日々のこと

小野哲平 早川ユミトークイベント「暮らしが仕事。仕事は仕事。」

2019年7月31日

去る7月19日「土がある。布がある。それぞれの旅。」の関連イベントとして、小野哲平さん、早川ユミさんのお話を聞く会を開催しました。
作品や書籍などを通してお二人のことをご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、直接ご本人からものづくりのこと、生活のこと、仕事のことなどを聞く貴重な機会、ということで会場いっぱいの参加者にお越しいただきました。
IMG_7538のコピー.jpgお二人の間に入って司会としてご登壇いただいたのが、徳島県神山の農業の会社「Food Hub Project」を率いる真鍋太一さんです。運営している食堂「かま屋」では、哲平さんの大皿で料理が提供されています。
4年前、東京で開催された個展のお仕事をきっかけに、真鍋さんは哲平さんユミさんと交流を続けてこられました。IMG_7540のコピー.jpgまずは3人で「暮らしが仕事。仕事が仕事。」というテーマになった経緯について、お話くださいました。このテーマはもともと、柳宗悦や濱田庄司たちとともに民藝運動に関わった陶芸家・河井寛次郎の「暮らしが仕事  仕事が暮らし」をもとにしています。哲平さんのお父さまで画家の小野セツローさんが、この寛次郎の言葉を描いた版画を送られたのがきっかけでした。

IMG_7541のコピー.jpgユミさんはちくちく針仕事をしながら畑で野菜をつくったり、ごはんをつくったりと文字通り「暮らしが仕事 仕事が暮らし」の方です。一方、哲平さんは陶芸の仕事と毎日真剣にむかいあう日々のなかで、徐々に「仕事は仕事だろう」という気持ちになってきた、という経緯をお話しくださいました。
お二人の暮らしや仕事、作品、向き合ってきたヒトやモノ・・・。さまざまなエピソードを交え、時には哲平さんのするどい指摘や、ユミさんの反撃!など、真剣でたのしい時間となりました。IMG_7551のコピー.jpgIMG_7552のコピー.jpgそして今回は特別にFood Hub Projectが運営する「かまパン&ストア」から、哲平さんユミさんもお気に入りのパンが参加者にふるまわれました。パンは小野家の朝食担当の哲平さん流に、蒸し器で蒸してもちもちに!かまパン職人の笹川さん自らお客さま一人一人にサーブしてくださいました。IMG_7563のコピー.jpgそのあとの質疑応答では、さまざまな世代の参加者から、自分のしたいことにどう向きあうのか、経済的にどう折り合いをつけるのか、など現実的な投げかけもあり、さらに会場の熱気があがりました。
哲平さんユミさん、たくさんの貴重なお話しをありがとうございました。
お二人の間にたって、四苦八苦しながら、二人の引き出しを開けてくださった真鍋さんにも、心から感謝いたします。


小野哲平 早川ユミ二人展「土がある。布がある。それぞれの旅。」は8月6日(火)までの開催です。まだまだ素敵な作品がありますので、ぜひご来店ください。

あわせて同イベントを徳島県神山のFood Hub Project「かま屋」でも、8月4日(日)まで出張開催しておりますので、こちらにも足を運んでみてください。

高知フェア開催中です②

2019年7月24日

ギャラリーで行われている 
小野哲平 早川ユミ 二人展 「土がある。布がある。それぞれの旅」
にあわせて食品売場では高知のおいしいものを集めた
『高知フェア』を開催中です。
フェア限定のスタッフおすすめ商品を紹介していきます。

今回はジュースやお酒の紹介です。

◎KOCHI GOOD FOODS
その時々にしかない旬の産物を販売しながら、オリジナル加工品を作られているKOCHI GOOD FOODSさん。6月にはシューレに新鮮な小夏を届けてくださいました。

