日々のこと

大谷桃子さんの平鍋食堂 を開催しました

2019年12月22日

大谷桃子さんの平鍋食堂10.jpg大谷桃子さんの平鍋食堂2.jpg大谷桃子さんの平鍋食堂3.jpg大谷桃子さんの平鍋食堂4.jpg大谷桃子さんの平鍋食堂9.jpg12月21日(土)17:00より、ギャラリーで開催中の大谷哲也展にあわせ、奥様であり陶芸家の大谷桃子さんによる「平鍋食堂」が開店しました。
この日のために、前々日から信楽で仕込みをしていただいた10品がならびました。もちろん、どれもが哲也さんの平鍋を使ってつくられたものばかり!焼いたり煮たり、オーブンに入れたりと、様々な使い方のできる鍋だからこそのバラエティに富んだお食事ができあがりました。

大谷桃子さんの平鍋食堂6.jpgデザートも2種ご用意いただき、桃子さんがお客さまとお話ししながら、直接サーブしてくださいました。作り方はもちろん、平鍋の使い方などいろいろと質問しながら、楽しい食事の時間がすすんでいきます。
ローストポークやグラタンに添えたパンは、なんと哲也さんが酵母からおこした自家製のパン!余計なものを入れず、噛めば噛むほど滋味深く、毎日食べてもあきない味は感動的。何でも「凝り性」の哲也さんならではの完成度の高いパンでした。大谷桃子さんの平鍋食堂7.jpg

大谷桃子さんの平鍋食堂8.jpgそして、そんなこだわりの食事にあわせて、山田雪絵さんがナチュラルワインとジュースをセレクトしてくださいました。どれもが香り高く、お食事にも合うものばかり。山田さんが生産者に直接会って納得したものを仕入れているからこそのクオリティーです。

大谷桃子さんの平鍋食堂5.jpg大谷桃子さんの平鍋食堂1.jpgいいワインはラベルも素敵ですね。
左のりんごジュースは、山田さんが本当に美味しい!とセレクトしてくださった希少なもの。りんごだけとは思えないほど、うっとりとするような香りが本当に良く、大人のジュースでした。

大谷桃子さんの平鍋食堂9.jpg哲也さん、桃子さん、雪絵さん、本当にすばらしい一夜をありがとうございました。
ご参加いただいたみなさまも、ありがとうございました。

大谷哲也展は2020年1月5日までの開催です。
食堂でも大活躍だった平鍋をぜひ、見にいらしてください。

大谷哲也 展 Tetsuya Otani exhibition 開催中です

2019年12月22日

12月21日より、「大谷哲也 展 Tetsuya Otani exhibition」がはじまりました。

大谷哲也展_schule20191.jpg大谷哲也展_schule20192.jpg大谷哲也展_schule20193.jpg大谷哲也展_schule20194.jpg大谷哲也展_schule20195.jpg初日よりたくさんのお客さまにご来店いただいております。
お客さまの多い季節にぴったりの人気の平鍋をはじめ、お正月のしつらえにふさわしい花器などもありますので、ぜひご来店ください。
2020年1月5日(日)までの開催です。

津田清和 硝子展 Kiyokazu Tsuda exhibition はじまりました

2019年12月 9日

tsudakiyokazu2019_schule13.jpgtsudakiyokazu2019_schule11.jpgtsudakiyokazu2019_schule7.jpgtsudakiyokazu2019_schule10.jpgtsudakiyokazu2019_schule23.jpgガラス作家・津田清和さんの展示がはじまりました。
グラスや鉢、人気のドーム、花器、瓶など280点ほどが並んでいます。

tsudakiyokazu2019_schule6.jpg

tsudakiyokazu2019_schule1.jpgtsudakiyokazu2019_schule14.jpgDSC_1921.jpgtsudakiyokazu2019_schule2.jpgtsudakiyokazu2019_schule3.jpgtsudakiyokazu2019_15.jpgtsudakiyokazu2019_schule20.jpg

tsudakiyokazu2019_schule21.jpgtsudakiyokazu2019_schule22.jpgtsudakiyokazu2019_schule18.jpgtsudakiyokazu2019_schule24.jpgtsudakiyokazu2019_schule25.jpg津田さんのガラスは、まるで長い時を経たような古色をおびています。
やや黄身がかった透明で、優美なフォルムを持つ器たち。
金属との融合によってできた、深い青をたたえた花器やガラス盤。
遠い昔の人々が、ガラスというものに出会った感動そのままに、
現代の私たちにもグッとくる、ガラスの美しさ、静かな佇まいを見せてくれます。

tsudakiyokazu2019_schule12.jpgtsudakiyokazu2019_schule4.jpgtsudakiyokazu2019_schule8.jpgtsudakiyokazu2019_schule9.jpgtsudakiyokazu2019_schule5.jpgtsudakiyokazu2019_schule16.jpgtsudakiyokazu2019_schule19.jpg

tsudakiyokazu2019_schule17.jpg4年ぶりとなる今回の展示にあたり、津田さんは
「少し硬派な、マニッシュな雰囲気を」念頭に、作品作りをされたそうです。
そのせいか、初日から男女問わず、ファンの方がたくさんお運びいただきました。
まだまだ素敵な作品がございますので、ぜひ会場にお運びいただければと思います。

