新着情報

高松明日香 展 青く光る Bule Shine

2020年5月15日

takamatsuasuka_schule01.jpg高松 明日香 展
青く光る Blue Shine
2020.6.20.SAT_7.5.SUN

日常の風景や映画のなかのワンシーンを、
独自の視点で切り取り、再構成した高松の絵。
まるでデジャブの記憶のようにあやふやで、
とらえどころのない、どこにもない風景を私たちに提示します。
青色の絵画の中の、閉じ込められた光に、目が離せなくなります。
今回はキャンバスの小さい作品を中心に、
紙のドローイングなどが並びます。
すべて展示販売いたします。
ご高覧ください。

profile     
高松 明日香  Asuka Takamatsu
1984年 香川県生まれ
2009年 尾道市立大学大学院美術研究科美術専攻修了
2014年 第7回岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞受賞
2016年 香川県文化芸術新人賞受賞

<主な展覧会>
VOCA2017(2017年・上野の森美術館)、届かない場所
高松明日香展(2017年・三鷹市美術ギャラリー)、
高松明日香展 クラウディア(2019年・香川県文化会館)

takamatsuasuka_schule2.jpgtakamatsuasuka_schule3.jpg


chisaki exhibition

2020年5月11日

chisaki2020_schule.jpg

chisaki exhibition
2020.6.6.sat - 6.14.sun
まちのシューレ963 ギャラリー

作る人、売る人、買う人、
未来にとって心地よいものづくりをし、
人とものが繋がる時、
会話や笑顔が生まれるようなものを。
「chisaki」は、永く愛着を持ってその人に寄り添い、
暮らしの中のベーシックになれるような帽子をつくるブランドです。
展示には、夏らしいのラフィアやリネン素材の帽子を中心に、
ツバの広い帽子や、ベレー帽など幅広い種類が届きます。
お楽しみください。


苣木 紀子/ CHISAKI NORIKO
偶然教わった1つのベレー帽作りから、繊細なその世界に惹かれ独学で帽子作りを始める。企業にて帽子デザイナーとして12年従事した後、独立。日本の職人の技術、志の高さ、心遣いなどに共感し、日本製に重きを置き2016SSコレクションより、「chisaki」の名で、ブランドをスタート。日本製をベースに、その時々に出会ったさまざまな国の材料やパーツを使用し製作をしている。
http://www.chisaki.co.jp/

_R6U4661.jpg_R6U4802.jpg_R6U4811.jpg_R6U4862.jpg

隈本コマの木のおもちゃフェア

2020年4月 6日

kumamotokoma_2020.jpg隈本コマの木のおもちゃフェア
2020年5月1日(金) - 5月17日(日)
2020年5月7日(木)〜5/31(日)に変更しました。
11:00~17:00(短縮営業中)
まちのシューレ963 手仕事ブース

隈本コマは福岡県八女市で
創業120年を迎える、 6代続く老舗こま屋です。
昔ながらのこまづくりの技術をもとに、子どもが体を動かしながら
「遊べて」「学べて」「考える」ことのできる知育玩具を職人がつくっています。

大人も楽しくなれる遊び心のあるコマや、
赤ちゃんが口に入れても安全な 歯固めの「キナキナ」、
木を転がして遊ぶ「コロガルアニマル」などのおもちゃが届きます。
ご出産やお孫さんへのプレゼントにもおすすめです。

伝統を守りながら、 新しいことに取り組まれている 隈本コマ。
木のぬくもりや楽しさを 感じていただけたら思います。

隈本コマフェア_削り2.jpg隈本コマ_絵付け.jpg隈本コマ
https://yamegoma.work/

アイテムのご紹介はこちら
https://www.schule.jp/hibinokoto/2020/04/002058.html

フィンランドの伝統手芸でブレスレットをつくるワークショップ

2020年4月 3日

takkuws_dm.jpg【コロナウイルスの影響を受けて開催を見送ることになりました】

フィンランドの伝統手芸でブレスレットをつくるワークショップ
2020年5月23日(土)
at,まちのシューレ963

①ピルタナウハ織物
ピルタナウハ織物は、小さな木製の道具「ピルタ」をヒザの間に挟んで織っていきます。
なかなか日本ではなじみのない織り方ですが、初めての方でも、チャレンジしやすいです。

日時:5月23日(土)11:00~13:00
定員:9名(先着順)
参加費:4,800円
カラー:グレー×白 または 黒×白(希望の色を予約時にお知らせください)

