新着情報

若菜晃子トークイベント「山と旅と本と」

2020年2月 4日

旅の断片.jpg若菜晃子 トークイベント
2020年3月17日(火)
まちのシューレ963 店内カフェにて

「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子『mürren』。その編集・発行人である若菜晃子さんの随筆集『旅の断片』の刊行を記念してトークイベントを開催いたします。海外の国々を旅することで得た思索や忘れがたい体験を綴った本書の内容はもちろん、シューレでも長らくお取り扱いさせていただいているmürrenのことまで、直接お話しをうかがえる貴重な機会です。みなさまのご予約をお待ちしております。

日 時:3月17日(火)18:00〜19:30(17:30会場)
会 場:まちのシューレ963 カフェにて
定 員:40名(お電話で先着順の受付となります。)
参加費:1,500円(税込) お飲み物付き
お問い合せ・お申込先:まちのシューレ963
 TEL 087-800-7888(11:00〜19:30)

 

IMG_1323WAKANA.jpg若菜晃子(わかなあきこ)
編集者。山と溪谷社にて『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、 旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『徒歩旅行』(暮 しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(ともに新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑 誌社)、『街と山のあいだ』(アノニマ・スタジオ)他。小冊子『murren』編集・発行人


堅田貴治 ceramic exhibition

2020年1月31日

堅田貴治展.jpg堅田貴治 ceramic exhibition
2020年3月20日(金祝)~2020年3月30日(月) 
※期間中無休
11:00~19:30
まちのシューレ963 ギャラリー

高知県在住の陶工・堅田貴治。
型で抜いたようにみえるうつわだが、実は一つ一つろくろで成形されている。 北欧のビンテージのようなフォルムと、深い釉薬の色。 ここぞというところに行き着いたように見えても、 本人の内側はいつも暗中模索。
ゴブレットやマグカップ、カップ&ソーサー、キャニスター、プレートなど、 今回はどんなものが現れるのだろう。

○本展は「raregem exhibiton」と同時開催となります。

raregem exhibition

2020年1月31日

rarejem_exhibition.jpgraregem exhibition
 2020年3月20日(金祝)~2020年3月30日(月)
※期間中無休
11:00~19:30
まちのシューレ963 ギャラリー

店舗や住宅の内装・施工から家具、金具、バッグに至るまで幅広く手掛けるraregem(レアジェム)。
自分たちが本当に欲しい、を体現したジェンダーレスで実用的な道具を作られています。今回は、帆布や革でつくられた、丈夫で使い勝手の良いバッグや財布、ポーチなど、オリジナルアイテムとともに、風合いの良さが感じられるよう、長く使い込んだ見本を添えて展示します。
これからの新しい生活をともに過ごす道具として、またギフトとしてもおすすめです。 ぜひご覧ください。


レモンフェア

2020年1月30日

2020レモンフェア.jpgレモンフェア
2020年2月21日(金)〜2月25日(火)
11:00〜19:30
まちのシューレ963 食品ブース

レモンが旬のこの時期、食品ブースにてレモンフェアを開催します。レモンをつかった調味料やお菓子などが色々な作り手さんより届きます。

◯2月21日(金)は、高知のmongo mongo(モンゴモンゴ)さんより、レモンを使ったパンやお菓子が届きます。

◯2月22日(土)は、三豊のレモン農家のロロロッサさんによる、人気のカトルカールやコーディアルシロップの試食・試飲販売がございます。(16時ごろまで)

◯2月23日(日)は、旅ベーグルさんのレモンを使ったベーグルが届きます。11時より販売、無くなり次第終了です。

フェア期間中販売
・七穀ベーカリー
・おかし工房Botan
・larme(ラルム)
・とびしま柑橘工房
・みしまや など

またカフェ963では、レモンを使ったお飲み物やスイーツもお出しします。

どうぞお楽しみにお越しくださいませ。

ツムギ5日間の春の受注会

2020年1月29日

ツムギ.jpgツムギ 5日間の春の受注会
2020年3月4日(水) - 3月8日(日)
11:00~19:30
まちのシューレ963  大ギャラリー

香川の伝統的な織物「保多織」をつかい、
生地の心地よさを生かしながら
暮らしになじむ洋服をつくるブランド、「ツムギ」

2020年春のお洋服の受注会を行います。
春にぴったりの軽い羽織やパンツ、
縞や格子柄の保多織生地をつかったシャツ、
男性の方にも着ていただけるユニセックスのお洋服も並びます。
 
期間中はこれまでのアーカイブの商品と
「ツムギ」とまちのシューレ963が一緒につくった
オリジナルの洋服も合わせて販売いたします。
ぜひ、お越しくださいませ。


ツムギ 平川めぐみ
香川県生まれ。服飾専門学校卒業後、大阪・東京でアパレルデザイナーを務め帰郷。香川の伝統織物「保多織」を使ったブランド「ツムギ」の企画デザインを行い、新しい世代に向け県内外のイベントにて保多織のもつやわらかな風合いの魅力を広く伝える活動を独自に行う。その他、ダンスや演劇など舞台衣装の制作など、ジャンルにとらわれず衣服に関わる「素材」「色」「かたち」の可能性を追求する。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Recent Entry

Category

Archive