日々のこと

a. 新作入荷

2011年5月26日

a. 新作が入荷しました。

ドットやストライプのワンピース、麻のストールなど
夏らしいアイテムがたくさん入荷しています。

先日 a. のお洋服を素敵に着こなした梅原和香さんがまちのシューレに来店されました。

a_0527.jpg
とても素敵だったので、写真を撮らせていただきました。
洗ったワンピースのくったり感や少し立てた襟が大人の着こなしですね。

素敵な和香さんが載っている 大人のおしゃれ3 も販売しております。



そして、明日5/27(金)〜6/5(日) 
堀井和子さんの Crocodile & Stationery 展 仕事机の上の仲間たち ワニと文房具始まります。

DSC03222.JPG

とても可愛いワニと文房具達が待っています。
ご来店お待ちしております。


第二回 シューレのお茶会 フォトレポート

2011年5月21日

20110521_000.jpgお茶文化を身近に、楽しく学ぶシューレのお茶会。

第二弾は「異国の器でお茶を楽しむ茶会」と題し、外国の器を茶器に見立てたお茶会を開催しました。席主は「茶楽」のメンバーである中條晴之さん。

20110521_004.jpgフランス、トルコ、モロッコなどの外国を旅して得られた様々な器を、お茶碗・水差し・なつめ・香炉などの茶器に見立てて使いました。

20110521_002.jpgお客様は、まずご自分の好きな器を選び、椅子式の「天遊卓」へ。ほどなく出てくるお菓子は、パティスリー ミクニの県内産の野菜などを用いた「マカロン」です。その姿のかわいらしさや、お茶席に洋菓子が出される珍しさに、お客様からは大変好評をいただきました。

20110521_003.jpg外国の器が持つ鮮やかな色使いやユーモラスな図柄は見ているだけでも楽しい気分になりますが、茶器として実際に使ってみることで、器の持つ個性をじっくり味わうことができました。

20110521_001.jpgそして、それら器の来歴や買ってきた国のことなどを、熱心に語ってくださる中條さん。参加してくださったお客様との会話も弾んでいました。

20110521_005.jpg参加してくださった皆様からは、「すごく楽しい」「外国のものがお茶の器になるとは思わなかった」などの感想をいただきました。皆さんも身近な器を茶器に見立てて、お茶を気軽に楽しんでみてください。

また、ご好評につき、6月中旬にも同様のお茶会を開催する予定です。
詳細はホームページ、並びに店頭にてお知らせいたします。

シューレの時間vol.6 島を巡るワークショップ 男木島編 フォトレポート

2011年5月14日


大人の学びの場・シューレの時間では、「島を巡るワークショップ」と題し、瀬戸内の島々に生きるヒト・モノ・コトを取り上げていきます。

第一回目となる5月11日は、男木島。「ONBA FACTORY」として活動をされている大島よしふみさん・ちいさん夫妻をお招きし、お話し会を開催しました。

DSCN0591_s.jpg
DSCN0589_s.jpg大島さん夫妻は、昨年開催された瀬戸内芸術祭を機に、香川で活動をされている5人の作家とONBA FACTORYを結成。芸術祭の前から男木島に入り、古い民家を改装するところから活動を始められました。そこで坂の多い男木島で使われてきた「オンバ」(押し車)をカスタマイズし、島のおばちゃんたちに使ってもらうというアートプロジェクトを展開されました。

そのオンバと持ち主の写真をスライドでご紹介いただきながら、また実際のオンバも持ち込んで、楽しいお話をしてくださいました。


DSCN0608_s.jpg初めは探り探りだった、島の人々との交流も、何回か通ううち顔を覚えてもらい、仲良くなっていったそうです。

男木島のおばちゃんたちは、明るくてとってもオープン。
「なにがでっきょんな?」「どこいっきょんな?」という讃岐ならではの挨拶を交わし、広くて1メートルという男木島特有の狭い路ですれちがううち、島の人々にとけ込んでいったお二人。自分たちでは食べきれないほどの野菜を毎日もらい、持ち込んだ食料を使わなくても生活できるほどだったそうです。

DSCN0610_s.jpg最後に、島から見える美しい夕景の写真をスライドでご紹介くださり、「男木島は竜宮城。島にとりつかれた人は"男木によばれた人"」という印象的なお話しをしてくださいました。

DSCN0580_s.jpgぜひ皆様も、男木島を訪れてみてください。


TEMBEA 入荷

2011年5月12日


TEMBEAより、夏らしい帆布のかばんが届きました。

jpg
バゲットトート  NAVY/GREY/YELLOW/9,240円
ストライプポーチ  BLUE/BLACK/YELLOW/4,725円

TEMBEAとは、『放浪』を意味するかばんブランドです。

パラフィン加工を施しており、防水性と強度をさらに高めたキャンバス地を使用しています。最初はとても硬い素材ですが、使い込むほどに柔らかくなり、使う人の体に馴染みます。

『自分の暮らしと共に成長する』そんな愛着のあるかばんに育ててあげてください。


20110512002.jpgのサムネール画像ストライプ バゲットトート  BLUE/YELLOW/10,290円

A4サイズもスッポリ入り、マチもあるのでたくさん荷物を入れていただけます。そして、かばんの中に手を入れると、ちょうど底に着くようなサイズ。とても使いやすいです。

是非一度手に取ってご覧になってください。

民芸日和 『太宰府 木うそ』

2011年5月12日


「うそ」という鳥をご存知でしょうか。スズメ科の鳥で太宰府天満宮のお祭りの際に害虫を駆除したことから天神様とご縁がある鳥といわれています。今回は、福岡県太宰府市の『太宰府木うそ』をご紹介致します。

DSCN0543.JPG
『太宰府 木うそ』 
   6cm:600円 9cm:1200円 12cm:2500円

うそは、幸福を招く神鳥とされています。毎年、うそ替え神事という行事があり、 新しいうそ鳥に替えることで、これまでの悪い事がうそになり一年の吉兆を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきました。また、鷽(うそ)という漢字が學(がく)に似ていることから、学問の神様である天神様と繋がりが深いともいわれています。

太宰府の木うそは、頭のカール部分が特徴で、一点一点彫り上げられた細かい作業に見惚れてしまいます。また、この鋭い目つきがたまらなく印象的。イカツクもあり、またそこが可愛らしくもあります。この目に嘘を見抜かれてしまっているかもしれません。


裏うそ話:木うそは、このように届きます。

DSCN0548.小jpg 木製なので湿気から守る為にビニールがつけられているのですが、シャンプーキャップをかぶったようで、とても可愛らしい様子をしています。
‹ 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12