日々のこと

鹿児島へ

2012年6月 3日

sakurajima.jpg
この夏は「鹿児島」へ。

プロダクトからインテリアまで、シンプルかつモダンなデザインで定評のあるランドスケーププロダクツ。
同社代表の中原さんが、故郷である鹿児島で出会った魅力的なモノを集めて紹介するイベント「さつまもの」が、まちのシューレ963にやってきます。

鹿児島の古き良きものから、若手作家のプロダクトまで。
陶磁器、家具、木工作品、竹工芸品など、毎日の生活に取り入れたくなる「さつまもの」が一同に揃います。
黒砂糖や醤油など、鹿児島の食材も届きますよ。


このイベントを前に、来週6/5より、スタッフが鹿児島へ行ってまいります。
各工房訪問時の様子や出展商品など、こちらのブログにてご報告を予定しておりますので、どうぞお楽しみに。


「さつまもの」
2012年7月6日(金)〜7月29日(日)
@まちのシューレ963ギャラリー
(イベント詳細は近日公開いたします)


■ランドスケーププロダクツ ホームページ
http://www.landscape-products.net/


6月前半のシューレのランチ、はじまりました。

2012年6月 1日

雨の少ない讃岐にも、梅雨はやってきます。
しとしと降る雨を見ていると、なんとなく心が静かになることもあります。
やがてくる夏を前に、心も身体もおだやかにリセットする、そんな時季かもしれません。

シューレでは、雨の日も気持ちは晴れてほしい、そんな思いを込めたランチをご用意致しました。
どうぞごゆっくり、お過ごしください。


<6月前半のランチ>
大根としらすのご飯
鰆のつみれ揚げ カレー風味
つるむらさきの(四万十)海苔佃煮和え
茄子と蓮根のオイスターソース炒め
空芯菜と新じゃがいもの味噌汁
枇杷のゼリー




◎カフェの営業時間は11:30〜18:00となっております。
店舗の営業は11:00からとなりますので、
カフェ入口のウェイティングボードにお名前を書いていただき、
店内でお買い物を楽しみながらお待ちいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ateliers PENELOPE展 商品紹介

2012年5月19日

ateliers PENELOPE展も、残り2日となりました。
日々たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございます。

使い込んだカバンを持ってご来店される方も多く、その人なりの風合いが感じられます。
また、ご来店されたみなさま、それぞれに合うお気に入りを見つけられています。


たくさん届いた商品の中から、少しご紹介したいと思います。

20120518001.jpgライントート S   税込7,875円
ライントート L   税込11,550円

今回の展示会に合わせて作っていただいた新作です。
キレイなラインがパッと目を惹く、ペネロープらしい色味のトートバックです。たっぷりとしたサイズ感と長めな持ち手は使い勝手も抜群です。

まだこの展示会でしかご覧いただけない最新作の商品となっています。



20120518004.jpgプレイン S 税込2,625円

小ぶりなマチ無しタイプなのでちょっとした近所へのお出掛け等に便利です。こちらは中目黒のアトリエ限定商品です。

他にも、普段はご覧いただけない商品がたくさん届いております。
是非お楽しみに、お越しください。




5月後半のシューレのランチ、はじまりました。

2012年5月17日

5月後半。
シューレのランチも新しいメニューに変わっています。
メインは、空豆とシャキシャキ蓮根が入った自家製海老カツ。
もちろん、揚げたてをお召し上がりいただきます。
ぜひお越しくださいませ。

<5月後半のランチ>
枝豆のごはん
空豆と蓮根の海老カツ
セロリとかいわれ大根の和えもの
南瓜とプチトマトの焼き浸し
法蓮草となめこの味噌汁
アメリカンチェリーのゼリー




◎今月より、カフェの営業時間が11:30〜18:00に変更となりました。
店舗の営業はこれまで通り11:00からとなりますので、
カフェ入口のウェイティングボードにお名前を書いていただき、
店内でお買い物を楽しみながらお待ちいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ateliers PENELOPE展レポート

2012年5月15日

本日はあいにくのお天気ですが、
ギャラリーでは色鮮やかなカバン達で溢れています。

20120515002.jpg初日、2日目と週末は県内外からたくさんのお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。


ateliers PENELOPE展2日目、
デザイナーの唐澤明日香さんと、くるみの木のオーナー石村由起子さんによるお話会が行われました。

20120215001.jpg
お二人の出会いから始まり、唐澤さんが帆布のカバンを作られるようになったキッカケや、もの作りに対する思い‥
何かを生み出すことの大変さや喜び、楽しさを感じられるお話会となりました。

帆布という素材に、自然の緑や果実などの色からインスピレーションを得て、唐澤さんご自身が絵の具を使い色味を調合しています。


20120515003.jpgまた、はじめて作られた帆布のカバンは筒型で持ち手の小さなシリンダーバック。いまも変わらずペネロープの人気商品だそうです。


ateliers PENELOPE展は20日(日)までの開催です。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11