日々のこと

早川ユミ ちくちくツアーがはじまりました

2021年9月 4日

IMG_1373_r.jpg「早川ユミちくちくツアー  ごはんをつくるように、服をつくろう。」がはじまりました。
最新刊『早川ユミのちくちく服つくり』(アノニマスタジオ)にも掲載された、ユミさん定番のもんぺや農民服、カシュクールワンピース、スカート、チベタンワンピース。そして暮らしに欠かせない鍋つかみやぞうきん、エプロンなどたくさん並んでいます。IMG_1393_r.jpgIMG_1405_r.jpgIMG_1402_r.jpgIMG_1395_r.jpgIMG_1391_r.jpg

IMG_1385_r.jpgユミさんが旅の中で出会った、中国や東南アジアの少数民族がつくる美しい布でできたジャケットや、更紗などをつかったワンピース。
ミレーの絵画の中に出てきたようなフランス風のエプロン。
NYで出会った、アーミッシュの人たちをイメージしたワンピースなど。
さまざまな旅や出会いの中で、ユミさんが感動したこと、印象に残ったことを形にしたお洋服がたくさんあります。

IMG_1382_r.jpgユミさんの生活に欠かせない、冷えとり用の薄手のパンツや、毛糸のレギンス、絹のレッグウォーマーも並んでいます。
ユミ流健康法を記した『からだのーと』もご一緒にどうぞ。

IMG_1383_r.jpgユミさんのお洋服にかかせない、まきがまボタン。つれあいの陶芸家・小野哲平さんの薪窯で焼いた手作りのボタンです。お洋服につけて雰囲気を変えたり、バッグなどにつけてワンポイントにしていただいても。
おなじく薪窯で焼いた陶製の「ちいさな神さま」は、専用のポシェットがついていて、お守りがわりに。
小野哲平さんの湯のみに、ユミさんが専用の巾着をつくった「旅する茶わん」は、旅のできない今は、サスティナブルなプレゼントにも素敵です。
どれもひとつひとつ表情が異なるので、実物をみて、お選びください。IMG_1414_r.jpg

IMG_1411_r.jpg「早川ユミちくちくツアー  ごはんをつくるように、服をつくろう。」は9月15日までの開催です。

「ツムギ5日間の秋の受注会2021」が始まりました

2021年8月25日

IMG_1337_r.jpg香川の伝統的な織物「保多織」をつかい、生地の心地よさを生かしながら暮らしになじむ洋服をつくるブランド、「ツムギ」。
2021年秋のお洋服の受注会が始まりました。 

今回のテーマは「高松の喫茶店」。
長く愛されるお店が刻んできた歴史、
店主とのたわいの無い会話、
馴染みの店でゆっくりと過ごす時間。
そんな喫茶店の風景を、表現しています。
IMG_1351_r.jpgIMG_1345_r.jpgIMG_1343_r.jpgIMG_1355_r.jpgIMG_1338_r.jpg赤や茶色など秋らしいカラーで、ワンピースやシャツなどの新作が並んでいます。 
保多織の生地をテーマに合わせコーヒーで染色したものや、
起毛させて温かみのある風合いにしたものもご用意しました。

IMG_1358_r.jpgIMG_1368_r.jpgIMG_1346_r.jpg29日(日)までの開催です。
お楽しみください。

古道具の会がはじまりました

2021年8月 8日

8月7日(土)より、毎年恒例となりました古道具の会がはじまりました。

IMG_1277_r.jpgIMG_1284_r.jpgIMG_1286_r.jpgIMG_1288_r.jpgIMG_1289_r.jpgIMG_1291_r.jpgIMG_1299_r.jpgIMG_1295_r.jpgIMG_1297_r.jpgIMG_1301_r.jpg今年も古道具がたくさん並んでおります。オブジェとしてかざっても良い道具類や、収納棚やディスプレイにも使える水屋などの大きな家具類も届いております。1点ものばかりですのでぜひ気になるものがございましたら、お早めにご覧くださいませ。

古道具の会
2021.8.7(土) - 8.22(日)
定休日 8.16(月)
11:00-18:30


出展
ironmonger/香川
Womb brocante/岡山
maruse/岡山

森康一朗 森知恵子 二人展がはじまりました

2021年7月22日

森 康一朗 森 知恵子 二人展が大ギャラリーにてはじまりました。
当店での個展は初開催となります。
普段は見られない、大物の花器や鉢がたくさん届き、
見応えのある展示となっております。
IMG_1183_r.jpgIMG_1186_r.jpgIMG_1188_r.jpgIMG_1190_r.jpg森康一朗さんの作品は、ケーンワークというガラス技法を使っており、
色を付けたガラス棒(ケーン)を作り、そのガラス棒を何本も重ねて再度吹くことによって、写真のような美しい模様となります。
色の出方も焼き具合や、配合によって異なるため、同じ色を出すために記録をつけ都度再現しています。
地道な作業と釜の暑さで気が遠くなるような行程を経て一つの作品が出来上がっています。

IMG_1191_r.jpgIMG_1194_r.jpgIMG_1211_r.jpgIMG_1212_r.jpgIMG_1220_r.jpgIMG_1223_r.jpgIMG_1226_r.jpg森知恵子さんは、透明なガラスを主に制作されており、そこにダイヤモンドを削る機械やルーターなどを使って模様を描いています。
薄いガラスに描くので割れてしまったり、線がゆがんでしまったりと失敗もあるそうで、大変な作業となります。
その中で出来上がった作品は、水を入れると氷がガラスに張ったように幻想的で涼しげな印象となります。

8月27日まで展示しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

IMG_1228_r.jpgIMG_1238_r.jpgIMG_1242_r.jpgIMG_1244_r.jpgIMG_1246_r.jpgIMG_1249_r.jpgIMG_1253_r.jpg森康一朗 森知恵子  二人展
2021年7月17日(土) - 7月27日(火) 
11:00-18:30

「リネンの服 come true フェア」「KOSTKAMM FAIR」同時開催中です

2021年7月 4日

リネンの服 「come true」とドイツの「KOSTKAMM」のフェアが始まりました。

 肌触りの良さを大切に、ベッドリネンをはじめ、ワンピースやスカート・パンツなどのお洋服、タオルやハンカチなど制作している「come true」。

上質なリネンの生地を使用しており、軽くて着心地が抜群です。お洋服は着た時のシルエットもきれいで、長く使えるシンプルなデザイン。お洗濯をくりかえしても丈夫で、より心地良い風合いになっていきます。

IMG_1130_r.jpgIMG_1150_r.jpgIMG_1159_r.jpgIMG_1165_r.jpgIMG_1153_r.jpgIMG_1135_r.jpgIMG_1136_r.jpgIMG_1141_r.jpg
IMG_1142_r.jpg
"KOSTKAMM"(コストカム)はシューレで初めてのフェアとなります。木材や水牛の角などの天然素材でつくられた、ヘアアクセサリーや櫛、ブラシが届きました。

IMG_1146_r.jpgIMG_1147_r.jpgIMG_1148_r.jpg

ヘアアクセサリーは、ドイツの自然からインスピレーションを得てデザインされており、シンプルで日常使いしやすいアイテムが揃っています

IMG_1132_r.jpgIMG_1134_r.jpg

11日までの開催です。お楽しみください。

※店頭販売のみとさせていただきます。ご了承ください。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11