新着情報

ツムギ5日間の春の受注会2021

2021年1月30日

_DAE5755.jpg
ツムギ5日間の春の受注会2021
2021年3月6日(土) - 3月10日(水)
営業時間 月~木 11:00〜18:30 金~日祝 11:00〜19:00
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます。
まちのシューレ963  ギャラリー


香川の伝統的な織物「保多織」をつかい、生地の心地よさを生かしながら暮らしになじむ洋服をつくるブランド「ツムギ」。
2021年春のお洋服の受注会を行います。

今回の展示には、まんばや金時人参などの讃岐野菜で草木染めをしたものや、洗い加工によってふっくら軽い着心地に仕上げた保多織の生地をつかったお洋服が並びます。

また讃岐岩(サヌカイト)の澄んだ青と鉱物のイメージから錫のボタンも製作しました。春に着ていただける羽織やプルオーバー、スカートなどをご用意しております。 

ぜひ、お越しくださいませ。


染色加工・(株)浦上染料店
錫・阿部合金
注染・(株)ナカニ
図案デザイン・reiko matsuno
織り・岩部保多織本舗

ツムギ 平川めぐみ
香川県生まれ。服飾専門学校卒業後、大阪・東京でアパレルデザイナーを務め帰郷。香川の伝統織物「保多織」を使ったブランド「ツムギ」の企画デザインを行い、新しい世代に向け県内外のイベントにて保多織のもつやわらかな風合いの魅力を広く伝える活動を独自に行う。その他、ダンスや演劇など舞台衣装の制作など、ジャンルにとらわれず衣服に関わる「素材」「色」「かたち」の可能性を追求する。

東北スタンダード展

2021年1月15日

touhoku01.jpgのサムネイル画像
東北スタンダード展
2021年2月11日(木祝) - 2月23日(火祝)
11:00〜18:00
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます。
まちのシューレ963  ギャラリー

東北の工芸品やデザイン・アートグッズ、
工芸家・アーティストと共に作り上げたオリジナル製品を販売する、KANEIRI STANDARD STORE。
今回は、KANEIRI STANDARD STOREの商品を中心に、東北スタンダード展を開催いたします。
シューレで常設にてお取り扱いさせていただいている、
南部鉄器や、こぎん刺し、イタヤ細工、食品などもたくさん届きます。
ぜひご覧くださいませ。



横山拓也 陶展

2020年12月31日

横山拓也陶展_dm.jpg横山拓也 陶展
2021.1.29 金-2.8 月
まちのシューレ963 ギャラリー
open 11:00~18:00
※営業時間は状況により変更することがございます。


「なんか、好き」
横山拓也のうつわを愛する人の多くは、あまり理由を語らない。
とにかく好きなのだろう、あの、独特の存在が。
あのうつわが側にある、という幸福感に浸るのだ。
本人は好きな音楽や映画、ドラマ、落語に心を踊らせながら、
いたって飄々と、うつわをつくっている。
自分のうつわで楽しんでほしい、という。
今度は、どんなうつわに出会えるんだろう。


_DAE4957.jpg_DAE4967.jpg

横山 拓也  Yokoyama Takuya
1973 神奈川県生まれ
1998 立教大学社会学部卒業
2000  多治見市陶磁意匠研究所を終了後、同地にて独立

真木テキスタイルスタジオフェア

2020年12月27日

maki01.jpg真木テキスタイルスタジオフェア
2021.1.9 土 -1.20 水
まちのシューレ963 ギャラリー

真木テキスタイルスタジオフェアを開催いたします。
インドのganga工房より、定番の台形腰巻、かけ布、コートやジャケットなどが届きます。
他にも、ベッド周りやひざ掛けとして使えるスロウ、ナーシ糸(絹)の柔らかいコイリングマットなどの、
寒い季節にあたたかさをそえる織物が届きます。
世界に一枚の布を見つけに、ぜひお越しください

maki02.jpgmaki03.jpgmaki04.jpgmaki05.jpgmaki06.jpg

KITO × 磁今 jicon

2020年11月29日

KITO×JICON-DM_ol.jpgKITO × JICON 磁今
2020.12.26 土 - 2021.1.11 月祝
〈月〜木〉11:00〜18:30
〈金〜日・祝〉11:00〜19:00
まちのシューレ963 手仕事コーナーにて

aizawamokuzaikougei1_r.jpg輪花作業_r.jpg石川県輪島市の四十沢木材工芸がつくる
木の盆「KITO(きと)」。
"木といっしょに日常をすごせるように"と
名付けられました。
木がお皿やお盆に使えるような
大きさになるには100年ほど。
その無垢の木の心地よさをそのままに
製作をされています。

imamuraseito4_r.jpgimamuraseito6_r.jpg佐賀県有田町の今村製陶がつくる器
「JICON 磁今」。
漂白されたような白ではなく、
素材のそのままの白さは、どこか懐かしい
骨董の磁器の肌合いにも通じる
優しい白い器です。

今回、新しい年を迎える時期にあわせて
「KITO」の輪花や松の形をした
お盆や小皿、豆皿などと、
「JICON 磁今」の定番の白い器や酒器、
新しく生まれた華やかな「色釉の器」が届きます。

お二方のあたたかな手仕事をお楽しみください。

四十沢木材工芸 https://www.aizawa-wood.jp/
今村製陶 https://www.jicon.jp/

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11