新着情報

三春張子 つるし雛

2019年2月24日

turushibina1.JPGこちらは、福島県の三春張子の作り手である橋本広司民芸さんが
新たに作りはじめた「つるし雛」です。

子供の健やかな成長を願ったもので、かわいい縁起物の張子がたくさんついており、ゆらゆらと宙を漂います。


鯛 おめでたい象徴
turushibina2.JPG這い子人形 這えば立て、立てば歩めの親心
turushibina3.JPGうさぎ 目が赤く、霊力があるといわれている。
turushibina4.JPGぞうり 足が丈夫になるようにturushibina5.JPGふくろう 福と不苦労を願って
turushibina6.JPG
みかん 熟した実は子だくさんの象徴
turushibina7.JPGひよこ ひよこのようにかわいらしいこどもに
turushibina8.JPGこま犬 子どもを病から守る
turushibina10.JPG
この他にも、桜、ひょうたん、れんこん、まめ、宝袋、にんじんなど全部で30種類の張子がございます。橋本広司民芸ならではの、おおらかで可愛らしい張子のひとつひとつに心を和まされます。

シューレでは、「すこやかな成長」を願った縁起物がついた「輪飾り」と「1本飾り」をご用意しました。お雛飾りとしてだけでなく、ご出産のお祝い、お子さま、お孫さまへの誕生日プレゼントにもおすすめです。
ぜひ店頭でご覧ください。