※ピルタナウハ織はリボン状の仕上がりです。
 ブレスレットに仕上げたい方は +1,600円 必要です。
 (サーミ文化シルバーワイヤー・トナカイツノのボタン)
 ご希望の方はご予約時にお知らせください。

pirta.jpgpyoryla.jpg②サーミブレスレット
北欧のサーミ族の人々に、古くから受け継がれてきた伝統的なブレスレットを作るワークショップです。革にピューター製の糸状ワイヤーを編み込むという、 独創的なブレスレット。北欧では、身に着けていると幸せが訪れるという素敵な言い伝えもあるそうです。

日時:5月23日(土)
①14:00~16:00 ② 16:30~18:30
※①②でつくるデザインが違います。
定員:各回12名(先着順)
参加費:6,800円
革の色: 白/キャメル/ 青/赤/黒(希望の色を予約時にお知らせください)

14:00〜16:00IMG_E6773.jpg16:30〜18:30IMG_E6775.jpg



heidy_profilli.jpg講師:ヘイディ・フースコさん
幼い頃から手芸に興味を持ち、オクスフォード・アムステルダム・京都で、衣類の構成や布を学ぶ。ファッション業界とデザイン業界を経験した後、現在はワークショップを中心に、フィンランドの手芸についての執筆や、アクセサリー・インテリア用品のデザインも手がける。
http://takku.org/



ご予約は店頭または、お電話にて承っております!

キャンセルされる場合は、5/21までのご連絡をお願いいたします。以降はキャンセル料(参加費の半額)が発生いたしますのでご注意ください。

まちのシューレ963
香川県高松市丸亀町13-3高松丸亀町参番街東館2F
営業時間 11:00〜19:30
(カフェ11:30〜18:00、金土日のみ〜22:00)
電話:087-800-7888

さつまもの展

2020年3月26日

dm_omote.jpgさつまもの展
2020.4.17(金) - 6.21(日) 7.26(日)まで延長
※4.20(月)定休日
まちのシューレ963  小ギャラリー

会期スケジュール
1期 4.17(金)-5.27(水)
2期 5.30(土)-6.28(日)
3期 7.1(水)-7.26(日)


「さつまもの」とは、ランドスケーププロダクツの代表・中原慎一郎さんが、故郷の鹿児島で出会った魅力的なプロダクトや食のアイテムなどを紹介するイベントです。薩摩の"よかもん"として日本各地やアメリカ西海岸でも展開しています。2度目の開催となる今回は、会期を3回に分け16の作家やブランドが出展いたします。どうぞお出かけください。

出展者
すべての期間 4.17-7.26
OWL (雑貨)
創作竹芸とみなが (竹工芸)
すすむ屋茶店 (お茶)
サクラカネヨ (醤油)
鮫島工芸社 (郷土玩具)

1期 4.17-5.27
盛永 省治 (木工)
STACK CONTAINERS (紙箱)
AkihiroWoodworks (木工)
MULTIVERSE (洋服)

2期 5.30-6.28
Roam (木工・鉄工)
Araheam (植物)
CHIN JUKAN POTTERY (陶器)

3期 7.1-7.26
RHYTHMOS (革)
reimi (鏡)
ONE KILN (磁器)
kanaikougei (染色)

【中原慎一郎プロフィール】
中原慎一郎は,1971年鹿児島県生まれ。鹿児島大学教育学部美術科卒業。ランドスケーププロダクツ・ファウンダー。ランドスケーププロダクツは、1997年、中原を中心に結成。1940年~60年代のモダンデザインをルーツに新しいものづくりを目指す。家具の製造販売、住宅・オフィス・店舗の空間デザイン、直営店展開、エキシビションやイベントのプロデュース・ディレクション、編集/出版、ブランディングと活動範囲を広げ、新たなランドスケープ(風景)作りに取り組んでいる。鹿児島に関する取り組みは、独自の視点で鹿児島を立体的に編集したイベント「さつまもの」を国内外にて開催。鹿児島県特産品協会のプロジェクト「MIGOTE」、鹿児島県川辺仏壇協同組合のプロジェクト「川辺手練(しゅれん)団」の監修を務める。「イームズ・デザイン展」(東京都美術館2002)テクニカルチーム「民藝とランドスケーププロダクツの出会い」展(アサヒビール大山崎山荘美術館2003)ほか、展覧会・イベントの監修多数。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Recent Entry

Category

Archive