新着情報

BONSAI Cafe×まちのシューレ963

2014年8月 1日

オープニングイベント
BONSAI-Cafe×まちのシューレrogo.jpg
8月8日(金)
18:00〜19:30
まちのシューレ963 ギャラリー
参加費:飲み物、軽食実費のみ
※予約不要


8/8(金)より開催のBONSAI展にあわせて、
高松丸亀町壱番街ドーム下をはじめ、東京の恵比寿などでも開催してきた「BONSAI Cafe」がシューレのギャラリー内にオープン。
盆栽をイメージしてBONSAI Cafeがセレクトした、香川の地酒をはじめ、ワインやカクテルをご用意します。またカフェ963から、限定のおつまみも登場。
盆栽の魅力について語りあうひとときをお楽しみください。
ご予約制ではありませんので、当日会場にお越しください。


企画展「あすの、暮らしとつくり手」

2014年7月30日

utsuwa_image.jpg
あすの、暮らしとつくり手 
参加作家:小嶋亜創(陶芸)、広川絵麻(陶芸)、田村文宏(陶芸)、富山孝一(木工)
2014.9.20 sat - 10.5 sun 11:00-19:30 (会期中無休)
at まちのシューレ963 ギャラリー


----------------------------------

ここにご紹介する4人の作り手は、皆それぞれに個性的で
丁寧な暮らしを紡いできました。
その丁寧な暮らしの反復の中で編み上げられた美しい束が、
まちのシューレにさしだされます。
この収穫をどのように味わうか、こんどは私たちがその暮らしのなかで、
より良く、より深く使い込むことが問われているようです。
作り手と使い手のいきいきした往還のなかで、新しい暮らし、新しい未来が始まります。

ディレクション 桃居 広瀬一郎

----------------------------------


asou_blog.jpg
小嶋亜創 
1978 長野県上田市で育つ
1994 山形県の自給自足を基盤とした高校で、寮生活を送る
1997 百姓を志し、全国の有機農業農家に居候としながら旅をする
1998 上田市(旧真田町)にある、知的ハンディを持つ方達がアート表現を行なっている「風の工房」で、陶芸スタッフとして働く
2000 土をこね、窯を焚く生活を求め、家を借り、独学で作陶、築窯開始
2004 更に広い土地を求め、現在地に移住。15基の築窯。築200年の廃屋を直し生活に必要なものは作り、畑、ニワトリ、ミツバチと半農半陶生活を営んでいる
2009 ジャンルの違う5人の作家と共に表現空間「8 Link studio」を立ち上げる
2010 自宅敷地内に ギャラリーを建築し、「胡坐市」を立ち上げる
生活とアートの共有と良い器を求めて日々修行中


hirokawa_blog.jpg広川絵麻
1979 高知県高知市生まれ
2001 沖縄県立芸術大学卒業
2003 多治見市陶磁器意匠研究所卒業
2005 FAUST個展(高知)
高知県香美市香北町に移り、小野哲平さんに学ぶ
2007 graffiti個展(高知)
2008 土庵個展(東京)
2010 香美市香北町で製作活動
2014 hagi個展(愛知)
グループ展、個展を中心に作品を発表


tamura_blog.jpg田村文宏
1978 愛知県岡崎市生まれ
2000 東南アジア・インドへ遊学
2004 瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005 ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2006 〃 2010 カンボジアにて窯業サポート
2012 〃 2013 現在、愛知県岡崎市で制作


tomiyama_blog.jpg
富山孝一
1968 神奈川県生まれ プログラマー、ダイビングインストラクター、大工、旅人などを経て、病気をキッカケに木工の道へ
2004 指物家具の基本を学ぶ
2006 家具職人として独立。まもなく、独学で木の器を作りはじめる
2007 クラフトフェアまつもと・工房からの風の出展を機に、本格的に木のうつわや道具の制作を中心に活動
以降、個展・企画展・クラフトフェアなどで作品を発表現在に至る。





<関連イベント>

■トークイベント
本展ディレクターの広瀬一郎さんと、出品作家によるトークイベントです。ものづくりの現場、そして作品を紹介する側からの、使い手へのメッセージ。
また、使い手の立場からの問 いかけが交わる場にしたいと思います。
さらに、元エンボカ京都シェフ・今井義浩さんによる、香川の食材をふんだんにつかった料理が並びます。

