日々のこと

「堅田貴治 exhibition」「raregem exhibition」同時開催中です

2020年3月27日

3/20(金)より、大ギャラリーでは2つの企画展を開催しております。

1つ目は、高知県在住の陶工 堅田貴治さんの展示「堅田貴治 ceramic exhibition」です。
‟陶工"、は「陶芸家というよりは職人としてありたい」という堅田さんの思いから、そうお呼びすることになりました。堅田さんは芸術系の大学を卒業後、京都で陶芸の修行をされ、故郷の高知で独立し工房を立ち上げられました。

katada_takaharu_schule8.JPG

堅田さんのうつわは、ニュートラルでシンプルなものばかり。カップやプレート、ボウルやキャニスターなど、和洋を問わない日常使いの道具としてうつわを作られています。

katada_takaharu_schule6.JPGその形はキリッとして、適度な重さに堅牢な雰囲気。型で抜いたように均一な仕上がりですが、実は一つ一つろくろで成形しています。手に取ると、そのあまりに正確なラインにびっくりします。今回の展示には新色のグレーの釉薬が登場しています。直径18cmのケーキ皿も新しくつくってくださいました。ペアで贈り物としても人気のうつわです。ぜひお手にとっていただければと思います。

katada_takaharu_schule1.JPGkatada_takaharu_schule7.JPGkatada_takaharu_schule5.JPGkatada_takaharu_schule4.JPGkatada_takaharu_schule2.JPG

もうひとつは、店舗や住宅の内装・施工から家具、金具、バッグに至るまで幅広く手掛ける raregem(レアジェム)のバッグを集めた展示「 raregem exhibition 」です。

rarejem_schule_1.JPG

rarejem_schule_2.JPG

rarejem_schule_6.JPGrarejem_schule_4.JPGrarejem_schule_5.JPG主に帆布やリネンをつかってつくられており、1点1点ステッチやファスナーなど細かいこだわりが詰まっています。バッグとしてだけでなく、アウトドアの道具入れや、インテリア収納、中にはお花たくさん入れてを飾りたいという方もいらっしゃいました。

また、柔らかく滑らかな質感の牛革を使用したバッグや、L字ジップの財布なども届いています。
写真のLADY ROBBERは、年齢や性別を問わず軽やかにお持ちいただけるシンプルな佇まいです。荷物の量にかかわらずすっきりとした見た目を保ちます。

rarejem_schule_7.JPGrarejem_schule_8.JPG「 堅田貴治 exhibition 」「 raregem exhibition 」は3/30(月)までの開催です。ぜひお立ち寄りください。