IMG_0136.JPG
KOCHI GOOD FOODS ジンジャーシロップ.JPG
-
小夏ジュース
果汁100%の無添加の小夏ジュースです、爽やかな酸味とすっきりとした甘みが今の季節にぴったりです。
-ジンジャーシロップ
高知県いの町の刈谷農園で栽培された生姜とスパイス、きび糖のみで作られています。少量生産の為、数に限りがある貴重なジンジャーシロップです。

◎tretre
高知県仁淀川の源地域の山あいで自生する草木を中心に手摘みをし、
オリジナルブレンドティーを作られています。

高知 トレトレ.jpg

高知 MAKINO.jpg-摘み草ブレンドティー
(rouge・gingin・zasa・mogi・ yellow・ 和はっか・カミツレ)
-Makino  オリジナルブレンドティー
牧野植物園で有名な、牧野富太郎博士ゆかりの植物をテーマにしたオリジナルブレンドティーです。
(yuzu・sueko-zasa・kekennponashi)

トレトレ試飲.JPG

トレトレさんには7/20に試飲販売をしていただきました。ご来店されたお客様には、和はっかとカミツレのアイスブレンドとyellowのブレンドティーの三種を試飲いただき、お土産やご自宅用などたくさんの方に選んでいただきました。ありがとうございました。

◎菊水酒造 はちみつのお酒 MEAD
はちみつが自然発酵して生まれたミードは世界最古の酒といわれ、からだにもやさしいお酒です。甘やかでいてサラリとした飲み口。ストレートでも果汁と合わせてでもおすすめです。

IMG_0148.JPG

◎高知カンパーニュブリュワリー TOSACO
高知でつくられた果物や穀物を使い、地域性を大切にしながら製造されたクラフトビールはどれも一品。ゆずや高知産のお米を使ったここにしかないお味も楽しんでいただけます。 

IMG_0154.JPG(左:和醸ケルシュ・中央奥:ゆずペールエール・右手前:こめホワイトエール)

◎山崎酒店 ふもとのいずみ(特別純米)

IMG_0151.JPG爽やかな酸味とほのかな甘み。程よい苦みをもち、フレッシュな香味。サラダや刺身には冷やで、鍋物や焼肉には燗で、など料理の温度によってお酒の温度を変えると、また違った美味しさを愉しめます。

高知フェアは7/28(日)まで開催中です。
豊かな自然で作られた、高知のおいしいものたち。
この機会に是非ご来店くださいませ。

高知フェア開催中です ①

2019年7月24日

IMG_0097.JPG
ギャラリーで行われている 
小野哲平 早川ユミ 二人展 「土がある。布がある。それぞれの旅」
にあわせて食品売場では高知のおいしいものを集めた
『高知フェア』を開催中です。
フェア限定のスタッフおすすめ商品を紹介していきます。

〇太陽笑店
素材の味を活かし、「思い」を込めた食品を作られている太陽笑店さん。
今回は高知特産の生姜を漬け込んだOrganic series3種と四万十町で有機の野菜を栽培されている テレサファームさんの生姜加工品を届けてくださいました。

IMG_0124.JPGIMG_0122.JPG

Organic Series 3種
-oyatsu 生姜: 
有機生姜「黄金虚空蔵II」と有機きび砂糖のみでつくった、おやつ感覚でいただける生姜です。
-レモンでgo!
有機生姜を有機きび砂糖とレモン果汁で漬け込んだ、辛さと甘さが絶妙なお味です。料理にもデザートにも幅広く使えます。
-甘酢漬け
有機生姜を有機きび砂糖と熟成純米酢に漬け込んだ、酸味と生姜の辛味がマッチした甘酢漬けです。

IMG_0128.JPG
-生姜チップ(左)
有機生姜「黄金虚空蔵II」を低温で丸2日乾燥させた生姜のチップ。生姜の風味がしっかり残ったチップです。そのままでもお料理にも◎
-生姜みそ(中央)
有機生姜と有機味噌が合わさったおかず味噌。食べだしたらごはんが止まりません。
-しょうが粉
低温でじっくり乾燥させた有機生姜を粉にした生姜粉。ちょっとした味付けや紅茶などにどうぞ。

