日々のこと

AJI PROJECT 2016 まもなくです

2016年7月26日

7月30日(土)より、まちのシューレ小ギャラリーにて「AJI PROJECT 2016」がはじまります。

「AJI PROJECT」は、香川県高松市の八栗五剣山(ヤクリゴケンザン)で産出される「庵治石」(アジイシ)と、そこに住まう石工(イシク)たちの技術で、暮らしによりそうプロダクトをつくりだしています。

今回は鍋敷きやブローチなどの、新しいシリーズ18種類が一堂に並びます。また2012年より、これまで発表してきたシリーズも展示販売いたします。

会期中は、庵治石の産地をめぐる「サイクリングイベント」を開催いたします。
シューレから、ことでん(私鉄)のサイクルトレインにのって、庵治・牟礼をめぐります。
石工さんの工房で製作風景を見たり、おはなし聞いたりして、昼食を食べて眺めのいい公園にも行きましょう。
こちらは8/5(金)までご予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
自転車は香川県さぬき市「Tyrell(タイレル)」さんのかっこいいミニベロをご用意いたします。
サイクリングツアー初心者方も大歓迎です。
当日はタイレルさんがツアーリングしてくれますので、安心してご参加下さい。
▽詳しくはこちらをご覧ください。
http://schule.jp/news/2016/07/001121.html

ajiproject2016_37.jpgFLOAT フロート
税込2,160円

ajiproject2016_6_R.jpgHOIS ホイス
S 税込 5,400円
M 税込 6,480円
L 税込 7,560円



AJI PROJECT 2016
2016.7/30(土)〜8/16(火)
at.まちのシューレ963
 小ギャラリー
11:00-19:30
※会期中無休

石工さんの在廊
7月30日(土)、8月6日(土)13:00〜15:00
「Tyrell」展示会
8月6日(土)、7日(日)11:00〜19:00
シューレ前テラスにて


まちのシューレ963
高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2階
営業時間
物販:11:00〜19:30
カフェ:11:30〜18:00(金土日のみ〜22:00)
◯夏季、夜カフェ営業拡大いたします。詳しくはこちら
電話:087-800-7888

松野屋あらもの展 トタン豆バケツ 再入荷

2016年7月12日

店内ギャラリーでは「松野屋あらもの展」を開催中です。

◯トタン豆バケツ
大 204×H134mm 税込 1,620円
小180×H100mm 税込 1,296円
matsunoya_baketsu.jpg本展がはじまって人気を集めている、トタン豆バケツが再入荷いたしました。
大阪の町工場でつくられており、すべての工程が職人の手作業で行われています。
ひしゃくの容器の部分に取手をつけたそうです。
丸みがあってかわいらしいですね。


matunoya_pinchi.jpg
matunoa_aramono.jpg
他にも掃除や洗濯シーンに活躍してくれる「あらもの」がたくさん届いています。

松野屋 あらもの展
2016.7/2(土)〜7/18(月祝)
at.まちのシューレ963
11:00-19:30
※会期中無休

松野屋あらもの展 大阪の牛革がま口

2016年7月11日

松野屋あらもの展

◯牛革親子がま口
てのひらにすっぽり入る大きさで、中は仕切り付き。 税込 2,808円
松野屋あらもの展がま口.jpg
(緑)牛革ミニがま口 税込1,512円
「牛革親子がま口」よりひとまわり小さく、中に仕切りはありません。
小銭しか入らないので無駄遣いをしなくてすみますし、寺社めぐりの際にはお賽銭を取り出すのにとても便利。

(青)印鑑ケース 判子入れ朱肉付き 税込 1,620円
(赤・ベージュ)印鑑ケース シャチハタ入れ 税込 1,404円

松野屋あらもの展がま口2.jpg
30年ほど前から大阪でつくられている、日本製の牛革がま口です。
ビビットでどこかなつかしい色あいが素敵です。
こちらは数が少なくなってきましたのでお早めにどうぞ。

松野屋あらもの展 かご

2016年7月11日

機能美に溢れ、使い勝手もいい日本のかご。
松野屋さんでは北から南、日本全国そしてアジアを訪ねて、日用品のかごを探し歩かれています。
「松野屋あらもの展」の会場にもたくさんのかごが届いております。

