新着情報

小野哲平 うつわが届きました

2017年12月25日

小野哲平さんより、うつわが届きました。

onoteppei_schule1.JPG鉄化粧7寸皿
鉄化粧取り皿

onoteppei_schule12.JPG
鉄化粧 丸湯のみ大・丸湯のみ中
onoteppei_schule3.JPG
鉄化粧 マグカップ大

onoteppei_schule4.JPG
薪窯 ポット



店頭でお待ちしております。
ぜひお手にとってご覧くださいませ。

お正月準備商品(食品)

2017年12月22日

新しい年をむかえる準備をされている方が多い今の時期に、おすすめの商品が届いております。

IMGP2525.jpg
■ 山本みそ加工所(香川) 甘味噌
昔ながらの木箱(もろ蓋)仕込みでつくられた麹に、国産の大豆をあわせた甘味噌です。
麹の香りと甘みがしっかりと感じられるまろやかなお味噌で、お雑煮にもおすすめです。

IMGP2521.jpg
IMGP2522.jpg

■ 山本みそ加工所(香川) 金山寺
こちらももろ蓋仕込みでつくった金山寺麹に、茄子・干し椎茸を漬け込み、甘口に調理して熟成させたおかず味噌です。あたたかいご飯やおでんと一緒に是非どうぞ。
すべて国産材料を使用しております。

IMGP2532.jpg
■ 綾菊(香川) 初しぼり 無ろ過原酒生 720ml
今年収穫されたばかりの香川県産米オオセトを100%使用した、辛口でキレがよい限定酒です。
なべ料理やブリ大根、牡蠣フライなど旬の素材の旨みを活かしたお料理とよくあいます。
アルコール分:19度

IMGP2531.jpg
■ 綾菊(香川) 特別純米 しぼりたて 720ml
こちらも香川県産米オオセトを使用し、やや辛口で味のふくらみがある、食中におすすめの限定酒です。
お造りや白身魚などにあいます。
アルコール分:15度

IMGP2519.jpg

IMGP2538.jpg

■ 山清(香川) ぜんざい 約3人前
北海道産の小豆と砂糖を使用した、ストレートタイプのぜんざいです。中身を鍋にうつし、お餅や栗などと一緒にあたためると、簡単においしいぜんざいができます。

IMGP2526.jpg
■ 金沢大地(石川) 玄米もち(プレーン/黒まめ)
石川県産の有機もち米「白山もち」を100%使用した、玄米のほのかな甘みをのこしたプレーンと、香ばしい香りの黒豆のおもちです。トースターなどで焼いてお召し上がりください。

IMGP2529.jpg
IMGP2530.jpg
■ 金沢大地(石川) たまきなこ
石川県産有機大豆の炒り豆に、有機きなこをたっぷりまとわせた豆菓子です。香りがとてもよくて、甘さは控えめ。お茶請けにおすすめです。

IMGP2528.jpg
■ 金沢大地(石川) オーガニック能登そば
有機栽培農家の井村さんが育てた有機蕎麦、有機小麦、奥能登海水塩だけで作られています。
甘皮まで挽かれていて風味がよく、年越しの時だけでなく普段もぜひ食べたい生そばです。

ぜひ店頭でご覧くださいませ。

ほそかわさんのあん餅・しろ餅を販売します

2017年12月20日

hosokawa_omochi.jpgのサムネール画像

香川県東かがわ市で、お米やお野菜などをご家族でつくられている細川さんより、今年もお餅が届きます。
香川のお雑煮といえば白味噌汁にあん餅をいれる方が多いですが、しろ餅も販売いたします。もち米は2017年度東かがわ産、あんこは昔ながらの釜戸炊きでつくられた、ほどよい甘さのおいしいあんこです。

年末年始はぜひ、ほそかわさんのお餅をご賞味くださいませ。

■ 販売日 ■

12月30日(土)・31(日)
両日とも11時から販売、なくなり次第終了です。

あん餅 5個入り 税込450円
    2個入り 税込180円
しろ餅2個入り  税込160円

ぼくの伯父さん

2017年12月20日

ぼくの伯父さん.jpg

つるとはな より、伊丹十三の単行本未収録エッセイ集「ぼくの伯父さん」がとどきました。
今月20日、伊丹十三没後20年を迎えたことを機に出版となった本書をぜひご覧ください。


つるとはなHPより...

1960〜70年代最高のエッセイスト、伊丹十三の単行本未収録エッセイ集。

食卓の作法、料理の秘訣、服選びに着こなし、
日常に見るヨーロッパ文化、
子育てから性教育、スポーツに社会問題、組織論......あらゆるテーマを
見逃さず、調べて観察し、自分の頭で考えたすえに、
わかりやすく、やわらかく、おもしろく書いた
稀代のエッセイスト、伊丹十三。

没後20年を機に、単行本未収録の優れたエッセイを、
伊丹十三記念館(松山市)の全面協力を得て、
一冊にまとめた本書は、四半世紀ぶりの伊丹十三の新刊です。

どうしてこれが本に収録されなかったのか。
へえ、こんなこと書いてたんだ。
これはちょっとびっくりだな。
時の流れを感じて懐かしいものもあれば、
時を経てもなお、その慧眼に驚かされるものもある。

父・伊丹万作が逝去したのち、13歳のときに、
『映画藝術』誌の依頼で書いた「父の思い出」や、
伊丹十三記念館の収蔵庫で発見された
生涯をふりかえるような未発表の生原稿、
4篇も収録。

雑誌連載時の伊丹十三によるイラストレーションを多数掲載。
イラストレーター・和田誠氏との笑える共作「人生劇場 血笑篇」や、
直筆の原稿用紙、愛用の文房具などもカラーページで紹介。

この一冊で、エッセイスト・伊丹十三に出会った方は、
新潮文庫、中公文庫の伊丹十三の本も、
ぜひチェックしてみてください。

高松張子 夜ねずだるま

2017年12月20日

夜ねずだるま.jpg
高松張子伝統工芸士 乃村七重さんより「夜ねずだるま」が届きました。
こちらは昔からある意匠で、乃村さんが「久しぶりに作りました」とお正月に合わせてお持ちくださいました。
シューレでも初めての販売です。全国のだるまにくらべて頭が小さめで、どちらかというとスリムな姿です。
凛々しい顔立ちでいかにも家を守ってくれそう。
大 3,024円 (写真)
豆 1,620円
どちらも1〜2点の入荷です。
‹ 前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16