新着情報

歌こころカレンダー 自然 2020

2019年11月 7日

歌こころカレンダー2020_2.jpg昨年から販売をはじめさせていただいた、白井商店さんの「歌こころカレンダー」が今年も届いております。

昔、一年を七十二の季節に分けた、七十二候(しちじゅうにこう)という暦がありました。七十二候の季節の名前は、「鴬鳴く」「桃始めて笑う」「温風至る」など折々の自然の兆しをそのまま採り入れています。

「歌こころカレンダー 自然 二〇二〇」は、ひとつの季節が五日前後で移ろいゆく七十二候を、日めくりならぬ候めくりにして日々の暮らしの中で、自然の呼吸に思い馳せるきっかけになれば、という願いを込めて制作しております。

立春からはじまる二十四節気ごとに、白い紙ながら風合いの異なる24種のファンシーペーパーを用いており候の短冊をめくりながら、しぜんと、季節の変化を手ざわりでも感じていただけます。歌こころカレンダー2020_3.jpg短冊には、二十四節気・七十二候の季節の名前、日付・曜日、新月/満月のしるし、そして詩人 白井明大さんの季節の言葉が添えられています。歌こころカレンダー2020_4.jpg歌こころカレンダー2020_6.jpg歌こころカレンダー2020_7.jpg綴じ糸には草木染めの糸が用いられています。

歌こころカレンダー2020_5.jpg歌こころカレンダー2020_1.jpg2020年2月4日の〈立春〉から始まるカレンダーです。(翌年2021年2月3日まで使えます)
数に限りがございますので、ぜひお早めにどうぞ。