松野屋あらもの展かご1.jpg
職人はご高齢の方がほとんど。収穫したりんごを入れるためのかごや、商人が配達用につかっていた御用かごなど、昔は仕事の道具として使われてきたかごも、今見るととても新鮮。新しい使い方でインテリアとして楽しめます。
職人仕事として伝承されてきたかごを少しでも守りたいと、松野さんは、作り手を訪ね、そしてその魅力を伝え続けています。

松野屋あらもの展かご2.jpgりんごかご。
荒めの編みと湾曲した長い持ち手がかわいらしいかごです。そのまま置いているだけで素敵ですし、野菜の保管や瓶類の収納などにも良いです。

松野屋あらもの展かご3.jpg御用かご。
真竹のしっかりした作りです。中身が見えないのでキッチン周りの収納やタオル入れにも良いサイズ。
自転車のかごにも良いとのこと。


アジアのかごもたくさんございます。
これからの季節にぴったりの涼しい雰囲気です。

松野屋あらもの展かご4.jpg松野屋あらもの展かご7.jpg
松野屋あらもの展かご5.jpg松野屋あらもの展かご6.jpg
松野屋あらもの展かご7.jpg
松野屋 あらもの展
2016.7/2(土)〜7/18(月祝)
at.まちのシューレ963
11:00-19:30
※会期中無休

松野屋あらもの展 開催中です

2016年7月10日

店内ギャラリーでは、「松野屋あらもの展」を開催中です。
会場に届いている商品を少しずつご紹介させていただきます。


◯作業バッグ
松野屋さんのオリジナル帆布鞄シリーズ「スレッドライン」 です。外ポケットがついたタフなヘビーキャンバスツールトートは、旅行用バッグやタウンユースに、キャンプ用品の収納にも適しています。純綿100%の経年変化も楽しむことができる自然素材は、使い込み、洗い込むほどに風合いがまして自分だけのオリジナルに育ってくれます。

matsunoyatote.jpg写真左:ヘビーキャンバス ショルダーツールトートL 税込18,360円 (370×170×H360mm)
写真右:ヘビーキャンパスツールトートS 税込12,960円 (350×150×H250mm)

雑誌やファイルなどがすっぽり入ります。ペットボトルなどのボトル類がはいるポケットが表に2つと、ペンやパスケースなどをいれるのにちょうど良い内ポケットがついていて収納便利です。口元を留める「挟みナスカン」がついています。
matsunoyatote2.jpgmatsunoyatote3.jpgmatsunoyatote4.jpgmatsunoyatote8.jpg※写真のカーキは完売となりました。





上から2段目:ヘビーキャンバス トートM 税込7,452円 (420×150×H320mm)
matsunoyatote5.jpg
内ポケットはなく、挟みナスカンがついています。
すっきりとしたデザインで、タウンユースにぴったりのトートバッグです。
matsunoyatote9.jpg


こちらは、「プレイン」シリーズ。
綿糸の中でも特に繊維の長い最高品質コーマ糸を撚って、高密度に織り上げた最高級帆布を使用したバッグです。

matsunoyabag6.jpg
・フィールド ニュー ショルダーM 税込18,360円(370×270×110mm)
A4サイズが入るショルダーバッグ。牛革の肩掛けベルトは長さが調節できます。本体の前側と後ろ側にポケットが付き、内側にも細かくし切られたミニポケットがあります。防水加工済みです。

・フィールド ニュー ショルダーS 税込16,200円(300×220×90mm)
B5サイズが入る小さめのショルダーバッグ。男女を問わず使いやすい大きさです。作りはMサイズと同様で防水加工済みです。

matsunoyabag7.jpg側面
matsunoyabag1.jpg


◯トタンの米びつ
東京の隅田川沿いにある小さな町工場で職人夫婦がこつこつと作り続けているトタンの米びつです。
トタンとは薄い鉄板に錆止めの亜鉛メッキを掛けたもの。それを大きな機械で裁断し手作業で曲げ昔ながらの炭火の焼き鏝と半田で接合します。

米びつトタン.jpg防虫、防湿にすぐれていて丈夫で長持ちします。
ネームホルダーが付いていて様々な物の収納にも役立ちます。
※2kgにはネームホルダーがついておりません。
トタン米びつ3.jpg

米びつトタン2.jpg
2kg(W14×D20×H12cm) 税込 2,376円
7kg(W21×D27×H17.5cm)税込 3,996円


松野屋あらもの展は7/18(月祝)まで開催しております。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11