日々のこと

ヒムカシ展 web store からもお求めいただけるようになりました

2020年4月30日

強撚糸特有のサラサラとした肌触りのカットソーです。天然の清涼感をより感じられるようにジャガード機で表面に細かな凹凸を作っています。この凹凸が着心地だけでなく強撚糸のもともとの特徴である品の良い光沢と作用して透けにくくしてくれます。また、強撚糸というと斜行や型崩れを防ぐため、撚糸回数を揃えバランスを整えて編み立てています。丈夫で、乾きも早いです。

DSC_3777.jpg1/2 long sleeve

DSC_3788.jpgboat neck wide

DSC_3804.jpgoff turtle long sleeve

ヒムカシ.jpgboat neck wide long sleeve

リネンを模した、軽量で撥水効果のある中空ポリエステル素材を使ったパンツです。軽くて薄いのに透け感がなく、汚れに強く、洗ってもすぐに乾きます。型崩れや洗濯による色あせにも強いです。
ウエストはゴム仕様で、サイドに調整できる紐が付いています。

DSC_3839.jpgeasy re:by strauss pants

easy judo salong pants.jpgeasy judo salong pants

軽くて縮まないデニムシリーズのパンツです。ウエストはゆったりとしていて、裾にかけて幅が狭くなっていくデザイン。同じシリーズのju-do salong pantsにくらべ、すっきりしたシルエットです。ウエストはゴム仕様で、サイドに調整できる紐が付いています。このデニムシリーズは、生地の段階で特殊な整理加工を施すことで糸のヨリを戻し洗い縮めきって扱いやすさとナチュラルな風合いを出し、スペシャルタッチ加工を施し滑らかさをプラスしています。

DSC_4030.jpgRe:by Strauss pants(スペシャルタッチ解撚インディゴデニム)

DSC_4039.jpgeasy ju-do salong pants(スペシャルタッチ解撚インディゴデニム)

DSC_4047.jpgeasy guruguru pleats skirt(スペシャルタッチ解撚インデニム)

himukashi展
2020 4.25 土- 5.24 日
※4/27(月)〜5/6(水祝)休業
11:00~18:00 ※短縮営業
まちのシューレ963 ギャラリー

隈本コマの木のおもちゃ ご紹介

2020年4月29日

こんにちは。ギャラリースタッフです。
5/7から開催予定の「隈本(くまもと)コマの木のおもちゃフェア」。

隈本コマは、福岡県八女市で創業120年を迎える老舗こま屋です。フェアには伝統的な「八女こま」をはじめ、人気のおもちゃをたくさん届けてくださいます。今日はその中から4点ご紹介いたします。

キナキナ.jpg

キナキナ 2,640円
こけしの原型とされ、東北地方に伝わる歯がため「キナキナ」のフォルムをもとに、赤ちゃんの小さな手でも掴みやすい歯がためを作りました。現代の技術を使った、断面形状が楕円の平たいカタチが特徴です。
無塗装のため赤ちゃんが口に入れても安全。自社の3Dターニングマシンで、福岡県八女産のヒノキ削り出したあと、ひとつひとつ丁寧に手作業で仕上げています。なめらかな手触りとヒノキの香りを感じてください。
18_000000000020.jpgカタチは親子をイメージした「toto」「kaka」「boku」の3種類ございます。モダンな仕上がりなので、そのままインテリアとして飾っても素敵です。

コロガルアニマルレールセット.jpgコロガルアニマルレールセット2.jpgコロガルアニマルレールセット 5,720円
ころころ転がるのが大好きな、まあるい動物と転がすレールのセットです。個性あふれる動物たちはどれも違った形、違った転がり方。転がすたびに動きが変わる生き物らしい不規則な転がり方が、見ている人をほっこり和ませてくれます。
九州で育った木から生まれた動物たちは、無塗装で仕上げられているので赤ちゃんが舐めても安心。尖った角がないのでケガの心配もありません。木のやさしさと動物の愛らしさを感じながら、どうぞかわいがってあげてください。

komaningyou.jpgkomaningyou1_3.jpgコマ人形 各 1,100円
コマは昔から「人生がうまく回りますように」「ますます円満になりますように」と、結婚や出産、引っ越しなどのお祝いの際に贈られてきた縁起物でもあります。こま人形シリーズは、そんなコマに縁起の良いキャラクターを描き、より多くの方に親しみやすいものとなるように仕上げたものです。手作業で描かれる顔は、1つ1つに違いがあり、どれも憎めない愛らしさがあります。120年続く老舗コマ屋の技で削り出されたコマは、美しくよく回ります。回転が終わった時に見せるこま人形の表情が、心なしか目が回っているように見えるのも、愛らしさを感じるポイントです。

ボーリング.jpg木のボーリング 16,500円
大人の方のコレクションにもおすすめな天然木の贅沢なボウリングセット。
九州産の木材を中心に使うことと安全な塗料にこだわりました。
おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんまで、みんなで一緒に楽しめて、どの世代にも親しまれている遊びボウリング。
ボーリング2.jpg幼児の頃は、物を倒したり崩したりする遊びを通して物の構成を学んだり、自分自身が怪我をしないよう身を守ることを学びます。脳を刺激しさせたり、知能を向上させたりする知育おもちゃのひとつでもあります。

お子様向けのアイテムがたくさんございますので、ご出産のお祝いや、お孫さんへの贈り物におすすめです。

隈本コマの木のおもちゃフェア
2020年5月1日(金) - 5月17日(日)
2020年5月7日(木)〜5/31(日)に変更となりました。
11:00~19:30
まちのシューレ963 手仕事ブース