日時 9月23日(火祝)  17:30~19:00
場 所:まちのシューレ963 店内 カフェ963
参加費:3,500円(飲み物/軽食付)
定員:30名 (先着順/要予約)
申込:2014年9月1日(月)11:00より、お電話または店頭にてお申込みください

お問合せ先:まちのシューレ963: TEL 087-800-7888(営業時間:11:00〜19:30)
キャンセルについて:キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。

※以降のキャンセルは、 キャンセル料として参加費の50%(1,750円) を頂戴いたします。


■シューレの茶会「朔月茶会」
「あすの、暮らしとつくり手」展の開催を記念した茶会です。
新月をむかえた茶事、あたらしい道具との出会いがテーマです。
どんなお道具がとびだすか、お楽しみにお越しください。


日 付:9月26日(金)
席主:中條 晴之、原 大策
時   間: ①12:00〜 ②13:00〜 ③14:00〜 ④15:00〜
             ⑤16:00〜  ⑥17:30〜  ⑦18:30〜
定 員:各回10名まで
場所:まちのシューレ963 小ギャラリー
料  金:1,000円(お菓子付)
※茶会はご予約受付中です



大橋 歩 a.(エードット)秋冬コレクション

2014年7月30日


a.2014AW-blog.jpg
「大橋歩 a. 秋冬コレクション」
2014.8.30 sat - 9.3 wed
11:00〜19:00 (会期中無休)
場所:まちのシューレ963ギャラリー

大橋歩さんの在廊日は
8/30(土)14:00〜16:00を予定しております。

a. (エードット)秋冬コレクションの受注会を、まちのシューレ963ギャラリーにて行います。

ジャケット、ワンピースなどのほか、アウターは軽くはおる一重のものから、きちんと暖かいコートまで。
素材にこだわった肌ざわりの良い、色々なタイプのアイテムが並びます。

なお期間中は、東京・イオグラフィック ショップ&ギャラリーで販売されている 「IOGグッズ」 もあわせて販売いたします。
どうぞお楽しみにお越しくださいませ。

a.カフェ
期間中カフェ963にて、 期間限定のおやつをお出しいたします。

「NORDIC design 北欧の器と家具」関連メニュー

2014年7月25日

明日7/26(土)より、ギャラリーにて開催の「NORDIC design 北欧の器と家具」にあわせて、
カフェ963では期間限定で北欧にちなんだメニューをお出しします。


シナモンロール.jpgシナモンロール (ドリンクセット) 税込600円



タパスのおつまみセット.jpg北欧風タパス 税込 500円

カレリアパイ包み.jpg
カレリアパイ包み(北欧風リゾット)  税込 850円



シナモンロールは7/26(土)〜8/4(月)ランチ終了後14:00よりお出しいたします。

北欧風タパス、カレリアパイ包みは夜のシューレでのみお楽しみいただけます。
【会期中の夜のシューレ営業日:7/26(土)、27(日)、8/1(金)、2(土)、3(日)】

北欧の家庭料理をイメージした、一風変わったお料理です。
ぜひこの機会にお召し上がり下さい。

白樺ワークショップ

2014年7月17日

7/26(土)〜8/4(月)にギャラリーにて開催の「NORDIC design 北欧の器と家具」にあわせて、ワークショップをおこないます。
北欧で昔から受け継がれてきた白樺のカゴ。
今回は白樺カゴ作家のユーリさんに、手のひらにの る小さなカゴやペンダントをおしえていただきます。
白樺の森にまつわるお話を聞きながら、ひと編みひと編み、白樺の樹皮のやさしさ、強さを感じるワーク ショップです。
ぜひ、ご参加ください。


◯白樺のちいさなカゴ
白樺ちいさなカゴ.jpg日時:8/3(日)13:00〜17:00
場所:まちのシューレ963 店内にて
料金:7,500円(飲み物付)
定員:10名(先着順/要予約)


◯白樺のペンダント
白樺のペンダント.jpg日時:8/4(月)13:00〜15:30
場所:まちのシューレ963 店内にて
料金:3,500円(飲み物付)
定員:10名(先着順/要予約)

お問合せ先:まちのシューレ963: TEL 087-800-7888(営業時間:11:00〜19:30)
キャンセルについて:キャンセルされる場合は必ず2日前までにご連絡ください。

※以降のキャンセルは、 キャンセル料として参加費の50%
 (8/3開催分 3,750円 , 8/4開催分 1,750円) を頂戴いたします。


‹ 前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13