〇上樫森

IMG_0131.JPG

-ボカ
農薬と化学肥料を使わずに丁寧に栽培されたサトウキビを伝統の製法で炊き上げ、サトウキビ蜜を作られている上樫森さん。「ボカ」と呼ばれる、黒糖に固まる寸前で釜から上げたサトウキビ100%の蜜は、ほぼ地元でしか出回らない希少な蜜です。独特の風味でやさしい甘さ。アイスクリームや珈琲にどうぞ。

〇ハッピーファーム
ハッピーファームで栽培されているハッピートマトは高糖度(糖度9~12度)のミニトマトです。栄養価も高く、食べやすいサイズでデザート感覚で食べられるトマトです。

IMG_0133.jpg-ハッピートマトの酢とまと(右)
高糖度ミニトマトを湯むきし、少し塩を加えたリンゴ酢に漬け込んでいます。サラダやカルパッチョの材料としてもおすすめです。
-真っ赤なかわいいドライとまと
トマトの風味がぎゅっとつまったフルーツのような風味のドライトマトです。パスタやお肉料理、幅広い料理にお使いいただけます。

〇日曜市の風景
高知で採れた旬のものを使って作るポン酢や梅びしおなどの調味料。季節にあわせた商品で高知の日曜市にはかかせない「風景」を作られています。

IMG_0142.jpgIMG_0118.jpg柚子とエノキの塩ぽん酢
北川村の柚子果汁、田野町の天日塩、朝摘み高知産のえのきだけを出汁として使用した塩ぽんず。柚子の風味とえのき茸のとろみが料理になじみ、お料理がさっぱりと仕上がります。
-梅びしお
自家製の梅干しを丁寧に種を取り除き味付けををした梅びしおです。ほどよい梅の酸味と甘さが絶妙でごはんのおともにぴったりです。
-チョイつま3種(スパイシーソルト・ピリ辛かつお・柚子ぽん酢)
味付きえのき茸を乾燥させたおやつのようなえのき茸です。スルメのような食感で噛めば噛むほど味が出ます。

〇アグリネットワークれいほく
四国の真ん中・高知県れいほく地域で化学合成農薬・合成肥料を使わず、品質管理を徹底しこだわりのゆず果汁を作られています。

IMG_0119.JPG-ゆずドレッシング
(右手前: 天日塩と柚子・右手前奥: スイートトマトと柚子)
オイルフリーなのにプルプルとしたドレッシング。爽やかな柚子果汁と天日塩やトマトの味が合わさった、サラダからお肉料理まで使えるドレッシングです。
-森のゆず酢
ゆずの苦みやアクを混入させず、贅沢に絞ったゆず果汁です。炭酸と割ってそのままドリンクとして、魚料理やそうめんなど何にでもお使いいただけます。
-森のゆずジュース
手搾りした柚子果汁とてんさい糖、レンゲ蜂蜜をブレンドした甘さ控えめのジュース。アイスでもホットでもお楽しみいただけます。

〇mongo mongo

mongo mongo.jpg高知県香南市でパン洋菓子を作られているmongo mongoさん。今回も美味しい焼菓子をたくさん届けてくださいました。優しいお味で素材の味がふんわりと香る、安心できる美味しさです。
-ピスタチオボール
-ほうじ茶とホワイトチョコレートのパウンドケーキ
-レモンのマドレーヌ
-レモンのサブレ
-バターはちみつラスク

高知フェアは7/28(日)まで開催中です。
高知の素材を十分に生かした食品たち、
是非この機会にお試しください!

