新着情報

ツムギ×まちのシューレ963 新作のお洋服ができました

2019年10月30日

香川の伝統的な織物「保多織(ぼたおり)」をつかい、生地の心地よさを生かしながら 暮らしになじむ洋服をつくるブランド、「ツムギ」。
そのツムギとまちのシューレ963のコラボシリーズの新作ができました。
今回は初期に提案させていただいた、定番シャツとツムギでも人気のサーカスパンツとタックパンツを少し大きめサイズに仕立て、落ち着いたカラーで揃えました。

tumugi×まちのシューレ2019aw7.JPGtumugi×まちのシューレ2019aw6.JPG今期のおすすめは白とモスグリーンを織り合わせたミントグリーンのようなお色のパンツです。(右から2番目)

tumugi×まちのシューレ2019aw5.JPGワイドパンツ 23,100円+tax
サイズフリー(女性M〜Lサイズくらいです)
ワイドパンツは前のウエスト部分にタックが入っていないので、着た時にすっきりと綺麗に見えます。裾にかけてややワイドに広がっております。保多織の生地の中で一番厚みのある生地を使っていますので、ハリがありシルエットがしっかりと出ています。背の高い方や、きれいめのスタイルがお好きな方におすすめです。
(色展開:黒、グレー、モスグリーン)

99B151EF-D85F-430A-B300-98C94CDD74B4.JPGタックパンツ 23,100円+tax
サイズフリー(女性M〜Lサイズくらいです)
タックパンツはお尻周りがゆったりとして、裾がしぼんだ丸いシルエットのパンツです。腰から膝下にかけてタックが入っています。マニッシュな印象で、動きやすいです。こちらも保多織の生地の中で一番厚みのある生地を使っています。ボリュームがありますが、ワイドパンツよりは丈が短めですので、小柄な方が着ていただいても素敵なパンツです。
(色展開:黒、グレー、モスグリーン)


tumugi×まちのシューレ2019aw4.JPGワイドシャツ ¥16,000+tax
サイズフリー(女性M〜Lサイズくらいです)
幅広で肩が落ちた形です。動きやすく、誰でも気軽に着れるシャツです。前をあけて羽織りとしてもお使いいただけます。保多織の中でも柔らかい薄地の生地を使っており軽いです。春夏はもちろん、秋冬も中に薄手のニットと合わせていただければ一年中活躍する一枚です。
(色展開:白、グレー)

tumugi×まちのシューレ2019aw2.JPGtumugi×まちのシューレ2019aw3.JPGコート 27,500円+tax
サイズフリー(女性M〜Lサイズくらいです)
襟付きの日常でさっと着られるロング丈のコートを作っていただきました。首元にもボタンがあり、上での方でボタンを止めることもできます。保多織の中厚(ちゅうあつ)生地をつかっており、秋、春にちょうど良い厚みのコートです。中に着込んでいただければ冬が近づく中でもまだまだ活躍してくれると思います。
(色展開:黒、グレー)

tumugi×まちのシューレ2019aw1.JPGワンピース 24,000円+tax
サイズフリー(女性M〜Lサイズくらいです)
今回はじめて作った保多織のワンピースです。ウエストで切り替えがあるプリーツの入ったワンピースをつくっていただきました。生地は上のコートと同じ中厚生地です。Vネックは広すぎず上品な印象です。身幅を広め仕立てていますので、中に薄手のニットやパンツなど着ていただけます。生地をたっぷり使った贅沢なワンピースです。
色展開:黒のみ


どれも素敵に仕上がりましたので、ぜひお試しください。

保多織(ぼたおり)とは...
江戸時代に香川で生まれた織物で、「多年を保つ」丈夫な織物として「保多織」と名付けられました。かつては絹糸を使用していましたが、明治維新後に綿中心に変わり用途も増え、県民に親しまれる織物となりました。現在では、岩部保多織本舗さんだけで織られている貴重な織物です。ワッフル状の凹凸が特徴で、通気性と保湿性を兼ね備えているため、冬は暖かく、夏は涼しく、一年中活躍します。