日々のこと

加藤良行 木の道具展 はじまりました

2018年4月14日

katoyoshiyuki_2018041401.jpg

今日から、店内大ギャラリーで「加藤良行 木の道具展」がはじまりました。
今回約250点もの作品が届きました。
まだまだたっぷりございますので、ぜひお越しください。お待ちしております。

katoyoshiyuki_2018041402.jpg
なお明日は、シューレの庭マルシェを開催します。

おたのしみに。

加藤良行さんの工房へ

2018年4月 8日

katouyoshiyuki1.jpg

katouyoshiyuki9.jpgまだ肌寒いころ、木工家・加藤良行さんの工房にお邪魔しました。
旋盤の音が響き、軽トラックの行き交う大阪の町工場。
その一画に加藤さんの工房があります。

katouyoshiyuki5.jpg
katouyoshiyuki2.jpg
katouyoshiyuki6.jpg
katouyoshiyuki7.jpg
整然と道具と木材がならんでいます。
木工家の工房によくある、「ろくろ」や大型の機械はありません。
大まかに形どりする以外は、極力機械を使わず、ノミや鉋を使い分け
「手で彫る」ことに拘る加藤さんならでは、です。

katouyoshiyuki8.jpg
katouyoshiyuki.jpg
木工家といえば、大なり小なり家具などの作品をつくる方が多いですが、
加藤さんは皿やお盆、カトラリーなどあくまで「生活の道具」をつくる作家です。
宮大工の経験から培われた技術で、とても手で彫り込まれたとは思えない深さやエッヂをあたえられた器やカトラリーたち。
それでいて、生活のなかで肩肘はらずに使うことができる日常の道具でもあります。

katouyoshiyuki10.jpg
手間をおしまず、自然に逆らわず。
日本人のモノづくりの美意識が凝縮されたような、
繊細でいて自由な作品です。
ぜひ、実物を手にとって確かめてください。

「加藤良行  木の道具展」は4月14日(土)から開催いたします。
初日は加藤さんご本人が在廊されますので、ぜひどうぞ。


加藤良行 木の道具展
2018.4.14(土)〜4/24(火)
※4/16(月)定休日
11:00〜19:30
まちのシューレ963 ギャラリー




シューレの庭マルシェ 春 出店者のご紹介です

2018年4月 2日

2018シューレの庭マルシェ春.jpg

2018年4月15日(日) 11時~15時ごろまで

@まちのシューレ963テラス (雨天決行)


ー 出店者のご紹介 ー

・ I'm Garden bulbe(坂出)

I'mGarden外観.jpgI'mGarden店内.jpg外構・お庭の設計・施工を仕事としているI'mGardenさんの中にあるお店、bulbe(ビュルブ)さん。
「暮らしの中の庭」をテーマに、庭がある暮らしを豊かにする草花の苗や鉢、寄せ植えなどの販売や様々な企画展・教室をされております。庭マルシェでは、庭や鉢にすぐ植えていただける宿根草やハーブの苗、ちいさな寄せ植えなど販売します。


・ おかし工房Botan(観音寺)

Botan店内.jpg

Botanキッシュ.jpg
観音寺市で生菓子や焼菓子の販売をされている、おかし工房Botanさんからは具材の組み合わせがどれもおいしいキッシュや、スコーン・クッキー・ショートブレッド・ビスコッティなどが届きます。Botanさんのお菓子はギフトにされる方も多く、いろいろ食べられるサイズ感です。


・ オーバッシュクラスト(徳島)

オーバッシュ外観.jpg

オーバッシュ パン.jpg

自家製天然酵母パンの販売やカフェ営業をおこなっているオーバッシュクラストさん。
徳島県産の食材を中心に、旬の果物や野菜をつかったパン・焼菓子・タルトなどをたくさんご用意してくださいます。スタッフさんからおすすめの食べ方を聞くのも楽しい時間です。同じ徳島からご出店の可否庵さんのコーヒーと一緒にぜひどうぞ。


・ 菓ゆら(高松)

菓ゆら看板.jpg

菓ゆら焼菓子.jpg
ドゥミセック(しっとりした半生の焼き菓子)や、リキュールやスパイスをほんのりきかせた大人の焼菓子、人気のシュークリームを販売します。5月末でお店を閉める菓ゆらさん、庭マルシェの出店は今回で最後になります。
普段の菓ゆらさん店頭に並んでいないお菓子をご用意してくださるので、ぜひお楽しみにお越しください。


