日々のこと

竹と暮らすワークショップを開催しました

2021年10月29日

10月23日、24日と竹のワークショップを開催しました。
今回の展示にあわせて、それぞれの作家さんにワークショップを開催いただきました。

23日は、竹のブレスレットとスタードームのワークショップです。
竹のブレスレットは中山秀斗さんに教えていただきました。
長い竹ひご1本を順番に編んでいくことで、写真のようなブレスレットが完成します。
ご自分の手首にあわせて大きさを調整し、竹ひごを折らないように気をつけながら編んでいきます。
早い方だと20分くらいで一つ完成し、経験がない方でも作りやすいブレスレットとなっております。

_DAE7496.jpgIMG_1898_r.jpg

IMG_1917_r.jpgIMG_1921_r.jpg

門田雅道さんに教えていただくのは、ギャラリーに展示いただいている竹のスタードームのミニチュア版です。
市販のライトなどを下に設置いただければ竹のライトスタンドにもなります。
作る工程は大きいスタードームと一緒で、竹ひごをそれぞれの位置に並べ凧紐で支点を固定していき、重なる部分で上下に通していきながら編みこみます。最後に脚部分をそれぞれ凧紐で固定すればできあがりです。

_DAE7512.jpgIMG_1925.JPGIMG_1928.JPGIMG_1929.JPG24日は、船橋圭さんに竹のオーナメントを教えていただきました。
ドイツのストロースターをモチーフに、竹ひごで作るクリスマスにぴったりのオーナメントとなっております。
紙の土台に短く切った竹ヒゴを重ねて置いていき、赤の家庭糸で固定していきます。
そのあと、いらなくなった端をニッパーなどで切断し形を整えていき、できあがります。
選んだ形でできあがる時間は変わってきますが、簡単なもので20〜30分くらいでできあがり、一番難しいもので1時間ほどで完成しました。

_DAE7515.jpg

IMG_1930.JPG

IMG_1936.JPGIMG_1953.JPGIMG_1962.JPG

竹と暮らす三人展は11月3日(水祝)まで引き続き、大ギャラリーにて開催しております。
この機会にぜひご覧ください。

竹と暮らす三人展
2021.10.23 土  - 11.3 水祝
11:00~18:30
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます。

竹と暮らす三人展が開催中です

2021年10月29日

10月23日より、大ギャラリーにて「竹と暮らす三人展」がはじまりました。
23日、24日にはワークショップも開催され、賑やかな1日となりました。

今回は、三人展ということで、愛媛からタケカンムリの門田雅道さん。
香川からは、ふたつぼしの中山秀斗さん、工房竹どきの船橋圭さんのお二人にご出展いただきました。
それぞれに編み方や形状、用途が違う竹工芸が並んでおりますので、ご自身の生活にあったかごや、ざるを見つけにいらしてください。

IMG_1897_r.jpgIMG_1880_r.jpg

IMG_1901_r.jpgIMG_1878_r.jpg

IMG_1882_r.jpgIMG_1888_r.jpg

今回は、門田さんに竹で作るスタードームを展示いただきました。
テントを建てるように、2mある竹ひごを順番に編み込んでいき、
ドームができあがったら専用の木枠に固定し、完成です。
網目が星の形になることからスタードームと名付けられました。
このドームに布や紙を貼って、中からライトを照らしても楽しめるようにもなっています。
今回のたかまつ工芸ウィークに合わせて、フォトスポットして中に入って写真撮影できるようになっておりますので、
ぜひご来店の際は、展示と合わせてご覧いただければと思います。

IMG_1867_r.jpgIMG_1870_r.jpg

IMG_1890_r.jpg

IMG_1894_r.jpgIMG_1911_r.jpgIMG_1912_r.jpgIMG_1913_r.jpg竹と暮らす三人展
2021.10.23 土  - 11.3 水祝
11:00~18:30
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます

evameva展を開催中です

2021年10月11日

ギャラリーでは「evam eva展」を開催しております。
3年ぶりの展示には、これからの季節におすすめのコートをはじめ、ニットやボトムスなど幅広いアイテムが並んでいます。

IMG_1747_r.jpgIMG_1751_r.jpgIMG_1754_r.jpgIMG_1763_r.jpgIMG_1768_r.jpgあたたかく軽いカシミヤやアンゴラ、ウールを使用したお洋服は、毎日着たくなる肌触りです。
「evam eva」らしい 優しい色合いも素敵です。

