日々のこと

ツムギ5日間の秋の受注会 開催しました

2020年9月 6日

ツムギ5日間の秋の受注会_00005.jpg9/2〜9/6に「ツムギ5日間の秋の受注会」を開催いたしました。

3月に春の受注会を開催してから、今年2回目のツムギの展示。今回のテーマは「塩江フォークロア」。ツムギのデザイナー平川さんは、春の受注会が終了してから、この「塩江フォークロア」のテーマに早くから取り組まれていました。塩江町に何度も足をはこび、豊かな自然や民話などからインスピレーションを受け出来上がった今回のコレクション。青や黄色、紫などカラフルな色のお洋服が印象的です。コロナ渦で閉塞感のある今「色の力を借りて、洋服って楽しいものだよねっという原点に立ち返ってもらいたい気持ちでつくっています。」とおっしゃっていました。その言葉通り、今回は赤や緑、紫などのお洋服が人気だったように思います。そしてなにより、みなさんが楽しそうに試着をされていたのが印象的でした。香川の保多織(ぼたおり)が新しい形となり、幅広い世代の方に届いています。受注いただいたお洋服は仕上がり次第ご連絡をさせていただきます。お楽しみにお待ちくださいませ。

ツムギ5日間の秋の受注会_00001.jpg

ツムギ 平川めぐみ
香川県生まれ。服飾専門学校卒業後、大阪・東京でアパレルデザイナーを務め帰郷。香川の伝統織物「保多織」を使ったブランド「ツムギ」の企画デザインを行い、新しい世代に向け県内外のイベントにて保多織のもつやわらかな風合いの魅力を広く伝える活動を独自に行う。その他、ダンスや演劇など舞台衣装の制作など、ジャンルにとらわれず衣服に関わる「素材」「色」「かたち」の可能性を追求する。