初日に開催した、津田さんのガラスを使ったスイーツを体感する
「硝子喫茶室」は12/14(土)の13時から再びオープンします。

tsudakiyokazu2019_schule15.jpg硝子喫茶室2.jpg硝子喫茶室1.jpgこの日しか食べられない、larmeの松岡シェフ渾身のスイーツとガラスのコラボレーションを
ぜひ体感しにいらしてください。

「硝子喫茶室」
日時 : 12月7日(土)13:00~/12月14日(土)13:00~ ※なくなり次第終了
場所 : ギャラリー内にて
菓子制作 : 松岡順二(larme)

※取り置きのご予約も承っております。
※ギャラリー内のみの飲食ですので、お持ち帰りはできません。
ご予約方法:お電話または店頭での受付となります
まちのシューレ963
香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
TEL 087-800-7888
営業時間 11:00〜19:30

日本のおもちゃ展 12/4までです

2019年12月 2日

nihonnoomochaten19_8.jpg11/22より店内ギャラリーで開催中の「日本のおもちゃ展」は間も無く12/4で終了となります。

常設でも郷土玩具を紹介しておりますが、本展では全国各地の作り手より普段紹介しきれないたくさんの種類の郷土玩具を届けていただきました!また今回は古道具店にご協力いただき、今は作られていない郷土玩具や懐かしい味のあるおもちゃをお持ちいただき展示販売しています。
とてもにぎやかで、大変見ごたえのある展示になっています。ご協力いただきましたみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。ぜひこの機会にご覧いただけると嬉しいです。

nihonnoomochaten19_18.jpgnihonnoomochaten19_14.jpg______________________________

日本各地には信仰や風土、そこで暮らす人々の生活をもとに、
多種多様な素材や色でつくられてきた郷土玩具があります。

子供の健やかな成長や、長寿、安産など、
人々の願いがこもったフォークロア。

東北から九州までさまざまな地域の愛らしい郷土玩具をご覧ください。
______________________________

季節の野菜・果物のご案内です

2019年11月24日

秋がだんだんと深まり、あっというまに冬の気配が感じられます。
シューレの食品売場でも、季節の商品が入荷しておりますので、いくつかご紹介いたします。

〇HOMEMAKERSの新生姜

HOMEMAKERS 新生姜.jpg

小豆島の肥土山(ひとやま)で農薬・化学肥料を使わずに野菜や果物を栽培されているHOMEMAKERS(ホームメーカーズ)さん。シトラスジンジャーシロップやだいだいポン酢など、シューレでも人気の商品と共に、今年は生姜が豊作!ということで、今だけの新鮮な新生姜を届けてくださいました。ずっしりと重みがありみずみずしい生姜。この機会にぜひお試しください。
また、12月にはシューレ店頭にて試飲イベントを計画しております。日程などの詳細はまたお知らせいたしますので、どうぞお楽しみに!

〇釈迦のりんご園のりんご

釈迦のりんご サンふじ.jpgサンふじ店頭.jpg

青森で化学肥料と除草剤は一切使用せず、有機肥料、完熟堆肥を使用したこだわりの土で育てられたりんご。シューレでは10月頃からトキ→シナノスイート→サンふじと品種を変えながら販売しております。

現在販売中のサンふじは、青森りんご品評会でも何度も賞を受賞している、釈迦のりんごの中で最も人気がある品種です。見た目・形が美しく、蜜がしっかりと入った、甘みと酸味のバランスが抜群のサンふじを是非ご賞味ください。

〇オリーブの新漬け
今年もオリーブの新漬けが届いております。
化学調味料や防腐剤などを使わず、自然のうまみだけを閉じ込めた新漬けです。
(下記写真、左からの順でご紹介しております)

ECA76B35-2EE7-4854-9733-2096A919CA1B.jpeg

・イズライフ
小豆島の自家農園で育てたオリーブの実を丁寧に手摘み収穫し、塩漬けにしたオリーブの新漬け。あっさりとした塩の風味とオリーブの味わいは絶品です。さわやかなオリーブのイラストもあわせてお楽しみくださいませ。

・井上誠耕園
伝統の手摘みと手選別で丁寧により分け、作られたオリーブの新漬けです。しっかりとした果肉が特徴のミッション種を使用した、食感も楽しめる味わいになっています。

・アグリオリーブ
新鮮なオリーブの果実を、一番おいしい状態で味わってほしい、とつくられた小豆島産新漬けオリーブ。フレッシュな香りと、まろやかなオイルの風味がじゅわっと口の中に広がります。

・創樹
県内の自家農園で栽培したオリーブを使用した「塩蔵」。オリーブのみずみずしさ、食感、今年の味をお楽しみください。塩分控えめなのでそのままお召し上がりいただけます。


確かな旬の素材とその加工品たち、どの商品もぜひ食べてもらいたいおすすめの食品です。ぜひ店頭でご覧くださいませ。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11