新着情報

Local to Local 料理会 「上野剛児のうつわで、たべる。」

2017年8月 3日

utuwadetaberu.jpg上野剛児陶展 関連イベント
Local to Local 料理会
「上野剛児のうつわで、たべる。」

地産地食をモットーに徳島県神山町で活動を開始した、農業の会社 「㈱フードハブ・プロジェクト」。地域の食材を使った食堂の「かま屋」とパンと食品のお店「かまパン&ストア」を運営しています。
食堂では、上野剛児の大皿が日々活躍しています。上野本人が「理想的」という食堂での大皿の使い方を再現し、うつわそのものを体感していただく料理会を開催いたします。香川と徳島の食材をふんだんに使い、「かま屋」の料理長・細井恵子が料理します。地方と地方、地域の食同士を、上野のうつわをとおして「つなぐ」イベントです。ぜひご参加ください。


日時 8月27日(日)17:30〜19:00  
場所 店内 カフェ963
料理 細井恵子   
参加費 5,000円(1drink付き)※2drink以降は実費となります
定員 30名(要予約)

※本イベントは「さぬきダイニング」の事業として開催いたします。
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。それ以降はキャンセル料をいただきます。

murren vol.21 2017 July 届きました

2017年8月 3日

「街と山のあいだ。」をコンセプトにした小冊子『murren』の新号が届きました。

今回は「多摩丘陵(たまきゅうりょう)」の特集です。

山や自然は
変わらずそこにあって、
思っているよりも
すぐそばにあって、
行こうと思えば
いつでも行けて、
いつも黙って
受け入れてくれる。
山に行けば必ず
いいことがある。
山のある人生には
いいことが多い。

murren2.jpg
murren3.jpgバックナンバーも一部ございます。
murren1.jpg




『murren』
編集・発行人
=
若菜晃子
編集者。1968年神戸市生まれ。学習院大
学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入
社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編
集長を経て独立。著書に『東京近郊ミニ
ハイク』『東京周辺ヒルトップ散歩』他。

曲げわっぱ工房岡林 お弁当箱やお櫃が揃いました

2017年8月 3日

曲げわっぱ岡林1.JPG曲げわっぱ岡林2.JPG曲げわっぱ岡林3.JPG曲げわっぱ岡林さんのお弁当箱とおひつがギャラリーに揃いました。

高知の小さな村・馬路村で作られた曲げわっぱです。
馬路村産の天然杉と桜の皮を使用し、ひとつひとつ、丁寧に手作りされています。
曲げわっぱはご飯水分をほどよく吸収するため、さめてもおいしく、杉の殺菌効果でご飯がいたみにくいのでお弁当に最適です。余ったご飯を入れて美味しく保存することもできます。
色の付きやすいものを入れる場合は、事前に水通ししておくと、色移りや匂いも残りません。使った後は中性洗剤で洗い、しっかり陰干ししてください。

弁当はくるみオイル仕上げ、おひつは木地仕上げです。

乃村七重 高松張子が揃いました

2017年8月 3日

シューレ高松張子2017.JPG 高松張子をつくられている乃村七重さんから、まるちゃん張子(小)と奉公さん(豆)が届きました。
まるちゃん張子は、シューレの看板インコ「まるちゃん」をモチーフにつくっていただいているオリジナルの張子です。
旅の思い出や、お土産にぜひどうぞ。店内奥の手仕事ブースでご覧いただけます。

イブルが届きました

2017年7月30日

韓国布団イブルが再入荷しました。
ただいまベビーサイズ、シングルサイズ、ダブルサイズ、まくらカバーが揃っております。
ぜひ店頭でご覧くださいませ。
イブル20170730.JPG

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11