さつまもの展はじまりました

2020年4月17日

本日、4月17日(金)より小ギャラリーにて、「さつまもの」展がはじまりました。
「さつまもの」とは、ランドスケーププロダクツの代表・中原慎一郎さんが、故郷の鹿児島で出会った魅力的なプロダクトや食のアイテムなどを紹介するイベントです。薩摩の"よかもん"として日本各地やアメリカ西海岸でも展開しています。

出展者
すべての期間 4.17-6.21
OWL (雑貨)
創作竹芸とみなが (竹工芸)
すすむ屋茶店 (お茶)
サクラカネヨ (醤油)
鮫島工芸社 (郷土玩具)

1期 4.17-5.7
盛永 省治 (木工)
STACK CONTAINERS (紙箱)
AkihiroWoodworks (木工)
MULTIVERSE (洋服)
01.jpg08.jpg05.jpg03.jpg04.jpg06.jpg02.jpg09.jpg10.jpg11.jpg


八田 亨 陶展 Toru Hatta ceramic exhibition はじまります

2020年4月 3日

「最近やっと納得のいくものが焼きあがるようになった」
自作の薪窯の前で、陶芸家・八田亨さんがそう呟いたのが心に残りました。

まちのシューレ963ギャラリーでは、4月4日から4月19日まで「八田亨 陶展」を開催します。八田さんのつくる器は、どっしりとした土味の、力強いものばかり。シンプルでいて、どんな料理も受けとめる、懐の深いうつわです。

DSC_3406.jpgDSC_3408.jpg白い化粧泥をかけた「白掛け」や黒泥をかけた「黒掛け」、線を彫った部分に白土を埋め込んで模様を出した「三島手(みしまで)」など、代表作はどれも和のテイストながら、洋風の食卓にも映えるモダンさがあります。そして窯の中での場所によって一つ一つの表情が異なり、どれ一つとして同じ作品はありません。

DSC_3401.jpgDSC_3412.jpgDSC_3402.jpg手に持つとしっくりとくる重さ・軽さがあり、何度も使って洗ってを繰り返し、土を「育て」たくなるうつわです。料理好きな八田さんならでは、何よりも使うことをイメージしながら作り上げているのだなと思います。

IMG_1799.jpgIMG_1804.jpg個展の数ヶ月前、私たちは大阪府堺市の住宅街にある八田さんの薪窯を訪れました。訪れたときは、ちょうど窯焚きが終わった次の日。まだ熱々の窯は近寄ると火傷しそうなほどで、焼け焦げたレンガの間から熱気が上がっていました。穴窯を作って15年、何度窯焚きしても、火は思った通りにコントロールするのが難しいのだそう。
IMG_1815.jpgIMG_1820 2.jpg丹念に土をこね、ろくろを回し成形したうつわを、最後は自然の力に任せ、薪窯で焼く。試行錯誤をしながら、真摯に土と火に向き合い続けてきた故の、先のセリフがあるのだと感じました。

今回は特別に、店内カフェのランチを八田さんのうつわを使ってお出ししています。(4/15まで)実際にうつわの使い心地を確かめた上で、作品をお求めただくことができます。
こんな時だからこそ、頼りがいのあるうつわでしっかりご飯を食べて、元気を出したいですよね。ぜひ足をお運びください。

DSC_3396.jpg
八田亨 プロフィール
1977 石川県金沢市出身
2000 大阪産業大学工学部環境デザイン学科卒業
          舞洲陶芸館研修生(~2001)
          日本クラフト展 入選
2002 朝日現代クラフト展 入選
           朝日陶芸展 入選
2003 大阪府堺市で独立
2004 穴窯築窯
2005 朝日現代クラフト展 入選
2008 クラフトフェア「灯しびとの集い」を
   有志数名にて立ち上げる
2009 初個展(wad・大阪)
2015 村木雄児氏と三島二人展(うつわ祥見・鎌倉)
2018 台湾にて初個展(小器藝廊 xiaoqi +g)
         灯しびとの集い実行委員会会長に就任
2019 CIBONE (東京・青山)にて、個展「ダイナミズム」開催

八田 亨  陶展 Toru Hatta ceramic exhibition
2020 4/4 (土) 〜 4/19 (日)
まちのシューレ963 ギャラリー
共催:うつわ祥見

4月前半のランチで使用する八田亨さんの器が届きました

2020年3月28日

こんにちは。ギャラリースタッフです。
4月4日から開催の「八田 亨 陶展 Toru Hatta ceramic exhibition 」に合わせて、4月前半のシューレランチは八田さんの器をつかってお出しいたします。
本日、八田さんからその器が届きました。hattatoru_ランチ1.jpg湯のみ(小鉢)、茶碗、平皿を7種類も製作してくださいました。こちらに旬の食材をたっぷり使用したランチを盛り付け、ランダムにお客様へお配りいたします。器の景色や使い心地を実際にお楽しみいただきたいと思います。八田さんのうつわをお楽しみいただけるのは、4/1〜4/15 の期間限定です。

hattatoru_ランチ2.jpghattatoru_ランチ3.jpghattatoru_ランチ4.jpghattatoru_ランチ5.jpg香川では初めてとなる八田亨の個展です。ぜひお越しください。

八田 亨  陶展  Toru Hatta ceramic exhibition
2020 4/4 (土) 〜 4/19 (日)
まちのシューレ963 ギャラリー
共催:うつわ祥見

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11