日々のこと

使いゆくごとに

2017年9月 5日

香川県東かがわ市で作陶されている上野さんは、自らの手でつくった穴窯で、南蛮手といわれる焼締めのうつわを中心に焼かれています。
大量の薪をくべて焼成される焼締めには、火と土がつくりだした色彩がうかび、静かな強さを感じます。
焼締と聞くと、難しいようにも思いますが、上野さんの器を使うと、とても使いやすい日常のうつわだということがわかります。
料理は何を入れても映えますし、使いゆくほどにゆっくりと器の表情も変わります。

uenotsuyoshitouten090501.JPG
uenotsuyoshitouten090502.JPG
写真上が今回並んでいるもの、写真下がスタッフが3年程使用したものです。
つやが出て、なめらかになった表情が分かると思います。


kohiki_uenotsuyoshi1.JPGまた、焼締以外に、粉引の器もございます。
焼締とは違ったやわらかい優しい表情の中に薪で焼かれた力強さを感じます。
ぜひ合わせてご覧ください。