新着情報

早川ユミ ちくちくツアー2015 種まきびとの絵日記はるなつあきふゆ展

2015年10月 4日

hayakawayumi.jpeg
早川ユミ ちくちくツアー2015
種まきびとの絵日記はるなつあきふゆ展

2015年10月31日(土)〜11月8日(日)
11:00〜19:30 ※会期中無休
まちのシューレ963 ギャラリー

早川ユミさん在廊:10/31、11/1



ちいさな村の、

たいせつないちにち。

ぐるぐるとめぐる季節。


高知の山のてっぺん谷相(たにあい)で、夫である

陶芸家の小野哲平さんと暮らし、

旅のなかや、谷相の暮らしのなかで得たものを、

ちくちく針仕事で表現する早川ユミさん。

冬にむかう季節に、はたらき着としてつくられた

つぎはぎスカート、つむぎのもんぺなどがならびます。





早川ユミ ( はやかわ ゆみ )
1957年 生まれる。
1983年 アジアの国々を旅する。アジアの手紡ぎ、手織りの布たちに出会う。
1985年 愛知県常滑のちいさな山のなかで、ちいさな畑を耕しながら、哲平と暮らしはじめる。子育ての日々。
1988年 タイのナコンパトムに暮らし、ちくちく仕事。バンコク・シラバコーン美術大学とチェンマイ・タップルートで展覧会。
1989年 インドとネパールへ子連れ旅。
1994年 タイのダンクェン村でものづくり。
1998年 高知の山のてっぺんに移住。棚田にちいさな果樹園とちいさな畑をつくる。谷相の種まきびとに出会う。

アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布でちくちく手縫いして、衣服をつくり、あちらこちらで展覧会をひらいている。夫である陶芸家の小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、種まき、木を植える。アジアの布を探して、家族で旅する。ときどき、義父である小野セツローさんとのふたり展をひらく。
早川ユミさんHPhttp://une-une.com/



ワークショップ
「絵を描くように」
早川ユミさんのちくちくツアーで
いつも大人気の「ちくちくワークショップ」を今回も開催いたします!

麻、ダブルガーゼの布で「絵日記シャツ」または「絵日記ぶくろ」を
ちくちく縫ってから、布絵具で、絵を描きます。
高知「歩屋」のお弁当つきです。
みんなで楽しくおしゃべりしながら、つくりましょう。
ご予約受付中です。

日 時:10月31日( 土)  11:00 〜13:00 

場 所:まちのシューレ963 ギャラリー内

参加費:5,000円(お食事付)

持ち物:糸切りばさみ

定 員:20名( 先着順・要予約)

※キャンセルされる場合は2日前までのご連絡をおねがいします。それ以降のキャンセルは¥4,000をいただきます。