新着情報

高松明日香展「漂うイメージ The Flowing of the Graphic Images」

2022年3月 8日

AsukaT-S01.jpgのサムネイル画像香川県在住の画家・高松明日香の絵画の展示販売会を行います。
映像作品や映画のワンシーンを、独自の視点でトリミングし、世界を再構成する高松の絵。
時の流れを止められないように、目の前を流れゆく景色や私たちの目線はとどまらない。
それを再確認させる彼女の絵画は、見るわたしたちに、他にはない「何か」を感じさせ、「気になる」存在となっているのでしょう。

会期中に作家本人の在廊や、トークイベントも予定しております。
また、まちのシューレ963公式YouTubeチャンネルに、インタビュー映像を公開しておりますので、あわせてお楽しみください。
みなさまのお越しをお待ちしております。

_DSC8731-asuka_takamatsu-mid.jpgprofile     
高松 明日香  Asuka Takamatsu
1984年 香川県生まれ。2009年 尾道市立大学大学院美術研究科美術専攻修了。2014年 第7回岡山県新進美術家育成「I氏賞」大賞受賞。
2016年 香川県文化芸術新人賞受賞
<主な展覧会>
「VOCA2017」(2017年・上野の森美術館)、「届かない場所 高松明日香展」(2017年・三鷹市美術ギャラリー)、「高松明日香展 クラウディア」(2019年・香川県文化会館)

                                               

高松明日香展 トークイベント
「絵って、なんだろう」
_DSC8766-asuka_takamatsu-small.jpg_DSC8713-asuka_takamatsu-small.jpg画家・高松明日香をよく知る、広島市現代美術館学芸員の角奈緒子氏をゲストスピーカーに迎え、トークイベントを
開催いたします。
画家が何を思い、制作を続けているのか?
絵画をもっと愉しむための、ざっくばらんな会です。
ぜひご参加ください。

日時:4月16日(土)16:00〜18:00
料金:1,000円(飲み物おやつ付き) ※大学生以下は500円
定員:20名 
場所:まちのシューレ963店内
お申し込み方法:店頭・お電話・メールにて受付開始

【お申し込み先】
電話:087-800-7888(11:00〜18:00)
メール:order@schule.jp(題名を「高松明日香展トークイベント申し込み」としてください)
お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。


高松明日香展「漂うイメージ  The Flowing of the Graphic Images」
会期: 2022年4月2日(土)〜2022年4月17日(日)
時間:11:00〜18:00  
場所:まちのシューレ963  ギャラリー 
※状況によって営業時間は変更することがございます


fog linen work + miiThaaii exhibition

2022年2月13日

fog2022_dm_.jpgfog linen work + miiThaaii exhibition
2022.3.19 sat  - 3.29 tue
11:00-18:00
※22日(火)は定休日です。

「fog linen work」は普段使いをテーマにシンプルなデザインのキッチンリネンやストール、洋服など日々の暮らしに寄り添うアイテムを製作しています。3年ぶりの展示には、「fog linen work」の春夏の衣類を中心に、リトアニアで丁寧につくられたオリジナルのキッチンクロス、バスマット、タオルなどの生活雑貨が届きます。毎日使ってザブザブ洗ってお日さまの光で乾かして。洗うたびに良い風合いになるリネン製品です。
また今回は『上質な心地良さに身を包む』をテーマに、シルクコットンを使った「miiThaaii(ミーターイー)」のお洋服を合わせてご紹介します。
そのほか、miiThaaiiコレクションからインドで日常的に愛用されているマドラスチェックのルンギ(腰布)を使ったバッグや古くから伝わる刺し子刺繍布「カンタキルト」をつかったクッションやラグ、バッグなども並びます。ぜひお楽しみにお越しくださいませ。

ととのえる展

2022年2月13日

ととのえる2022dm_ol01.jpgととのえる展
2022.3.3 thu - 3.13 sun
11:00 -18:00
まちのシューレ963  ギャラリー

日々暮らしの中で、心も体も疲れている方へ。
温かくほっとできるお茶や、リラックスできるルームフレグランス、
着心地の良いインナーなど、
心と体を「ととのえる」アイテムを集めました。
贈りものにも最適なおすすめのモノもあります。
ぜひみなさまお越しください。

出展ブランド
くらしきぬ・くらすこと・サウスアベニュー ・フレグランスyes・
真木テキスタイルスタジオ・Yohaku・RELIEFWEAR

AIR ROOM PRODUCTS + NIZYU KANO 展

2022年1月18日

NIZYU_AIR_DM2022dm.jpgAIR ROOM PRODUCTS + NIZYU KANO 展
2022.2.19 sat - 2.28 mon
定休日 2.21 mon
11:00 - 18:30
まちのシューレ963  ギャラリー

シンプルなデザインと上質な素材で、着心地の良いシャツをつくる「AIR ROOM PRODUCTS」。
国産素材をメインに、使いやすくシンプルで飽きのこないバッグなどを制作する「NIZYU KANO」(にじゅうかのう)。
ふたつのブランドの展示会を開催します。
「AIR ROOM PRODUCTS」は定番の白いシャツを中心に、普段お取り扱いのないデザインや、レディースはもちろんメンズサイズも並びます。「NIZYU KANO」からは人気のシワナイロンリュックをはじめ、帆布素材やナイロン素材のサコッシュなど幅広いバッグが揃います。
どちらも毎日気兼ねなく使えて、持つ人の生活に馴染んでいくアイテムです。
お気に入りを見つけにぜひいらしてください。
_DAE8653_r.jpg_DAE8572_r.jpg_DAE8649_r.jpg_DAE8625_r.jpg

ツムギ5日間の春の受注会2022

2022年1月15日

_DAE8521_r.jpgツムギ5日間の春の受注会2022
2022年2月9日(水) - 2月13日(日)
11:00~18:30
まちのシューレ963  ギャラリー

 香川の伝統的な織物「保多織」をつかい、生地の心地よさを生かしながら暮らしになじむ洋服をつくるブランド、「ツムギ」。

今年は、一年を通して「讃岐三白」をテーマに お洋服をつくります。

「讃岐三白」とは、江戸時代から続く産品「塩」 「砂糖(和三盆)」「木綿」のこと。 瀬戸内沿岸の自然や風土を生かし、人々の努力と工夫で現代 まで受け継がれてきた大切な香川の財産です。

春の受注会では「讃岐三白」の「塩」をつかって、 海をイメージした淡いブルーの生地をご用意します。 生地の上に塩を置き、その部分が反応してブルーに染まった 雰囲気のある風合いに仕上りました。

また、藍染したスラブ糸を使った新しい生地の洋服や、 春らしい軽やかな羽織りやパンツ、シャツなども並びます。 メンズサイズもございます。

ぜひお越しください。

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11