新着情報

こどもカメラ 2014 春

2014年2月18日

kodomocamera_schule.jpg京都在住のカメラマン、STU:L 竹内靖博さんによる、
こどものためのカメラ教室、第2弾を開催いたします。

デジタルカメラではなく、あえて「写ルンです」を使い、
子供たちの感性で被写体を選び、自由に写真を撮るミニツアーです。

大人にとっては懐かしく思える「写ルンです」も、フィルムカメラを知らないこどもたちにとっては、とても新鮮なものに映るようです。
現像するまでどんな写真が撮れているのかわからない!
指が入っていたり、影になっていたり...そんな失敗ももちろんあります。
でもその中に見つけるとびきりの1枚は、本人にとっても、ご家族にとっても、一生の宝物になるはずです。

前回のこどもカメラに参加してくれたこどもたちのキラキラした笑顔がとても印象的でした。
今回も、どんな教室になるのかとても楽しみです。
たくさんのご参加を、お待ちしております。

◎これまでに各地で開催されたこどもカメラの様子を、下記サイトにてご覧いただけます。
http://www.stul.jp/kodomocamera/

日時:2014年3月30日(日) 11:00~15:00
場所:まちのシューレ963 テラス、丸亀町商店街
対象:小学生(4月からピカピカの一年生〜卒業する6年生まで)
定員:10名
費用:4,500円(カメラ・プリント・アルバム代含む)
ご予約・お問合せ先:まちのシューレ963  TEL 087-800-7888

<こどもカメラスケジュール>
11:00にまちのシューレ963のテラスに集合。
商店街を撮り歩きながら、ゴールのアキラカメラさん(高松市栗林町2丁目)を目指します。
アキラカメラさんに現像をお願いしている間、一旦解散して各自昼食。
再びシューレのテラスに集まり、発表会をします。(15:00終了予定)
※保護者の方も、ご同行いただけます。


しっぱい!なんかこわくないぞ
近頃の子どもたちは、
失敗を怖がっている気がする
失敗体験から何かを考え、掴み、
工夫することが始まる
消去できないカメラ「写ルンです」を手に持って恐れず撮ろう
そして自分だけのアルバムをつくろうぜ!

STU:L 竹内靖博

g31.jpg

g36.jpg

g39.jpg

※上の写真はすべて、竹内先生が「写ルンです」を使って撮影をされたものです。

竹内靖博さんプロフィール

profile.jpg1967年1月、京都生まれ。
32歳で人生初のフィルム一眼レフカメラを買う。
33歳で会社員からプロカメラマンになる決意を固める。その頃に戦友CANON/F-1と出逢う。
現在は、撮影の依頼をいただいたご家族のアルバムの製作や、ショップの撮影や印刷物のお手伝いをする一方、奈良・秋篠の森ウェディングの専属カメラマンとしても活躍中。

http://www.stul.jp/