IMG_1758_r.jpgIMG_1773_r.jpgIMG_1777_r.jpgIMG_1780_r.jpgニットに合わせて着ていただけるコットンの薄手のカットソーや、ウールの靴下もご用意しています。

IMG_1782_r.jpg
17日(日)までの開催です。
ご来店お待ちしております。

イブルとアジア雑貨がはじまりました

2021年9月19日

IMG_1526_r.jpgイブルとアジア雑貨が大ギャラリーにてはじまりました。
韓国布団のイブルは定番の幾何学模様をはじめ、企画展限定のヘリンボーン模様、テンセル、コットンボーダーの柄も入っております。
またサイズは、ベビーサイズからダブルサイズまで届いておりますので、用途に合わせてサイズをお選びいただけます。
企画展限定で色もたくさんご用意しておりますので、この機会にぜひご覧ください。

IMG_1529_r.jpgIMG_1536_r.jpgIMG_1537_r.jpgIMG_1576_r.jpg韓国からは他にも、真鍮のスッカラやチョッカラ、ステンレスのボウルやカップ、焼酎グラスなど生活雑貨もたくさん届いております。
イブルを使ったスツールやスリッパもございますので、合わせてお部屋に置いても素敵です。

IMG_1545_r.jpg

IMG_1550_r.jpgIMG_1552_r.jpgIMG_1578_r.jpgIMG_1577_r.jpg

タイのチェンマイで女性たちが一つずつ編んで作られている、カラフルなネットバスケットバッグはお買い物の時にも小さく折りたたんでカバンの中に入れることができますし、お野菜、観葉植物を入れるなどインテリアとしてもさまざまな使い方で楽しんでいただけます。

IMG_1614_r.jpg

インドネシアのバリ島からは竹やラタンの日常使いしやすいカゴバッグが届いています。
丁寧につくられた木のスプーンやフォークは種類も豊富です。

IMG_1532_r.jpgIMG_1559_r.jpgIMG_1560_r.jpgIMG_1572_r.jpgイブルとアジア雑貨
2021.9.18(土) - 9.30(木)
定休日 9.21(火)
11:00~18:30
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます。

出展:g.カロスキル・Kit・+han・Rita・warang wayan indonesia

早川ユミ ちくちくツアーがはじまりました

2021年9月 4日

IMG_1373_r.jpg「早川ユミちくちくツアー  ごはんをつくるように、服をつくろう。」がはじまりました。
最新刊『早川ユミのちくちく服つくり』(アノニマスタジオ)にも掲載された、ユミさん定番のもんぺや農民服、カシュクールワンピース、スカート、チベタンワンピース。そして暮らしに欠かせない鍋つかみやぞうきん、エプロンなどたくさん並んでいます。IMG_1393_r.jpgIMG_1405_r.jpgIMG_1402_r.jpgIMG_1395_r.jpgIMG_1391_r.jpg

IMG_1385_r.jpgユミさんが旅の中で出会った、中国や東南アジアの少数民族がつくる美しい布でできたジャケットや、更紗などをつかったワンピース。
ミレーの絵画の中に出てきたようなフランス風のエプロン。
NYで出会った、アーミッシュの人たちをイメージしたワンピースなど。
さまざまな旅や出会いの中で、ユミさんが感動したこと、印象に残ったことを形にしたお洋服がたくさんあります。

IMG_1382_r.jpgユミさんの生活に欠かせない、冷えとり用の薄手のパンツや、毛糸のレギンス、絹のレッグウォーマーも並んでいます。
ユミ流健康法を記した『からだのーと』もご一緒にどうぞ。

IMG_1383_r.jpgユミさんのお洋服にかかせない、まきがまボタン。つれあいの陶芸家・小野哲平さんの薪窯で焼いた手作りのボタンです。お洋服につけて雰囲気を変えたり、バッグなどにつけてワンポイントにしていただいても。
おなじく薪窯で焼いた陶製の「ちいさな神さま」は、専用のポシェットがついていて、お守りがわりに。
小野哲平さんの湯のみに、ユミさんが専用の巾着をつくった「旅する茶わん」は、旅のできない今は、サスティナブルなプレゼントにも素敵です。
どれもひとつひとつ表情が異なるので、実物をみて、お選びください。IMG_1414_r.jpg

IMG_1411_r.jpg「早川ユミちくちくツアー  ごはんをつくるように、服をつくろう。」は9月15日までの開催です。

‹ 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13