・ 喫茶らくだや(三豊)

喫茶らくだや.jpgのサムネール画像

喫茶らくだや2.jpgのサムネール画像のサムネール画像
三豊の荘内半島で週に1回オープンする喫茶らくだやさんは、ビーガンの方にも食べていただけるクロワッサンやクリームパン、メロンパン、野菜ベーグルなど販売します。らくだやさんのパンは、国産小麦粉・有機天然酵母でつくられており、甘みには甘酒やメープルシロップ、黒糖や粗糖など使用したお子様から大人まで誰でもおいしく食べれるパンです。


・ 可否庵(徳島)

可否庵 看板.jpg

可否庵.jpgのサムネール画像
創業から35年以上、徳島市内で豆の焙煎と営業を続けておられる可否庵さん。
マスターが淹れるコーヒーをもとめて、会話も楽しみに老若男女問わずずっと通われている方が多くいらっしゃいます。庭マルシェではハンドドリップコーヒーや豆、そして新しくつくられた可否庵オリジナルのミルや缶なども販売します。


・ たなごころ(綾川)

たなごころ看板.jpg

たなごころ店内.jpg

シューレから南西に30分ほど車を走らせたところにある綾川町で、ヘアカット・ヘッドマッサージ・整体などをご夫婦でおこなっている、髪と体のお店たなごころさん。庭マルシェでは、椅子に座って服を着たままできるメニューをご用意しました。

奥さまのMitsuyoさんはヘッドマッサージを、旦那さまが整体(上半身)をおこないます。どちらも15分程度で税込1,500円です。
いつも朗らかでやさしい空気感をもつお2人に髪や体のことについて是非お話にいらしてください。

淡路島を中心に活動されている、料理家どいちなつさんが立ちあげた「心に風」の商品も販売します。


・ によどマッシュルーム生産組合(高知)

によどマッシュルーム.jpg

によど 竹内さん.jpg
仁淀川町で竹内さんご家族が育てた、新鮮な生のブラウンマッシュルーム・ドライマッシュルーム・ピクルス・佃煮など販売します。
程よい甘みと歯ごたえで風味の強いブラウンマッシュルームは、庭マルシェでも人気の商品です。ご試食もご用意します。


・ 溝口食糧(高松)

溝口食糧店内.jpg
溝口食糧おむすび1.jpg
シューレから車で約5〜6分の多賀町で、代々お米の販売をされている溝口食糧さん。
お米の特性を見極める、お米マイスター溝口さんによる創作おむすびをお楽しみに。今回の庭マルシェでは、鯖・豆・味噌・梅・春巻きなど思案中、お米を引き立たせる具材の組み合わせや形には店主のこだわりが感じられます。


皆さまのご来店をお待ちしております。

春のCOOVA 開催中です

2018年4月 2日

coova_schule01.jpg
3/31より、店内小ギャラリーにて「春のCOOVA」がはじまりました。

新作のストールも届いております。
ぜひお越しください。




春のCOOVA
2018.3/30(金)〜4/10(火)
11:00-19:30 会期中無休
at.まちのシューレ963小ギャラリー




春のCOOVA はじまります

2018年3月29日

明日3月30日(金)より、店内小ギャラリーにて「春のCOOVA」がはじまります。

COOVAさんのアイテムは2017年4月に開催した「LABORATORIO展」にて少し紹介させていただきました。

前回人気だったツイストフリンジストールをはじめ、クロスやエプロン、タイルマット、ブランケット、またバッグやお弁当包みなどの小物も届きます。

明日3/30(金)と3/31(土)は、デザイナーの瀬谷さんが在廊されます。

ぜひ、お越しください。
COOVA_schule1.jpegCOOVA_schule3.jpegCOOVA_schule2.jpeg

瀬谷志歩
武蔵野美術大学卒業
東京八王子の織物工場みやしん(株)にて、
服地の製造、企画、開発、営業を担当。
2011年 社内のオリジナルブランドとしてCOOVAをスタート
2013年 同社の廃業に伴い、独立


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心地よく過ごすことを布で提案したい、
と考えています。それには、
手織りと機械織りのあいだにあるような布に
その可能性を感じます。

COOVAの布は、すべて工場で織られています。
織物工場で勤務していた経験から、
生産性という視点以外の機械で織ることの
可能性に魅力を感じています。

COOVAは、様々な地域で布や建築物に
用いられてきた模様や要素を取り入れて
布をデザインし、天然素材を使用して
かたちにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

COOVA HP より



‹ 前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15