日々のこと

ツムギ5日間の秋の受注会 8/3(水)よりはじまります

2022年7月29日

8月3日(水)から「ツムギ5日間の秋の受注会」が始まります。シューレでは2020年からツムギさんの受注会を年に2回開催させていただいていますので、おなじみの方も多いかと思います。

今年は「讃岐三白」をテーマに洋服作りをされています。(「讃岐三白」とは、香川で江戸時代から続く産品「塩」 「砂糖(和三盆)」「木綿」のこと。)3月に開催した春の受注会では、保多織を塩で染めた「塩染め」の洋服が登場し人気を集めました。

今回の秋の受注会では「和三盆、木綿」をテーマに、砂糖のカラメル化現象「溶ける、まざる、こげる」を保多織に表現した、新しい染め生地が登場します。こちらの生地のユニセックスシャツやワンピースなど登場する予定です。ぜひご注目ください。
ツムギ秋の受注会20225.jpgツムギ秋の受注会20226.jpg

また和三盆糖をイメージした「ラベンダー色」に染めたお洋服も並びます。

ツムギ秋の受注会20223.jpgツムギ秋の受注会20224.jpg保多織に起毛加工をかけた生地の洋服も登場します。前回の2021年の秋の受注会では、薄地の生成りのみの登場でしたが、今季はいろんな厚み・色で試しておられます。「起毛加工を保多織に施すとうっとりするほどのやわらかい毛並み、そして今まで出しにくかったドレープ性によって生まれる新しい表現の可能性が見えてきたのは大きな発見だった」と平川さんがおっしゃっています。画像では伝わらない、手触りやあたたかさをぜひ店頭でお確かめください。みなさまのご来店をお待ちしております。

ツムギ秋の受注会20222.jpg

ツムギ5日間の秋の受注会
2022年8月3日(水)〜8月7日(日)
 open 11:00〜19:00
at.まちのシューレ963
(営業時間は状況により変更することがございます)