日々のこと

M E X I C O b y M e x i c o はじまりました

2019年3月 8日

mexicobymexico01.jpg店内ギャラリーでは、「M E X I C O  b y  M e x i c o」がはじまりました。
16世紀のスペイン統治時代以来、今もなお62もの先住民族(インディヘナ)が存在するメキシコ。
そのインディヘナが受け継いできた技を使った、さまざまな手仕事を展示販売しております。


mexicobymexico02.jpgmexicobymexico03.jpgこちらはラピスラズリ、珊瑚、ターコイズ、シルバーなどの素材をビーズ状にして編み合わせたアクセサリーです。上の写真のピンの部分は真鍮を使用。糸の部分はシルクを天然染料染めしたものです。黄色はマリーゴルドの色。このほかにも天然石を加工せずにそのままの美しい形をのこしてつくられた、シルバーアクセサリー(リングやネックレス)や、羊の革をつかったレザーのバングルが届いております。
どれも可愛いので、ぜひ実際につけてお試しください。

椰子の葉からできた、かごやセンスが涼しい雰囲気です。

mexicobymexico04.jpgmexicobymexico10.jpg柔らかく、軽くて丈夫です。
蓋つきの籠は、大きさ違いでたくさんございます。お部屋の収納におすすめです。

mexicobymexico05.jpg帽子もヤシの葉でつくられたもの。こちらは籠と編み方がちがっていて、固めのしっかりとした作りになっています。サイズはフリーで、男性にも女性にもかぶっていただけます。

素材がナイロンのかごバッグ。軽くて雨の日も使っていただけます。洗うこともできます。mexicobymexico13.jpg

織りや刺繍のアイテムもたくさんございます。

こちらは、メキシコでは、髪を結ぶ時にいっしょに編んでお守りのようにつけているそうです。腰機織りという昔から伝わる織り機でひとつひとつ織られています。

mexicobymexico08.jpgmexicobymexico12.jpg刺繍は太陽や葉、動物など自然のモチーフ が中心。自然に生かされている、という考えからだそうです。
こちらはオトミ族がつくるオトミ刺繍とよばれるもの。伝統的なモチーフも、単色や落ち着いた色合わせですので、インテリアに取り入れやすいです。テーブルマットや額装して飾っても素敵です。

mexicobymexico11.jpgmexicobymexico06.jpg腰機織りで作られた布のベルト。
mexicobymexico09.jpg腰機織りで織られたハンモックバッグ。
色が豊富に揃っています。
mexicobymexico15.jpg
mexicobymexico14.jpgウールの織物をおもにつくっているチャムラという村で、はぎれを使ってつくられた人形です。おもにこどものおもちゃとしてつくられているそうです。

mexicobymexico07.jpgこのほかにもまだまだ素敵なアイテムがたくさんございますので、ぜひ店頭でご覧ください。M E X I C O  by  M e x i c o は 3/19までの開催です。

M E X I C O  by  M e x i c o
2019.3.8 fri - 3.19 tue
※ 3.18 mon 定休日
11:00 - 19:30 まちのシューレ963 ギャラリー