日々のこと

手仕事時間「お正月の小花をかがりましょう」手まりワークショップを開催しました。

2011年12月14日

DSCN2113A.jpg今回の手まりワークショップは、讃岐かがり手まり製作者 荒木永子さんを講師としてお招きし、お正月飾りにもなる大小2点の手まり制作と手まりに使用される木綿と草木染めについてのお話といった盛りだくさんのワークショップとなりました。

DSCN2031K.jpgまず、大きい手まりの制作から。
初めてで「出来るのかな」と心配されていた方もいらっしゃったと思いますが、荒木さんのゆっくりと丁寧なご説明によって、皆さん一針一針ゆったりと楽しんで制作を始めていらっしゃいました。

DSCN2068H.jpg次は、お話会。
木綿の糸にする前の綿の花。ふわふわとしていますが、このままでは糸にはなりません。
"綿繰り機"という種と綿を分ける機械と"綿打ち"という綿をほぐす道具をお持ちいただき、実際に綿にしていきます。

DSCN2077G.jpg思った以上に種が固く、なかなかスムーズにはいきません。その分、綿が出てきた時には感動しました。

DSCN2086E.jpg弓のような"綿打ち"という道具は、紐部分を強く引っ張って叩くイメージ。一回でふわっとした綿が出来上がります。この作業を3回程度繰り返すとやわらかい綿が出来上がります。

DSCN2062I.jpg草木染めのお話は、染める材料と実際に染まった糸をお持ちいただきました。くるみで染めると甘い良い香りがするそうです。今回は、ザクロを煮出していただきました。漢方薬に使用されるものも染める素材として使われているのだそうです。なかなか聞くことの出来ないお話をたくさん聞くことが出来ました。

そして、小さい手まりの制作。

DSCN2099B.jpg大きいものよりも小さいものにかがるのは、また細かい作業になります。皆さん、可愛い小花をかがっていらっしゃいました。

DSCN2082F.jpg約3時間のワークショップは、とても楽しい優しい空気が溢れていました。
来年のお正月に小さな手まりが、お部屋に彩りを添えて一層楽しい気持ちにさせてくれることと思います。