新着情報

皆川 明「生きる はたらく つくる」

2020年6月26日

生きる働くつくる.JPG

6/27に つるとはな から発売される、皆川明 の新書「生きる はたらく つくる」をシューレでも販売をいたします。
心に響く書籍です。ぜひご一読くださいませ。

以下「つるとはな」より引用

内容ご紹介
魚市場でアルバイトをしながら、たったひとりで始めたブランド「ミナ ペルホネン」。

創業25周年を迎えて初めて明かす、これまでの人生と、はたらくことの哲学。




手描きの図案によるオリジナルのテキスタイル、流行に左右されない息の長いデザイン、生地をつくり、服を縫製する工場との二人三脚のものづくりの姿勢など、独自の哲学と方法により、比類のない服づくりをつづけているブランドは、いかにしてつくられていったのか。



幼い頃に両親が離婚。小学校時代はスポーツに夢中になり、中学高校時代は陸上選手を目指したものの、大きな怪我を負い、断念。目標を失い、ヨーロッパを旅行するなかで、偶然、ファッションの世界に出会う。やがて、人の仕事を手伝いながら、はたらくこと、つくることの価値を発見してゆく。



しかし、自分のブランドをスタートした当初は、とてもそれだけでは食べてはいけなかった。白金台に初めての直営店をスタートさせたとき、預金通帳の残高は五万円、しかも金融公庫からの借金は五百万円、という「崖っぷち」の状態だった。それでもなお、前を向くことを諦めなかったのはなぜか。



生きづらさ、未来への不安を覚える世代に、また、経済的にままならない状況におかれている多くの方々にも、ヒントとなることばが、考え方が、見つかるはずの一冊。