新着情報

さとうゆき ぐるぐるバッグが届きました

2017年6月 8日


香川県在住の布作家 さとうゆきさんのぐるぐるバッグが届きました。

satouyukibag1.jpgゆきさんの代名詞でもあるぐるぐるバッグ。
夏らしい明るいお色のものが揃いました。

持ち手の色や、刺繍の糸の色が1点1点ちがいますので
ぜひ店頭でご覧くださいませ。

satouyukibag2.jpg
satouyukibag3.jpg
satouyukibag4.jpg

さとうゆき プロフィール
1970  高松市生まれ
1989  高松工芸高校美術科卒業
1993  多摩美術大学美術学部彫刻科卒業
帰郷 結婚後、子ども造形教室「Nino」主宰
1995  JVCラオス活動支援のため、現地を取材し、絵はがき制作を企画
1996  ラオスの子どもたち展 企画
2007  オーロラギフト(東京・スパイラルマーケット)
2008  布をめぐる旅(高松市歴史資料館)
2011  ぐるぐる展(石の民族資料館)

主なクラフトフェア
クラフトフェアまつもと(長野・松本)
フィールドオブクラフト倉敷(岡山・倉敷)
フィールドミュージアムSA・NU・KI(東かがわ市・讚州井筒屋敷)
瀬戸内生活工芸祭(高松・玉藻公園)

レアチーズケーキ

2017年5月30日

レアチーズケーキ.jpg
レアチーズケーキ
単品 税込 380円
ケーキセット(珈琲または和紅茶) 税込 730円


爽やかな口当たり、すこしの酸味と程よい甘さ。
いまの季節にピッタリなレアチーズケーキがメニューに加わりました。


ぜひこの機会にお召し上がりくださいませ。

おかしのうつわ展

2017年5月30日

okashinoutsuwa.jpg
おかしのうつわ展
2017年7月15日(土)~7月31日(月)
※7/18(火)定休日 11:00~19:30   
at.まちのシューレ963ギャラリー 
共催:うつわ祥見


-------------------------------------------------------------------------------
「おかしのうつわ展」初日の7/15には、
うつわ祥見主宰の祥見知生さんと、
陶芸家の須藤拓也さんが在廊していただくことになりました。
うつわのことを直接うかがえる貴重な機会ですので、ぜひ会いにいらしてください。
-------------------------------------------------------------------------------


おかし、とは御菓子であり、「をかし」でもあります。
おいしい菓子をのせる、をかしなうつわを展示します。
菓子は食事ではない、嗜好品、ある意味「余暇」「余興」です。
それゆえに豊かな時間をつくるもの。
菓子のために器をえらぶというのは、とても贅沢ではありますが、
心を満たす時間を拵える素敵な出来事になると思います。ぜひお越し下さい。


参加作家

阿南維也(陶)
荒川真吾(陶)
蠣﨑マコト(ガラス)
寒川義雄(陶)
黒川登紀子(ガラス)
須藤拓也(陶)
田村文宏(陶)
巳亦敬一(ガラス)
山地裕之(木工)
横山拓也(陶)
吉田直嗣(陶)
Lue 菊地流架(真鍮)


●関連イベント 1
菓子茶事「御菓子丸のあわい」

京都を中心に、独創的で美しい和菓子を創作している工房「御菓子丸」。
その菓子をいただく茶会です。
「あわい」とは、モノとモノ、コトとコトの時間的なあいだ。
今回は茶席のなかで菓子が出来上がっていく様を、また、
「おかしのうつわ」にのる様を、お客さまに楽しんでいただきます。
お愉しみください。

日時:7月15日(土)
①13:00〜 ②14:30〜 ③16:00〜 ④17:30〜
場所:まちのシューレ963
菓子制作:杉山早陽子(御菓子丸)
席主:中條晴之
参加費:2,000円(薄茶、菓子付)
定員:各回10名(要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。それ以降はキャンセル料をいただきます。

プロフィール
杉山早陽子|御菓子丸
1983年生まれ。京都の老舗和菓子店にて修業。鑑賞から食べるまでを一つの作品として、和菓子を制作。10年間和菓子ユニット「日菓」として活動し、現在は「御菓子丸」を主宰して、さまざまな展示への参加、コラボレーションなどを行っている。




●関連イベント 2
菓子懐石「香菓 カグノコノミ」

フレンチレストラン出身のパティシエがつくる、お菓子だけの懐石です。
香川県産の柑橘やキウイ、ベリーなどの果物、野菜なども使い、
コースに仕立てた菓子を、日本茶のペアリングとともにお出しします。
もちろん、うつわは本展に出品する作家のものです。
菓子とうつわの濃密な時間を、ご堪能ください。
※本イベントは「さぬきダイニング事業」の一貫として開催いたします。

日時:7月22日(土)
   ①13:00〜 ②15:00〜 ③17:00〜 
場所:まちのシューレ963 店内
菓子制作:松岡順二
参加費:3,500円(飲み物付)
定員:各回10名(要予約)
※キャンセルの場合は2日前までのご連絡をおねがいします。
それ以降はキャンセル料をいただきます。

MONPEフェア

2017年5月30日

monpe.jpg「MONPEフェア」
2017年7月12日(水)〜8月2日(水)
※7/18(火)定休日 11:00〜19:30    
まちのシューレ963雑貨ブース



久留米絣を現代風に仕立て上げ、カジュアルな日常着にした
「うなぎの寝床」の"MONPE"。
もんぺ、というと腰回りのゆったりした農作業着のイメージがありますが、
普段履きしやすい様に、腰回りをすっきりさせ細身にしています。
吸水性がよく乾きも早いので、日常着にはもちろん、海や山へのレジャーに、
また農作業に大活躍します。
夏の日常をたのしくするMONPEをぜひ、お楽しみください。

6月前半のメニュー

2017年5月28日

山々の緑がひと雨ごとに色濃くなってくる時期になると、田んぼに水が張られ、田植えが始まります。
梅雨時の晴れ間の青空に夏のにおいを感じる季節になりました。
シューレでは、この季節にぴったりのお料理をご用意しました。どうか、ごゆっくりお召し上がり下さいませ。

6月前半ランチ01.jpg6月前半ランチ03.jpg6月前半ランチ02.jpg6月前半のメニュー(6月1日〜15日)

豚肉のピカタ トマト味噌ソース  わさびドレッシングのサラダ

茄子、カボチャ、パプリカの揚げ浸し

白瓜の土佐酢ジュレ和え

はと麦のごはん

ハスイモと車麩のお味噌汁

お飲物(珈琲 または 和紅茶 または ジュース)

●ドリンク付..........1,300円
●ドリンク+ケーキ付..........1,550円

数に限りがございますので、お電話でランチのお取り置きを承っております。

【ランチのお取り置きにつきまして】
お席のご予約ではございません。
ご来店いただけましたら、店頭にウェイティングボードをお出ししておりますので、ご予約のお客様のお名前と、「予約済」の欄にチェックをお書き添えください。
お名前をお書きいただいた順にお席にご案内いたします。
ご来店時の状況によってはお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。
ご協力を、お願いいたします。

※お名前は11時よりご記入いただけます。

まちのシューレ963
TEL 087-800-7888(当日分の受付は11:30までとさせていただいております。)

‹ 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13