日々のこと

大橋歩 a.(エードット)展 期間限定メニュー

2012年2月10日

ギャラリーでは、明日2/11(金)より
大橋歩 a.(エードット)展がはじまります。

これに合わせてカフェ963では
大橋歩さんの著書「アルネのかんたん料理」
紹介されている「美味しいもの」を
a.展 期間限定メニューとしてご提供いたします。


ichigo.jpg
【2/11(土)〜15(水) 14:00〜限定】
あんこ味のいちごアイスクリーム
珈琲または紅茶付き 税込 800円



材料はすべて、香川県産のものを使用。
スカイファームさんのいちごと山清さんのあんこの上に
caju×果樹さんのフレッシュ牛乳のアイスクリームをのせた
かんたんだけれど、おいしくて贅沢なおやつです。



スカイファーム
高松市飯田町にあるいちご農園。
おいしいいちごと、いちご加工品をつくられています。
まるごといちごのコンポート、いちごドレッシングは
シューレの食コーナーでも人気の商品です。

山清
香川県綾川町にあり、
素材にこだわったあんこを80年もの間作り続けておられます。
つぶあん、こしあんは食コーナーでも販売しています。

●caju×果樹
香川県寒川町にあり、
香川県産の新鮮な牛乳と香川県産の果物を使って
おいしいジェラートをつくられています。



DANSKOが届きました

2012年2月 4日

DANSKOより新商品が届きました。


20120204001.jpg
以前より多くお問い合わせをいただいていたPROFESSIONAL。
オイルドレザーのブラウン、ブラック。(各21,000円税込)

シンプルでトラディショナルなデザインのクロッグ。アッパーには上質なレザーを使用しています。
アウトソールのポリウレタンソールが衝撃を吸収し、弾力性にも優れているため快適な歩行をサポートします。

20120204002.jpg
20120204003.jpg

またINGRIDオイルドレザーも、サイズ・色が揃いました。(各21,000円税込)

20120204004.jpg

ぜひ店頭で試してみてください。ご来店お待ちしております。

祥見知生さん著書のご紹介

2012年2月 1日

祥見企画『TABERU』展。その祥見知生さんの著書が、ギャラリーの書籍コーナーに入荷しています。

器、この、名もなきもの』

415oFitMifL._SL500_AA300_.jpg写真と文 祥見知生
デザイン 近藤正哉
2009年12月12日発売
里文出版

このとき、という考えが好きだ。
このときしか出会いないものを本気で慈しむ。人生の最後に住む場所を終の棲家と表現する。同じように人生を振り返るとき、この器とともにあったと感じられる、そういう器と暮らしたい。
「このときの器」とは、究極にはそんな付き合いのできる、己が生きるために、食べること支えるよき相棒なのではないかと思う。

本書より



『日々の器』

hhibino21111.jpg写真と文 祥見知生
デザイン 坂川栄治
2008年11月発売
河出書房新社

手のひらのなかで少しずつ時間を経て、やがてかけがえのない存在となる器たち。
器との出会いが、こころを満たし、やがて人を励ますこともある。
ささやかな時間を積み重ね、日々は過ぎていく。
器を愛することは何気ない日々の暮らしを愛すること。

本書より



「TABERU」出展作家のご紹介

2012年1月24日

今回の「TABERU」展でご紹介いただく作家です。
今を活躍されているそれぞれの作り手たち。
新しい器との出会いが、今からとても楽しみです。




石田 誠  (愛媛)

薪窯焼成による南蛮焼締や、スリップウエア、地元愛媛の磁器土を使った紅毛手(デルフト)など、奇をてらわず素材の土に素直な器を作る。
人間味にあふれる飄々とした独特の味わいある作が多い。


ブログ石田.jpg



尾形アツシ (奈良)

土の持ち味に逆らわず、原土に近く鉄分の多い土のよさを引き出す。
粉引き、刷毛目、灰釉の器。土味のある平皿やめし碗など、基本の器に人気がある。
編集者として活躍した後の転身。奈良の山あいに住み、日常に使われる器を作り続けている。


ブログogata.jpg




小野哲平  (高知)

