(土)・7(日)の「りす写真館 in 高松」の開催にあわせて、
雑誌「Re:S」編集長の藤本智士さんによるトークイベントを開催させていただくことになりました。

日々日本中を旅し続ける藤本さんが、旅先で奇跡の出会いを生むコツを、スライドと映像でみなさまにこっそり伝授してくださいます。
さらに今回は、ゲストにミュージシャンの早瀬直久さん(ベベチオ)をむかえ、お二人がパーソナリティのネットラジオ「レディオーライ」の公開収録も致します。
グルメなお二人。讃岐の美味しいものについても沢山語ってくださる予定です。
最後には早瀬さんのアコースティックLIVEのコーナーも。
こちらもどうぞ、おたのしみに。

また、参加特典といたしまして、
キセキの旅のヒミツがつまった「イベント限定オリジナル冊子」 と
藤本さんが編集長を努めた、話題の秋田発フリーマガジン「のんびり」を差し上げます。

参加には、事前予約が必要となります。
先着40名様限定のイベントとなりますので、ぜひお早めにご連絡ください。
みなさまのご予約、お待ちしております。



Re:S 藤本智士トークイベント
「キセキの出会いのヒミツ」
+ベベチオ早瀬直久アコースティックライブ

日時:2012年10月6日(土)17:00〜19:00
場所:まちのシューレ963 カフェ963にて
料金:1,500円(ドリンク付き)
定員:40名
参加特典:イベント限定オリジナル冊子 + 話題の秋田発フリーマガジン「のんびり」(編集長:藤本智士)
お申込み・お問い合わせ:
まちのシューレ963 TEL 087-800-7888(11:00〜19:30)

キャンセルについて : キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。
 ※それ以降のキャンセルは、 キャンセル料として参加費の50% (750円) を頂戴いたします。


<プロフィール>
藤本智士/ふじもとさとし(Re:S)
編集者。 1974年、兵庫県生まれ。雑誌『Re:S』、秋田県発行話題のフリーマガジン『のんびり』編集長。『ALBUM EXPO』『Re:SCOVER NIPPON DESIGN』などの展覧会企画プロデュース。ベストセラー『ニッポンの嵐』の編集、原稿執筆も。近著に『ほんとうのニッポンに出会う旅』(リトルモア)。イラストレーター福田利之さんとの共著に『BabyBook』(コクヨS&T)など。

早瀬直久/はやせなおき(ベベチオ)
ミュージシャン。2000年に『べべチオ』を結成、3枚のミニアルバムの発表を経て、上野樹里主演映画『幸福のスイッチ』の主題歌やJR東日本CMタイアップ曲「恋の中」などを収めたアルバム『ちょうちょ』をリリース。そして 2011 年にはFM802邦楽ヘビーローテーションに選ばれた「キーワード」を収録した『リビングのデカダンス』をリリース。多岐にわたるソロ活動も展開中。




りす写真館 in 高松

2012年8月28日


res.jpg
北海道から九州まで、日本全国を巡り1000組以上の家族を撮り続けてきた移動写真館「りす写真館」が、まちのシューレ963にやってきます。

家族、友人、恋人、仕事仲間...
あなたにとって大切でかけがえのない存在の、そしてなによりあなた自身の「いま」。
二度と返り来ないその姿をモノクロ銀塩写真でのこし留めませんか?
出来上がった写真は、きっと時が経つほどにいとおしさが増し熟成していく、そんな一枚となるはずです。

東日本大震災以降、様々なボランティア活動に参加されてきたスタッフの皆さん。
その中で、やはりそのキーとなっているのは写真やアルバムでした。
使命感を更に強くした「りす写真館」は、撮影した写真を大きく引き伸ばすことよりも、お財布や手帳に入れていつでも持ち歩ける「お守りサイズ」でプリントすることにこだわっています。

今回は、予約等は特に必要ありません。
お気軽にご来場いただき、ぜひ、すてきな記念写真を残してください。


「りす写真館 in 高松」

会期:2012年10月6日(土)、7日(日) 11:00〜17:00
会場:まちのシューレ963 小ギャラリー
料金:5,000円(税込/お守りサイズプリント4枚+専用ケース+送料込み)
※ご予約は不要です。直接会場までお越しください。


詳細パンフレットを下記リンクよりダウンロードしていただけます。
[りす写真館 パンフレット 表面]
[りす写真館 パンフレット 中面]


りす写真館ホームページ
http://re-s.jp/photostudio/


さつまもの関連WS③「RHYTHMのレザー教室」

2012年6月22日


<こちらのワークショップは終了しました>R0014720.jpg
RHYTHMの飯伏正一郎さんによる、革小物のワークショップ。
上質なヌメ革を使用した、手縫いのコインケースをつくります。
小銭はもちろん、カードや折り畳んだお札も入る、実用性の高い形です。
革や糸の色はお好きな組み合わせを選べます。
お名前や誕生日等の文字を入れることもできますので、贈りものにしても素敵ですね。
初心者の方でもつくることができますので、お気軽にご参加ください。


日時:7/6(金)①11:30〜13:30、②15:00〜17:00

   7/7(土)①11:30〜13:30、②15:00〜17:00
定員:各回6名(要予約)

会場:まちのシューレ963 テラス(雨天の場合は店内南側通路にて)
講師:飯伏正一郎(RHYTHM)

参加費:4,500円(材料費込み)
キャンセルについて:必ず2日前までのご連絡をお願いいたします。
以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として参加費の50%を頂戴いたします。

お問い合わせ・ご予約は
まちのシューレ963
TEL  087-800-7888(営業時間11:00〜19:30)


‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8