小野哲平 早川ユミ 二人展 「土がある。布がある。それぞれの旅。」開催中です

2019年7月22日

陶芸家 小野哲平と布作家 早川ユミの2人展「土がある。布がある。それぞれの旅。」が始まりました。土がある。布がある。それぞれの旅。3.jpg高知の山あいに居を構え、陶芸と布、異なる素材を用いてものづくりを続けるお二人。 今回はお二人あわせて500点近くの作品が、シューレギャラリーにところせましと並んでいます。
(画像は初日の様子を撮影しており、すでに販売して店頭にない作品もございますので、ご了承ください。)

小野哲平さんからは、薪窯の作品や人気の鉄釉をほどこしたシリーズがたくさん届いています。どんな食材でも受けとめてくれ、ふと気がつくと手がのびる、日常のうつわです。
毎日つかって洗ってをくりかえして、持つ人ごとに育てる楽しみを味わってください。土がある。布がある。それぞれの旅。4.jpg

土がある。布がある。それぞれの旅。12.jpgそして、展覧会ならではの大きい作品も。
大皿や鉢、花器など、迫力のある一品があります。今が旬の夏野菜や果物を豪快にもりつけたくなりますね。
土がある。布がある。それぞれの旅。10.jpg土がある。布がある。それぞれの旅。9.jpg


早川ユミさんからは、ちくちくツアーでもおなじみのもんぺやスカート、人気のエプロンやなべつかみなどの小物、哲平さんのうつわをつつんだ「旅する茶わん」などが届いています。早川ユミ1.jpg

土がある。布がある。それぞれの旅。6.jpg今回は夏らしいブラウスや、タブリエ(DMでバナナの木にかかっていました)などの新作もあります。土がある。布がある。それぞれの旅。7.jpg

イラストレーターのミロコマチコさんの絵が描かれたお洋服やエプロンもあります。ユミさんの独特の色合わせや布あわせと、不思議で愉快なミロコさんの絵がコラボレーションした作品です。土がある。布がある。それぞれの旅。8.jpg哲平さんユミさんの書籍もたくさん並んでいますので、作品とあわせてご覧ください。土がある。布がある。書籍.jpg

7/19金の初日には、哲平さんユミさんにご在廊いただき、午後からはちくちくワークショップ「シリアの野生パンツをつくろう。」を開催しました。毎回人気のこのイベントですが、今回は県外からもお越しいただき、ユミさんとちくちくしながらお話がはずんでいました。土がある。布がある。それぞれの旅。16.JPG

「土がある。布がある。それぞれの旅。」は8月6日(火)までの開催です。
あわせて同イベントを徳島県神山のFood Hub Projectでも出張開催しておりますので、ぜひ足を運んでみてください。

連動企画
小野哲平 早川ユミ「土がある。布がある。それぞれの旅。」@神山
日時:2019年7月20日(土)~8月4日(日)※月・火曜日は定休
場所:かまパン&ストア

COTTLE EXHIBITION はじまりました

2019年6月16日

IMG_7375.jpg「COTTLE EXHIBITION」始まりました。
国産デニム発祥の地である岡山県児島で、築120年以上の織物工場をリノベーションし、工房とギャラリーを構えるブランド「COTTLE(コトル)」。

AV4T0774.jpg「Uniform for living made in Japan」をテーマに、毎日着て、その人だけの着心地を育てていける定番品をめざし、はっとするような風合い、美しさを持つ良質の生地をつかい、細かな縫製までこだわった洋服づくりをしています。

IMG_7379.jpg
AV4T2015.jpg定番の天然染めを施したシャツやジャケット、帆布のバッグやストールなどの小物が届いております。
また履き心地やシルエットを試行錯誤しながらできたこだわりのデニムパンツは、メンズサイズもございます。

32.jpgIMG_7370.jpgまた天然石や瀬戸内の砂浜で集められた貝や石に「金継ぎ」を施したアクセサリーもご用意しました。天然のものを使用しているため、一つ一つ違った表情で素敵です。

AV4T2364.jpgぜひ、お越しください。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9