常滑を経て高知の棚田の美しい山あいにて、薪窯焼成の器を中心に、
使う人を励ます力強く頼りがいのある日々の器を作る。
インドやアジアの国々への旅を原点に、素朴さ、あたたかさ、
純朴な豊かさを心に蓄え作る器にはごまかしのないおおらかな眼差しが感じられる。


ブログono.jpg



小山乃文彦  (愛知)

土の気配が残る粉引きにこだわり作陶する。
やさしい乳白色の粉引きに定評がある。

oyama.jpg




田谷 直子  (神奈川)

暮らしのなかに溶け込む、用の美を求めた器。
灰釉、るり釉など、懐かしい和の色を表現する。
めし碗、小皿、急須などに定評がある。


ブログtaya.jpg




鶴見 宗次 (愛知)


伊賀地方の土を使い、手びねりで印象的な器を作る。
ごつごつとした質感は独特の手触りがあり、
使ってみて、そのよさをあらためて実感できる。

ブログtsurumi.jpg




村上 躍  (神奈川)

丹念に手びねりで作られる器の多くは用の美にかない、簡素な美しさにあふれる。なかでもポットは使い心地、かたちの美しさが際立ち、茶をいただく道具として最上の器と評される。
丁寧な手から丹念に生まれる器は1つとして同じ表情がない。


ブログmurakami.jpg




村木 雄児 (静岡)

原土にこだわり、深い味わいのある器を作る。
時を重ねていくことで、存在感を増していく。
たくらみのない、大らかで魅力ある器。


ブログmuraki.jpg




横山拓也  (岐阜) 

黒土に何度も白化粧を施した印象的な器を作り注目される。
独特のかたちと存在感のある碗や台皿など、静けさを内包した佇まいの器を制作。
近年はざっくりとした印象の黒の器も発表し、表現の幅を広げている。

ブログyokoyama.jpg




吉岡萬理  (奈良)

粉引き、鉄彩、刷毛目、そして自由奔放な色絵まで。
潔く美しいかたちとともに、オリジナティに富む表現で器を作る。
器、花器や、油彩絵画など。鮮やかな色彩の色絵には弾む楽しさがある。
近年は、新たに、長石釉の仕事に取り組む。


ブログyoshioka.jpg




吉田 直嗣  (静岡)

白磁作家・黒田泰蔵氏に師事。
独立後は鉄釉の黒の器を作り、緊張感の漂う美しいかたち、
深い色合いで独自の世界を作り出した。繊細さと大胆さが魅力の器の作り手である。


ブログyoshida.jpg




巳亦 敬一  (札幌)

北海道で最も古い歴史を持つ硝子工房を主宰する。
懐かしさを覚える深い色合い。
オリジナリティのあるデザイン。
季節を問わず土の器とも相性がよい「和の硝子」として人気がある。


ブログmimata .jpg
写真/祥見知生

シューレの茶会「年初めの茶会」フォトレポート

2012年1月22日

ブログ1.jpg今月のシューレの茶会は、新年最初の「年初めの茶会」。
席主は武者小路千家 小池妙公先生とその社中の方々。
外はしっとり小雨が降っていましたが、初釜ということでお着物のお客様も多く、とても華やかな茶会でした。


ブログ3.jpgお軸は「龍高く飛ぶ」という勢いのあるお軸。
そして飾りは綰柳(結び柳)と、椿の西王母。
綰柳は旅立つ者が無事に還ってくるよう、祈りを込めたことが起源。
現在では年始めに、無事に一年が過ごせるようにとの願いを込めて、
初釜で挿けられるようになったとされています。


ブログ2.jpgお茶菓子は「雪松」。
松の木に雪が降り積もる様子を表現したやさしいお菓子。


いつもは広いギャラリーを使いますが、今回は、小さいギャラリーを小間に見立てて、狭い空間で濃厚な時間が流れていました。
今回も初心者の方が多く、「いかがでしたか?」とお聞きすると「緊張しました。。」とのお返事。
でも、次回も参加のご予約をいただきました。

老若男女、さまざまな職業の方も来られます。
来月の茶会は、2月17日。席主は茶楽です。
ひと時の茶の湯の語らい、ぜひご参加ください。




‹ 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14