新着情報

若菜晃子トークイベント「山と旅と本と」

2020年2月 4日

旅の断片.jpg若菜晃子 トークイベント
2020年3月17日(火)
まちのシューレ963 店内カフェにて

「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子『mürren』。その編集・発行人である若菜晃子さんの随筆集『旅の断片』の刊行を記念してトークイベントを開催いたします。海外の国々を旅することで得た思索や忘れがたい体験を綴った本書の内容はもちろん、シューレでも長らくお取り扱いさせていただいているmürrenのことまで、直接お話しをうかがえる貴重な機会です。みなさまのご予約をお待ちしております。

日 時:3月17日(火)18:00〜19:30(17:30会場)
会 場:まちのシューレ963 カフェにて
定 員:40名(お電話で先着順の受付となります。)
参加費:1,500円(税込) お飲み物付き
お問い合せ・お申込先:まちのシューレ963
 TEL 087-800-7888(11:00〜19:30)

 

IMG_1323WAKANA.jpg若菜晃子(わかなあきこ)
編集者。山と溪谷社にて『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、 旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『徒歩旅行』(暮 しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(ともに新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑 誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。小冊子『murren』編集・発行人